NSX-T Data Center NSX 分散ファイアウォールとは – パート1

posted

  NSX-T Data Center の NSX 分散ファイアウォールとは、「 ハイパーバイザー で 仮想マシン の vNIC 単位でインラインのステートフルファイアウォールが実行できる」NSX-T の基本機能です。通称、マイクロセグメンテーション(マイセグ)と呼ばれており、過去5年以上 NSX の鉄板活用例となっていました。今更ブログ?というイメージかもしれませんが、改めて基本から紹介したいと思います。 NSX 分散ファイアウォール 紹介シリーズとして全3つのパートに分けて、NSX 分散ファイアウォールをいろいろな側面からご紹介していきたいと思います。初回の今回は改めて基本からということで、以下の4点について解説していきます。 基本動作 ゲートウェイ型ファイアウォール との違い 設定 活用術 この記事では、パート1ということで、最初の2点について触れたいと思います。     Read more...

Virtual Cloud Network への途:SD-WANのUI考察 其の弐

posted

2025年までには楽になろう… SD-WAN のUI考察:其の弐 前回のBlogでは、VMware SD-WAN by VeloCloud が如何に簡易的なインターフェイスにこだわって SD-WAN のユーザーインターフェイスを作っているかのこだわりをご紹介、なおかつそのメリットを享受して様々なお客様がネットワークサービスの展開スピードの迅速化、もしくはシステムのクラウド化と効率化を進めていますよ、というお話をさせていただきました。 今回はそれを踏まえ、これまでコマンドラインインターフェイス(CLI)を介してネットワークを管理してきたネットワークエンジニアの方にお贈りする、新しいクラウド時代のネットワーク”Virtual Cloud Network”のより効率的な運用に向けて、REST API で VMware SD-WAN by VeloCloud を制御する方法についてをお届けいたします。   Read more...

Virtual Cloud Network への途:SD-WANのUI考察 其の壱

posted

2025年までには楽になろう… SD-WAN の UI 考察:其の壱 個人的な趣味のお話になりますが… 環境対策も含め電気自動車と自動運転が目下の世の趨勢なのは理解しつつもいい歳して空冷のエンジンを積んだ車やバイクをマニュアルシフトで動かすのがやめられません。電子書籍端末の便利さは使ってみてよくわかりましたが個人的には文庫本の紙をめくっている感触や時間が贅沢だと思ってしまいます。ネットワークは自分のお気に入りな  CLI(コマンドラインインターフェイス) を搭載した機器を効率的な自動化運用に乗せて構築・運用するのが楽しくて好きです。(好きでした。) しかし今や時は令和、ビジネスを考えるとそうそう個人的な趣味にばかり走っていられません。2025年の崖と言う問題がまことしやかに囁かれる昨今の我が国、我々インフラエンジニアとしても如何に日々の業務を楽ちんにできるかは環境問題同様に大きな課題です。ということで今回は日本市場においてもだいぶ実導入が進んできた感のある  SD-WAN のユーザーインターフェイス(UI)について考察したいと思います。   Read more...

VMWorld 2020 : Network & Security まとめ

posted

VMWorld 2020 Network と Security の最新情報まとめ Security is front and center at VMworld—and for good reason. さて、今年も VMWorld が開催されました。 今年は COVID19 の影響もあり例年の夏開催から秋開催へと変更になったり、オンラインをメインとしたイベントに変更になったりと New Normal な時代に沿った建付けに変更はなされいますが、イノベーションの加速度は例年どおり変わりません! 本 Post では VMWorld 2020 で発表になった諸々のトピックから、特に Network & Security 部分にフォーカスしつつ、ちょっとだけ 独自解説を織り交ぜながらポイントをまとめてお伝えしてみたいと思います。 Read more...

[TAM Blog] Horizon PowerCLI コマンドレット活用方法のご紹介

posted

こんにちは。VMware TAM の山田です。 9 月 30 日から VMworld 2020 が開催されています。日本のお客様向けには昨年まで vForum として開催していたイベントを VMworld 2020 Japan として 11 月 10 日~ 12 日で開催予定です。VMworld 2020 Japan に登録された方には 10月9日(金)  15:00 – 16:00 に開催予定の VMworld 2020 ダイジェストのウェビナーにも参加できますので、ぜひお早めにご登録ください! VMworld 2020 Japan への登録はこちら さて、今回は Horizon PowerCLI モジュールを利用した、スクリプトによる Horizon 7 環境へのアクセス方法をご紹介します。 Read more...

Media Optimization for Microsoft Teams のご紹介

posted

こんにちは、VMwareの内林です。 2020年8月にHorizon 7の後継となるHorizon 8 (*)がリリースされました。 (*) 正式名称は、”VMware Horizon”となります。しかしながら、本ブログではHorizon 7の後継製品であることを明確にするためHorizon 8という名称を使用しております。 たくさんの新しい機能が発表されていますが、もっとも注目されている機能の一つがMedia Optimization for Microsoft Teams(以下、Teams最適化パック)ではないかと考えております。 昨今のテレワークの需要増加により、ビデオ会議が一般的になっており、ビデオ会議ツールにMicrosoft 社が提供しているMicrosoft Teamsを採用するケースも多くなっていると感じております。今回ご紹介する Teams最適化パック は、VDI上でMicrosoft Teamsを効率的に動作するための追加機能となります。 また、Horizon Cloud on Microsoft Azureでもバージョン3.1のリリースノートに、Teams最適化パックのサポートが追加記載されましたので、併せて機能の概要と導入方法をご紹介させていただきます。  Read more...

VMware SD-WAN by VeloCloud でクラウド上に仮想拠点を建てる話

posted

みなさま、こんにちは。 今回は VMware SD-WAN by VeloCloud (以下 VMware SD-WAN) により、クラウド(本稿では特に IaaS環境)と企業データセンターやブランチオフィスを接続するお話をご紹介したいと思います。雲の上の話ですが、手順は非常に簡単です。 コンテンツ: 企業データセンター・ブランチからクラウドまでの企業 WAN を統合 仮想版ソフトウェアエッジをクラウドに展開する   企業データセンター・ブランチからクラウドまでの企業 WAN を統合 VMware SD-WAN では、企業のブランチオフィス、本社、オンプレミスデータセンター間を SD-WAN オーバーレイで接続するのみならず、IaaS 環境に SD-WAN エッジを配備することで、企業の一拠点と同様に SD-WAN オーバーレイを構築することが可能です。(図1)このオーバーレイを通すことで、ベストエフォート型のブロードバンド回線上でも、通信品質を向上させつつセキュアな通信を実現できます。(詳細はこちらの記事も御覧ください。) 図1 VMware SD-WAN で構成する IaaS 環境までを含めた企業 WAN 構成 VMware SD-WAN は企業ネットワークへ複数の構成オプションにより IaaS 環境への入り口を提供できます。図2 中段のオプションのように、IaaS 環境へのゲートウェイのような位置づけで VMware SD-WAN 仮想エッジを展開頂くだけで、クラウド上の IaaS 環境は仮想的な1ブランチ拠点のように扱うことができ、容易に SD-WAN オーバーレイに参加させることが可能です。(他のオプションについては今後別記事で改めてご紹介していければと思います。) 図2 VMware SD-WAN Read more...