VMware NSX-T Data Center 3.0対応のTrend Micro Deep Security 20.0およびインテグレーションガイドのリリース

posted

トレンドマイクロ VMware テクニカルアライアンス担当 野村です。 今年の7月末に、VMware NSX-T® Data Center(以降 NSX-T Data Center)3.0環境でのDSVAの展開が可能となるDeep Security 20.0(以降DS 20.0)がリリースされ、すでに導入をご検討頂いているお客様も多くいらっしゃいます。   本記事ではDS 20.0のアップデートと最新版のインテグレーションガイドについてご紹介します。 Read more...

マイクロセグメンテーションの必要性、より頑丈なマイクロセグメンテーションの作り方

posted

NSX-T Data Center NSX 分散ファイアウォールとは、「 ハイパーバイザー で VM の vNIC 単位でインラインのステートフルファイアウォールが実行できる」NSX-T の基本機能です。 通称、マイクロセグメンテーション(マイセグ)と呼ばれており、過去5年以上 NSX の鉄板活用例となっていました。今更ブログ?というイメージかもしれませんが、改めて基本から紹介したいと思います。 全3パートに分けて、NSX 分散ファイアウォールをいろいろな側面からご紹介していきますが、初回である前回は「そもそもNSX 分散ファイアウォールとは?」という基礎のお話を2つのパートに分けて紹介させていただきました。詳細は、こちらの記事 をご参考ください。 3回目にあたる今回は、分散ファイアウォールについて 昨今のサイバーセキュリティ動向と照らし合わせ、その有効性や活用術を紹介したいと思います。 ここからはマイセグのことを DFW (Distributed Firewall/分散ファイアウォール) と表現したいと思います。   Read more...

vRealize Network Insight – ユースケース 1

posted

仮想化が進むと、今までの物理の世界で見えていた世界と変わり、物理に紐付かない見えない世界が広がるため、運用やトラブルシューティングのために可視化がますます望まれています。 VMware が考える Virtual Cloud Network のビジョンのなかで vSphere や NSX Data Center で構成されるネットワークに可視化を提供する製品が vRealize Network Insight (vRNI) で、オンプレミスの環境を中心に機能を拡充してきましたが、ニーズに合わせたおおよそ四半期ごとにリリースで、現在はパブリッククラウドやハイブリッドクラウド、また VMware  SD-WAN によるブランチサイトの仮想化も提供しています。 Read more...

Microsoft Azure Virtual WAN が SD-WAN と実現する次世代企業ネットワークとは

posted

VMware SD-WAN by VeloCloud は Microsoft Azure Virtual WAN と Microsoft 365 のネットワーク認証パートナーです   Microsoft Azure Virtual WAN (以下 Virtual WAN)は、Microsoft の IaaS 環境である Azure とユーザー拠点やデータセンター環境を柔軟に接続することができるネットワークハブとなるソリューションです。今回は、この Virtual WAN の導入を加速し、さらに 120% 活用する VMware SD-WAN by VeloCloud (以下 VMware SD-WAN)とのユースケースについてご紹介していきたいと思います。海を渡る構成をご検討のユーザーさまは必見です! コンテンツ: VMware SD-WAN と Azure Virtual WAN の接続で実現!Azure 接続を最適化するネットワークとは Azure Virtual WAN & VMware SD-WAN 連携による高品質な国際拠点間接続の実現   Read more...

NSX-T Data Center NSX 分散ファイアウォールとは – パート2

posted

  NSX-T Data Center NSX 分散ファイアウォールとは – パート1の続きの記事になります。基本からということで、以下の4点について解説していましたが、前半であるパート1では NSX-T Data Center の NSX 分散ファイアウォールとは、「 ハイパーバイザー で 仮想マシン の vNIC 単位でインラインのステートフルファイアウォールが実行できる」NSX-T の基本機能として基本動作や境界型との違いを解説しました。通称、マイクロセグメンテーション(マイセグ)と呼ばれているこのNSX 分散ファイアウォールの設定方法や活用術を、今回のパート2で触れていきたいと思います。 基本動作 ゲートウェイ型ファイアウォール との違い 設定 活用術       そもそも DFWのルールってどう設定するの? DFWのルールの構成は、以下の6つです。 Read more...

