Latest Posts

baseline

Windows 10モダンマネジメントガイド 第7回 ベースラインの構成

posted

はじめに この連載では、VMware Workspace ONEを用いてクラウドからWindows 10を管理する「最新の管理(モダンマネジメント)」の体験をご紹介します。 前回の作業では順守ポリシーを構成しました。また順守プロファイルを作成し、無効化されたファイアウォールの復旧アクションを自動化しました。   概要 今回の作業ではVMware Workspace ONE UEMコンソールでベースラインを構成し、カスタマイズでレジストリエディター起動禁止を追加します。ベースラインをWindows 10へ配信し、ベースラインが適用されていることを確認します。 Read more...
グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明

Windows 10モダンマネジメントガイド 第6回 順守ポリシーの構成

posted

はじめに この連載では、VMware Workspace ONEを用いてクラウドからWindows 10を管理する「最新の管理(モダンマネジメント)」の体験をご紹介します。 前回の作業ではWindows 10をVMware Workspace ONE UEMに加入しました。またBitLocker、Windows Defender、Windows Update、制限などの様々な構成をWindows 10へ配信しました。 今回の作業では順守ポリシーを構成し、エンドユーザーへの通知などを自動化します。また無効化されたファイアウォールの復旧アクションを自動化する順守プロファイルを作成、適用します。 Read more...

Azure VMware Solution の Azure 東日本リージョン提供開始!

posted

まず大事なご報告です。2020年12月1日より、AVS を Azure 東日本リージョンでもご利用いただけるようになりました!2020年5月のプレビュー発表以降、”いつから日本で使えるのか?”というお問い合わせを数多くいただいてきましたが、大変お待たせいたしました。これから本 Blog の場をお借りして、AVS に関する様々な情報をお届けできれば幸いです。 Read more...
グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション 自動的に生成された説明

Windows 10モダンマネジメントガイド 第5回 Windows 10の加入とプロファイル配信

posted

はじめに この連載では、VMware Workspace ONEを用いてクラウドからWindows 10を管理する「最新の管理(モダンマネジメント)」の体験をご紹介します。 前回の作業ではVMware Workspace ONE UEMの特徴のひとつである階層構造を用いた管理を構成しました。 今回の作業ではVMware Workspace ONE Intelligent Hubを用いてWindows 10をWorkspace ONE UEMに加入します。次にWindows デスクトップ プロファイルを追加し、BitLocker、Windows Defender、Windows Update、制限などの様々な構成をWindows 10へ配信します。 Read more...

触りながら学ぶ vSphere with Tanzu 第2回: vSphere Pod

posted

はじめまして。VMware の伊藤です。Tanzu 製品のプラットフォームアーキテクトとして働いており、開発と運用双方の経験があります。今回は「触りながら学ぶ  vSphere with Tanzu」シリーズの第二回として vSphere Pod を操作しながら機能説明します。 Read more...
hierarchy

Windows 10モダンマネジメントガイド 第4回 階層構造を用いた管理の構成

posted

はじめに この連載では、VMware Workspace ONEを用いてクラウドからWindows 10を管理する「最新の管理(モダンマネジメント)」の体験をご紹介します。 前回の作業ではActive DirectoryユーザーをVMware Workspace ONE UEMおよびVMware Workspace ONE Accessへユーザーとして追加しました。 今回の作業ではWorkspace ONE UEMの特徴のひとつである階層構造を用いた管理を構成します。サブ組織グループを追加し、サブ組織グループに管理者アカウントを作成します。次にActive Directoryのドメインユーザーを一括してWorkspace ONE UEMへディレクトリユーザーとして追加します。最後に、加入ユーザーの所属ユーザーグループに基づいて、加入デバイスが適切な組織グループに配置されるよう構成します。 Read more...

[TAM Blog] vRealize Operations Manager(vROps)を活用しよう 〜メトリックの時系列データ確認編〜

posted

​はじめまして、VMware TAM の依田です。このシリーズではオンプレミスからクラウド基盤の管理に大活躍のvRealize Operations Manager (以降vROps)活用方法をご紹介していきたいと思います。 ​vROpsの大きな特徴として、監視対象のオブジェクト( 例:ESXiホスト、仮想マシン等)から収集したデータを長期間(デフォルト6ヶ月)保持し、これらのデータを使い環境のパフォーマンス分析やキャパシティ分析を可能にします。今回は、vRopsが収集している各メトリックの時系列データを確認する方法についてvROps 8.2を使いながらご説明していきます。 Read more...
directory user

Windows 10モダンマネジメントガイド 第3回 Active DirectoryユーザーをWorkspace ONE UEM/Accessへ連携

posted

はじめに この連載では、VMware Workspace ONEを用いてクラウドからWindows 10を管理する「最新の管理(モダンマネジメント)」の体験をご紹介します。 前回の作業ではActive Directoryとの連携を行い、ユーザーやグループの連携設定を行いました。 今回の作業ではオンプレミスActive DirectoryのドメインユーザーをVMware Workspace ONE UEMのディレクトリユーザーとして追加します。またActive Directoryの組織ユニット(OU)を、Workspace ONE UEMのユーザーグループとして追加します。最後にWorkspace ONE UEMのディレクトリユーザーやユーザーグループを、VMware Workspace ONE Accessに連携します。 Read more...

触りながら学ぶ vSphere with Tanzu 第1回: Tanzu Kubernetes Cluster

posted

はじめまして。VMware の伊藤です。Tanzu 製品のプラットフォームアーキテクトとして働いており、開発と運用双方の経験があります。今回から VMware Tanzu の主要製品の1つである vSphere with Tanzu を実際に利用しながら学ぶという内容で4,5回のシリーズ記事を投稿したいと思います。初回は主要機能である Tanzu Kubernetes Cluster(TKC)で Kubernetes(K8s)のワークロードを動かしたり、TKC のライフサイクル管理(作成/更新/削除)の手順を紹介します。 Read more...
airwatch cloud connector

Windows 10モダンマネジメントガイド 第2回 オンプレミスActive Directoryとの連携

posted

はじめに この連載では、VMware Workspace ONEを用いてクラウドからWindows 10を管理、ゼロトラスト セキュリティを実現する「最新の管理(モダンマネジメント)」の体験をご紹介します。 前回の作業ではWorkspace ONEの要件を確認し、フリートライアル版の申込みを行いました。 今回の作業ではウィザードを用いてオンプレミスActive Directoryとの連携を行います。Active DirectoryからVMware Workspace ONE UEMへ、更にVMware Workspace ONE Accessへディレクトリユーザーやグループを連携します。 Read more...