解説!Azure VMware Solution のサービスモデルとパッケージ

posted

みなさま、こんにちは! マイクロソフトの前島です。 前回記事では、ついに日本でも提供開始された Azure VMware Solution (AVS) に関して、3つの特長をご紹介しました。 今回は少し視点を変えて、AVS とはどのようなサービスなのかを「共同責任モデル」と「All-in-one サービス」という二つの観点から解説します。 1.共同責任モデル AVS は Microsoft が運用するクラウドサービスであり、お客様の運用負荷をできる限り軽減できるように設計されています。ただし、すべてを「画一化したサービス」にしてしまうと、設計や機能の柔軟性が損なわれるというトレードオフがあります。 そこで AVS(や他の多くの Azure サービス) は、このバランスを保つために「共同責任モデル」を採用しています。 AVS における責任モデルの考え方は下図の通りです。   ■ 物理インフラやハードウェア 図左側の物理インフラやハードウェアは、サービス事業者として Microsoft が責任を負います。 AVS は Azure データセンター内で稼働しており、物理データセンターセキュリティなどは Azure の高度な基準に準拠しています。 ハードウェアも Microsoft の責任範囲であり、この中にはハードウェア障害対応も含まれます。 仮にハードウェアの機能低下または障害が検出されると、Microsoft 側でクラスター内に新しい正常なノードを追加して復旧を行います。その際、 VMware vSphere (vSphere) で提供される各種機能(vSphere メンテナンス モードや vMotion)も最大限活用して、ユーザーへの影響を最小化する形で復旧を試みます。障害対応という観点では、「予備機」をお客様自身に持っていただく N+1 構成は不要です。 ESXi のバージョンアップやパッチ管理も Microsoft の責任範囲です。 VMware から新しいバージョンが提供されると、まずは Read more...

Google Cloud VMware Engine 徹底解説 #1 Google Cloud VMware Engine の特長とGoogle Cloud における位置づけ

posted

Google Cloud Japan でパートナーエンジニアとしてGoogle Cloud VMware Engine を担当している栃沢です。VMware vExpert としてパートナー様、ユーザ様への VMware vSphere をベースとしたインフラ基盤とGoogle Cloud を組み合わせたソリューションのご紹介、ご提案を日々行っています。   今回から何回かに分けて、Google Cloud VMware Engine について様々な角度からご紹介をしていきます。 ユースケースからアーキテクチャなどパブリッククラウドである Google Cloud VMware Engine と VMware vSphere をベースとしたオンプレミス環境のハイブリッドクラウド利用を念頭に置いて解説をしていければと考えております。 #1 Google Cloud VMware Engine の特長と Google Cloud における位置づけ #2 Google Cloud VMware Engine での VMware ソリューションの活用 #3 Google Cloud VMware Engine で提供されるコンポーネントとアーキテクチャ #4 Google Read more...

Azure VMware Solution の Azure 東日本リージョン提供開始!

posted

まず大事なご報告です。2020年12月1日より、AVS を Azure 東日本リージョンでもご利用いただけるようになりました!2020年5月のプレビュー発表以降、”いつから日本で使えるのか?”というお問い合わせを数多くいただいてきましたが、大変お待たせいたしました。これから本 Blog の場をお借りして、AVS に関する様々な情報をお届けできれば幸いです。 Read more...

Multi-Edge SDDC によるネットワークキャパシティの増強

posted

VMware Cloud on AWS を担当しているソリューションアーキテクトの黒岩 宣隆です。 VMware Cloud on AWS では、2020 年 9 月 21 日のアップデート(SDDC version 1.12、リリースノートはこちら)により特定のネットワークトラフィック専用の Edge を利用して通信することで North-South のネットワークキャパシティを増強することが可能となりました。 今回は、この Multi-Edge SDDC の機能について解説します。 Read more...

オンデマンドな災害対策 VMware Cloud Disaster Recovery -パート1-

posted

こんにちは。VMware  の有森です。「 VMware Cloud Disaster Recovery  」が米国西部(オレゴン)、米国東部(バージニア北部)、米国西部(北カリフォルニア)、米国東部(オハイオ)、カナダ(中部)、ヨーロッパ(ロンドン、フランクフルト)、アジアパシフィック(シドニー、シンガポール)でご利用頂けるようになりました。 今回はその VMware Cloud Disaster Recovery の全体構成、アーキテクチャについてご紹介します。     Read more...

VMware Transit Connect – VMware Cloud on AWS のためのシンプルかつ柔軟なネットワーク構成

posted

こんにちは、 VMware の岡田です。先日(2020年9月21日)、 VMware Cloud on AWS の SDDC の新しいバージョン 1.12 がリリースされ、 VMware Transit Connect がご利用いただけるようになりました。(その他のバージョン1.12で追加された機能の一覧については、リリースノートをご覧ください。)  VMware のマネージド サービスとして提供される VMware Transit Connect をご利用いただくことで、VMware Cloud on AWS の Software Defined Data Center(SDDC) と複数の Amazon VPC、オンプレミスとの接続を簡素化し、高速・低遅延での接続を提供します。  そこで、今回はこの VMware Transit Connect についてご紹介します。  Read more...

VMware Cloud on AWS のホスト構成

posted

こんにちは。VMware の吉田です。VMware Cloud on AWS は、SDDC をパブリッククラウドとして提供するサービスです。今回は、そのサービスの要であるホストの仕様や種類、構成について解説します。 Read more...

VMware Cloud Disaster Recovery の発表

posted

こんにちは。VMware の吉田です。先日開催されたイベント「VMworld 2020」にて、新しい災害対策ソリューション「VMware Cloud Disaster Recovery」が発表されました。これがどのようなサービスでこれまでと何が違うのかなど、発表内容を速報としてご紹介します。 Read more...