NSX-T Data Center NSX 分散ファイアウォールとは – パート1

posted

  NSX-T Data Center の NSX 分散ファイアウォールとは、「 ハイパーバイザー で 仮想マシン の vNIC 単位でインラインのステートフルファイアウォールが実行できる」NSX-T の基本機能です。通称、マイクロセグメンテーション(マイセグ)と呼ばれており、過去5年以上 NSX の鉄板活用例となっていました。今更ブログ?というイメージかもしれませんが、改めて基本から紹介したいと思います。 NSX 分散ファイアウォール 紹介シリーズとして全3つのパートに分けて、NSX 分散ファイアウォールをいろいろな側面からご紹介していきたいと思います。初回の今回は改めて基本からということで、以下の4点について解説していきます。 基本動作 ゲートウェイ型ファイアウォール との違い 設定 活用術 この記事では、パート1ということで、最初の2点について触れたいと思います。     Read more...

Virtual Cloud Network への途:SD-WANのUI考察 其の弐

posted

2025年までには楽になろう… SD-WAN のUI考察:其の弐 前回のBlogでは、VMware SD-WAN by VeloCloud が如何に簡易的なインターフェイスにこだわって SD-WAN のユーザーインターフェイスを作っているかのこだわりをご紹介、なおかつそのメリットを享受して様々なお客様がネットワークサービスの展開スピードの迅速化、もしくはシステムのクラウド化と効率化を進めていますよ、というお話をさせていただきました。 今回はそれを踏まえ、これまでコマンドラインインターフェイス(CLI)を介してネットワークを管理してきたネットワークエンジニアの方にお贈りする、新しいクラウド時代のネットワーク”Virtual Cloud Network”のより効率的な運用に向けて、REST API で VMware SD-WAN by VeloCloud を制御する方法についてをお届けいたします。   Read more...

Virtual Cloud Network への途:SD-WANのUI考察 其の壱

posted

2025年までには楽になろう… SD-WAN の UI 考察:其の壱 個人的な趣味のお話になりますが… 環境対策も含め電気自動車と自動運転が目下の世の趨勢なのは理解しつつもいい歳して空冷のエンジンを積んだ車やバイクをマニュアルシフトで動かすのがやめられません。電子書籍端末の便利さは使ってみてよくわかりましたが個人的には文庫本の紙をめくっている感触や時間が贅沢だと思ってしまいます。ネットワークは自分のお気に入りな  CLI(コマンドラインインターフェイス) を搭載した機器を効率的な自動化運用に乗せて構築・運用するのが楽しくて好きです。(好きでした。) しかし今や時は令和、ビジネスを考えるとそうそう個人的な趣味にばかり走っていられません。2025年の崖と言う問題がまことしやかに囁かれる昨今の我が国、我々インフラエンジニアとしても如何に日々の業務を楽ちんにできるかは環境問題同様に大きな課題です。ということで今回は日本市場においてもだいぶ実導入が進んできた感のある  SD-WAN のユーザーインターフェイス(UI)について考察したいと思います。   Read more...

VMWorld 2020 : Network & Security まとめ

posted

VMWorld 2020 Network と Security の最新情報まとめ Security is front and center at VMworld—and for good reason. さて、今年も VMWorld が開催されました。 今年は COVID19 の影響もあり例年の夏開催から秋開催へと変更になったり、オンラインをメインとしたイベントに変更になったりと New Normal な時代に沿った建付けに変更はなされいますが、イノベーションの加速度は例年どおり変わりません! 本 Post では VMWorld 2020 で発表になった諸々のトピックから、特に Network & Security 部分にフォーカスしつつ、ちょっとだけ 独自解説を織り交ぜながらポイントをまとめてお伝えしてみたいと思います。 Read more...