Latest Posts

NSX 分散IDS/IPS でできる 新しい脅威への対策

posted

ネットワークセキュリティをビルトインでシンプルに使う 多くの企業が更なるビジネス上のメリットやスピードを促進するため、大量のアプリケーションを運用し、企業システムは一元管理されたデータセンターから分散化され、ネットワークとセキュリティが複雑化しています。これらに対応するため、VMware ではアプリケーション指向のソフトウェア定義型セキュリティをインフラに内在させる新たなアプローチを進めており、その最新セキュリティソリューションの1つである VMware NSX Data Center 分散IDS/IPS を解説したいと思います。 Read more...

SSL3.0 を 簡単にシャットアウト! NSX 分散ファイアウォール の L7 機能

posted

データセンター内の通信に意外と多い HTTPS 「 NSX-T Data Center NSX 分散ファイアウォールとは 」もしくは、「マイクロセグメンテーション」とは、という記事もご紹介していきたいなと考えていますが、今回は 分散ファイアウォールを レイヤー7ファイアウォールとして利用する際の使い所をご紹介したいと思います。 NSX 分散ファイアウォールはざっくり言うと、 「 ハイパーバイザー で VM の vNIC 単位でインラインのステートフルファイアウォールが実行できる」機能です。通称、マイクロセグメンテーション(マイセグ)です。 NSX 分散ファイアウォールはハイパーバイザーとうまく連携することで、vCenter Server 全体で 全VM に対してフルカバレッジでステートフルファイアウォールを強制させることが得意です。   今ではデータセンター ネットワーク トライフィックの8−9割が、VM to VM や API to API といった East-West (E-W) の通信といわれています。こうした E-W 通信 も API連携 など、HTTPSによる 暗号化された通信が主流ですし、多くの製品の Webアクセスが今や HTTPS なのではないでしょうか。   SSL3.0 まだ使ってますか? こうした HTTPS ですが、暗号アルゴリズムは何をご利用でしょうか。インフラ内での Read more...

なぜ VMware SD-WAN by VeloCloud はクラウド時代の企業 WAN に最適なソリューションであるのか

posted

VMware SD-WAN by VeloCloud は Microsoft Azure Virtual WAN と Microsoft 365 のネットワーク認証パートナーです   近年、様々なソフトウェアサービスがクラウドで提供されるようになり、それらサービスの企業活動における業務利用も一般化しつつあります。(VMware のクラウドソリューションはこちら!)特に Microsoft が提供する Microsoft 365 (旧称Office 365) は、Software as a Service (SaaS) を代表するサービスとして多くのユーザーに利用されております。しかしながら現在の企業 WAN ネットワークは、クラウド利用に最適化されておらず、様々な課題が顕在化するようになってきています。 本稿では、このような課題を解決する VMware SD-WAN by VeloCloud (以下 VMware SD-WAN) の特徴、ならびに Microsoft 365 との親和性について紹介していきます。 Read more...

祝満員御礼:Virtual Cloud Network Day Live2020から見えてきた新たなネットワークのトレンド

posted

Virtual Cloud Network Day Live 2020 開催成功を終えての振り返り、 及びそこから見えてきた新たなネットワークのトレンドについて VMware が New Normal 時代における新たなスタイルでイベントを実施 クラウド時代のネットワークをハードウェアではなくソフトウェアにより再定義しようとしているVMware が5月29日に新たなクラウド時代のネットワークに特化したイベントを行いました。その名も“Virtual Cloud Network Day Live 2020”。本来、東名阪と九州の会場にてライブ開催を行うプランではありましたが、時節柄 Zoom を利用したオンラインでの開催となり、運営側も様々なトライ・アンド・エラーを経ながらの準備だったため一部不手際もありご迷惑をおかけしましたが、お陰様で1,000名を超える多数のお客様にご来場(?)いただき大盛況のうちにイベントを終了させていただくことができました。ご視聴頂いた皆さま、ありがとうございました。 本イベントでは Zoom 開催ならではの醍醐味として、2つの新しい試みを試させていただきました。ひとつはセッション中にスピーカーからの1方向なご紹介だけではなく、視聴者さまが気になった点をチャット越しにライブで QA 受付させていただくというもの、もう一つはスピーカーがセッション中に簡単なアンケートを実施して皆さまのコンディションを教えていただくこと、という試みです。当初、どのくらいの QA が来るものだろうか?と運営側一同不安を持ってみていたのですが、結果として多数のご質問(総ご質問数108!)をいただき、回答準備でスタンバイしていた SE陣は大わらわ、またアンケートにも多くの視聴者から回答いただけ興味深いフィードバックとなりましたので、せっかくなのでここにそのサマリと、昨今のネットワーク事情についての考察をここでご紹介できればと思います。 Read more...

第 2 回 かゆいところに手が届く、vSphere 7/vSAN 7最新情報!【HPE】

posted

みなさんこんにちは! 日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)の橘孝祐(たちばなこうすけ)です。 前回は速報として VMware vSphere 7.0の HPE サーバーの対応状況や Custom ISO の公開、新機能一覧などをご紹介しました。今回は vSphere 構成を組むうえでのハードウェア要件として意外な注意ポイントである「ブートデバイス」についてご紹介いたします。 Read more...

遊休資産、個人所有 PC をフル活用!〜テレワークを支えるデバイス選択の可能性〜

posted

みなさま、こんにちは。VMware の森です。   先日開催されました、オンラインイベント「Digital Workspace Day – LIVE ~事業継続対策として有効なテレワークを実現するには?」のセッション紹介記事をお送りします。私が担当させていただきました、「事業継続を支えるデバイス選択の可能性〜戦略的 BYOD、既存資産の有効活用術〜」の概要をご紹介します。 Read more...

第 3 回 かゆいところに手が届く、vSphere 7/vSAN 7最新情報!【HPE】

posted

みなさんこんにちは! 日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)の橘孝祐(たちばなこうすけ)です。 前回は vSphere 構成を組むうえでのハードウェア要件として意外な注意ポイントである「ブートデバイス」についてご紹介しました。 今回は vSAN 7.0 の HPE サーバー対応状況と認定構成である vSAN ReadyNode 構成の紹介、そしてファームウェアやドライバのチェック方法についてご紹介いたします。 Read more...

VMware Education Partner Award 2019

posted

みなさまこんにちは。 VMware Educationチームです。 例年2月に開催しておりました『VMware Education Partner Day』ですが、2020年は 企画段階で世の中が在宅勤務にシフトし、一堂に会することが難しい状況となりました。 Read more...