Latest Posts

Media Optimization for Microsoft Teams のご紹介

posted

こんにちは、VMwareの内林です。 2020年8月にHorizon 7の後継となるHorizon 8 (*)がリリースされました。 (*) 正式名称は、”VMware Horizon”となります。しかしながら、本ブログではHorizon 7の後継製品であることを明確にするためHorizon 8という名称を使用しております。 たくさんの新しい機能が発表されていますが、もっとも注目されている機能の一つがMedia Optimization for Microsoft Teams(以下、Teams最適化パック)ではないかと考えております。 昨今のテレワークの需要増加により、ビデオ会議が一般的になっており、ビデオ会議ツールにMicrosoft 社が提供しているMicrosoft Teamsを採用するケースも多くなっていると感じております。今回ご紹介する Teams最適化パック は、VDI上でMicrosoft Teamsを効率的に動作するための追加機能となります。 また、Horizon Cloud on Microsoft Azureでもバージョン3.1のリリースノートに、Teams最適化パックのサポートが追加記載されましたので、併せて機能の概要と導入方法をご紹介させていただきます。  Read more...

VMware SD-WAN by VeloCloud でクラウド上に仮想拠点を建てる話

posted

みなさま、こんにちは。 今回は VMware SD-WAN by VeloCloud (以下 VMware SD-WAN) により、クラウド(本稿では特に IaaS環境)と企業データセンターやブランチオフィスを接続するお話をご紹介したいと思います。雲の上の話ですが、手順は非常に簡単です。 コンテンツ: 企業データセンター・ブランチからクラウドまでの企業 WAN を統合 仮想版ソフトウェアエッジをクラウドに展開する   企業データセンター・ブランチからクラウドまでの企業 WAN を統合 VMware SD-WAN では、企業のブランチオフィス、本社、オンプレミスデータセンター間を SD-WAN オーバーレイで接続するのみならず、IaaS 環境に SD-WAN エッジを配備することで、企業の一拠点と同様に SD-WAN オーバーレイを構築することが可能です。(図1)このオーバーレイを通すことで、ベストエフォート型のブロードバンド回線上でも、通信品質を向上させつつセキュアな通信を実現できます。(詳細はこちらの記事も御覧ください。) 図1 VMware SD-WAN で構成する IaaS 環境までを含めた企業 WAN 構成 VMware SD-WAN は企業ネットワークへ複数の構成オプションにより IaaS 環境への入り口を提供できます。図2 中段のオプションのように、IaaS 環境へのゲートウェイのような位置づけで VMware SD-WAN 仮想エッジを展開頂くだけで、クラウド上の IaaS 環境は仮想的な1ブランチ拠点のように扱うことができ、容易に SD-WAN オーバーレイに参加させることが可能です。(他のオプションについては今後別記事で改めてご紹介していければと思います。) 図2 VMware SD-WAN Read more...

ハイブリッド時代の NSX Advanced Load Balancer の活用

posted

「あなたのサイトは、きちんと100%稼働していますか?」 Webサイトは、様々な個人や企業が情報発信のために作成されております。2020年7月時点には、約12億サイトが公開されているようです。(参考: https://news.netcraft.com/archives/2020/07/27/july-2020-web-server-survey.html ) この記事を読まれている方の中にもサイトを運用されている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか? そんな、みなさんに1つ質問です。「あなたのサイトは、きちんと100%稼働していますか?」 定常時に安定してサイトが表示されているのは、普通なことかもしれません。 しかし、テレビや他のサイト、SNS で紹介された際の急激なトラフィック需要が発生している際も問題ありませんでしょうか? はたまた、Web サイトへの攻撃やインフラ側に障害が発生していても問題なく表示されてますか? ここまであげると 100% 稼働していると言い切れないことが大半だと思いますので、それをどのように解決できるか、この記事でご紹介したいと思います。 Read more...

ネットワールド的検証結果報告 Part-2 (VxRail Intel® Optane ™ SSD のパフォーマンスはどの位出るのか!?)

posted

皆様こんにちは! 株式会社ネットワールドの Dell EMC 製品担当です。 前回に続いて、連載5回目は「VxRail  Intel® Optane ™ SSD をキャッシュドライブで利用するとどれくらい性能が出るのか?」の検証結果の続きに関してご報告したいと思います!!   <アジェンダ> 検証環境 パフォーマンス検証結果① -> 前回の Blog で実施済み!! [ハードウェア構成] モデル:Hybrid キャッシュ:SSD ネットワーク:10GbE、ノーマルフレーム    パフォーマンス検証結果② -> 前回の Blog で実施済み!! [ハードウェア構成] モデル:All Flash キャッシュ:Intel Optane ネットワーク:10GbE    パフォーマンス検証結果③ -> 今回はここから!! [ハードウェア構成] モデル:All Flash キャッシュ:Intel Optane ネットワーク:25GbE     なお、VxRail はVMware  vSphere にストレージ機能 VMware vSAN 機能を標準搭載した VMware 社とデル・テクノロジーズ社が共同開発した Read more...

