Recent Posts

vROps 8.0はオンプレミスからクラウドまで Part 6

posted

Part6:アプリケーションの管理② 日本ヒューレット・パッカード株式会社の中川明美です。 今回は、「アプリケーションの管理②」です。「アプリケーションの監視」で収集されるゲスト OSやアプリケーションサービスのメトリック、「サービスの検出」で各仮想マシンで実行されているサービスの検出方法およびメトリックについてご紹介します。 Read more...

vROps 8.0はオンプレミスからクラウドまで Part 8

posted

Part8:vROps 8.0 のvSANダッシュボード/SDDCコンプライアンス 日本ヒューレット・パッカード株式会社の中川明美です。 今回は、「vROps 8.0 の vSAN ダッシュボード/ SDDC コンプライアンス」です。バージョン 8.0 のvSAN 連携の変更点、およびセキュリティコンプライアンスについてご紹介します。「コンプライアンス」機能は、セキュリティ構成ガイドを元に監視します。 Read more...

vROps 8.0 はオンプレミスからクラウドまで Part3

posted

Part3:ユーザーインターフェースの変更いろいろ 日本ヒューレット・パッカード株式会社の中川明美です。 今回は、Part3の「ユーザーインターフェースの変更いろいろ」です。 vRealize Operations7.5から、カスタムダッシュボードの作成方法がアップデートされています。ウィジェット間の関係を指定する方法が容易になりました。ドラッグ操作で視覚的に設定できます。 Read more...

vROps 8.0 はオンプレミスからクラウドまで Part2

posted

Part2:vROps バージョン 8.0でできること② 日本ヒューレット・パッカード株式会社の中川明美です。 今回はアプリケーションの管理と新たなトラブルシューティング機能についてご紹介します。 アプリケーションの管理機能として、vRealize Operations 7.5で「アプリケーションの監視」、vRealize Operations 8.0で「サービスの検出」が追加されました。トラブルシューティング機能として、トラブルの原因を分析するための情報を1つのダッシュボードで提示する「Workbench」が8.0で提供されています。 Read more...

vROps 8.0 はオンプレミスからクラウドまで Part1

posted

Part1:vROps バージョン 8.0でできること① 日本ヒューレット・パッカード株式会社の中川明美です。 仮想マシンやアプリケーションが稼働するインフラの変化により、vRealize Operations(以降vROps)も進化し続けています。 バージョン7.0が2018年9月に、7.5が2019年4月に、8.0が2019年10月にリリースされました。 Read more...

vROps 6.7は初心者に優しい!#5

posted

5回目:vSAN運用管理者にはvROpsは欠かせないツール — Back Number — #1:仮想基盤のパフォーマンスは使用率だけでは図れない #2:アラートからブレイクダウン #3:仮想マシンのリストはカスタムビューで #4:6.7バージョンはメトリックの活用がポイント #5:vSAN運用管理者にはvROpsは欠かせないツール 日本ヒューレット・パッカード株式会社の中川明美です。 5回目は「vSAN運用管理者にはvROpsは欠かせないツール」です。 Read more...

vROps 6.7は初心者に優しい!#4

posted

4回目:6.7バージョンはメトリックの活用がポイント — Back Number — #1:仮想基盤のパフォーマンスは使用率だけでは図れない #2:アラートからブレイクダウン #3:仮想マシンのリストはカスタムビューで #4:6.7バージョンはメトリックの活用がポイント #5:vSAN運用管理者にはvROpsは欠かせないツール 日本ヒューレット・パッカード株式会社の中川明美です。 4回目は「6.7バージョンはメトリックの活用がポイント」です。 vROpsを使用したコンサルティングサービスの場で、「メトリック」をご紹介すると、物理基盤を監視していた方々に概ね好評でした。 Read more...