ネットワールド的検証結果報告 Part-1 (VxRail Intel® Optane ™ SSD のパフォーマンスはどの位出るのか!?)

posted

皆様こんにちは! 株式会社ネットワールドの Dell EMC 製品担当です。     前回の予告通り、連載 4 回目は VxRail 上の「Intel® Optane ™ SSD DC P4800 シリーズをキャッシュドライブで利用するとどれくらい性能が出たのか?」の検証結果についてご報告したいと思います!! なお、VxRail は vSphere にストレージ機能 vSAN 機能を標準搭載した VMware 社とデル・テクノロジーズ社が共同開発したハイパーコンバージド インフラストラクチャ (HCI) になります。VxRail の基本的な事や運用管理面に関して疑問をお持ちの方はぜひ、以前のブログをご参照下さい。   今回の検証内容としては以下を予定しています。   <アジェンダ>   検証環境   パフォーマンス検証結果① [ハードウェア構成] モデル:Hybrid キャッシュ:SSD ネットワーク:10GbE      パフォーマンス検証結果② [ハードウェア構成] モデル:All Flash キャッシュ:Intel Optane ネットワーク:10GbE      パフォーマンス検証結果③ [ハードウェア構成] Read more...

VMware TAM LAB のご紹介 (STS 証明書について)

posted

こんにちは VMware TAM の松田です。 VMware TAM (Technical Account Manager) サービスでは、VMware 製品を利用いただいている多くのお客様の運用支援させていただいています。 VMware TAM サービスを利用しているお客様だけでなく、実際に VMware 製品を利用して運用されている多くのお客様にとって、有益な情報を発信する場としてブログを始めることになりました。 まず初回としては、VMware TAM LAB のご紹介です。 Read more...

NSX 分散IDS/IPS でできる 新しい脅威への対策

posted

ネットワークセキュリティをビルトインでシンプルに使う 多くの企業が更なるビジネス上のメリットやスピードを促進するため、大量のアプリケーションを運用し、企業システムは一元管理されたデータセンターから分散化され、ネットワークとセキュリティが複雑化しています。これらに対応するため、VMware ではアプリケーション指向のソフトウェア定義型セキュリティをインフラに内在させる新たなアプローチを進めており、その最新セキュリティソリューションの1つである VMware NSX Data Center 分散IDS/IPS を解説したいと思います。 Read more...

SSL3.0 を 簡単にシャットアウト! NSX 分散ファイアウォール の L7 機能

posted

データセンター内の通信に意外と多い HTTPS 「 NSX-T Data Center NSX 分散ファイアウォールとは 」もしくは、「マイクロセグメンテーション」とは、という記事もご紹介していきたいなと考えていますが、今回は 分散ファイアウォールを レイヤー7ファイアウォールとして利用する際の使い所をご紹介したいと思います。 NSX 分散ファイアウォールはざっくり言うと、 「 ハイパーバイザー で VM の vNIC 単位でインラインのステートフルファイアウォールが実行できる」機能です。通称、マイクロセグメンテーション(マイセグ)です。 NSX 分散ファイアウォールはハイパーバイザーとうまく連携することで、vCenter Server 全体で 全VM に対してフルカバレッジでステートフルファイアウォールを強制させることが得意です。   今ではデータセンター ネットワーク トライフィックの8−9割が、VM to VM や API to API といった East-West (E-W) の通信といわれています。こうした E-W 通信 も API連携 など、HTTPSによる 暗号化された通信が主流ですし、多くの製品の Webアクセスが今や HTTPS なのではないでしょうか。   SSL3.0 まだ使ってますか? こうした HTTPS ですが、暗号アルゴリズムは何をご利用でしょうか。インフラ内での Read more...

なぜ VMware SD-WAN by VeloCloud はクラウド時代の企業 WAN に最適なソリューションであるのか

posted

VMware SD-WAN by VeloCloud は Microsoft Azure Virtual WAN と Microsoft 365 のネットワーク認証パートナーです   近年、様々なソフトウェアサービスがクラウドで提供されるようになり、それらサービスの企業活動における業務利用も一般化しつつあります。(VMware のクラウドソリューションはこちら!)特に Microsoft が提供する Microsoft 365 (旧称Office 365) は、Software as a Service (SaaS) を代表するサービスとして多くのユーザーに利用されております。しかしながら現在の企業 WAN ネットワークは、クラウド利用に最適化されておらず、様々な課題が顕在化するようになってきています。 本稿では、このような課題を解決する VMware SD-WAN by VeloCloud (以下 VMware SD-WAN) の特徴、ならびに Microsoft 365 との親和性について紹介していきます。 Read more...