VMware Cloud on AWS vSphere クラウド クラウド運用・管理 パートナー

オンプレも Veeam 、クラウドも Veeam 、 V2C でも Veeam で! Part2-#5

Part 2の 2 回目は、RTO 短縮のためのリカバリ機能をご紹介します。

 

-Back Number-

Part1. VMware vSphere の Veeam バックアップ機能

#1 – Veeam の基本コンポーネントとバックアップ方法

#2 – バックアップの高速化や RPO 短縮のための Veeam のソリューション

#3 – VDI 環境に役立つファイル共有バックアップ

Part2. VMware vSphere の Veeamリストア機能

#4 – Veeam の様々なリストア方法

#5 – RTO 短縮のためのリカバリ機能

#6 – バックアップデータを利活用するソリューション

Part3. VMware Cloud on AWS と連携する Veeam バックアップ&リストア

#7 – VMware Cloud on AWS でサポートされる機能およびオブジェクトストレージ連携

#8 – オブジェクトストレージを利用したオンプレミスバックアップのリストア

 

■インスタント VM リカバリ

インスタント VM リカバリは、本番ワークロードの中断やダウンタイムを最小限に抑えるために有効なリストア方法の1つです。vSphere 環境へのリカバリには、 vPower テクノロジーを使用します。

図1:インスタントVMリカバリ

 

■インスタント VM リカバリを使用した移行

インスタント VM リカバリを使用して、次のプラットフォームのバックアップから VMware vSphere 環境へ移行することができます。

  • VMware vSphere VM
  • Microsoft Hyper-V VM
  • Nutanix AHV VM
  • Agent で取得した仮想マシンおよび物理マシン
  • AWS EC2 インスタンス
  • Azure VM

 

■vPower テクノロジー

vSphere 環境のインスタント VM リカバリでは、 Veeam の vPower テクノロジーを使用します。 vPower テクノロジーは、 vPower NFS Service として提供され、 Windows マシン上で実行されます。

このサービスがインストールされた Windows マシンを NFS サーバとし、バックアップサーバは vPower NFS データストアを作成後、 ESXi ホストにマウントします。

図2は、マウントされた vPower NFS データストアです。

バックアップサーバは、バックアップリポジトリ内の仮想マシンの設定ファイル (.vmx) を読み取り、リストア先に指定した ESXi ホスト上に空のディスクのダミー VM を作成します。ダミー VM が起動すれば、ユーザーはアクセス可能です。

図2:vPower NFS データストア

 

ダミー VM の起動後、アプリケーションに接続する場合、バックアップリポジトリ内の仮想ディスクファイルから必要なデータを読み取ります。 vPower NFS データストアに存在する仮想ディスクファイルは、バックアップリポジトリのバックアップ内にある仮想ディスクファイルへのポインタとして機能します。

変更されたディスクブロックは、キャッシュファイルに保存されます。図2の赤枠内のファイルは、マウントされたライトキャッシュファイルです。

ライトキャッシュファイルの実際の保存先は、バックアップリポジトリのマウントサーバ設定で、指定するキャッシュフォルダ ( 図3の赤枠内 ) です。

図3赤枠下の説明文にありますように、パフォーマンスを考慮する場合は、ライトキャッシュファイルの保存先は、 SSD ディスクドライブをおすすめします。

図3:マウントサーバの設定画面

 

■本番環境へ移行

バックアップから正常にリカバリされたら、本番環境へ移行します。図4は、インスタント VM リカバリのログです。ログの最後に次のステップである移行の開始を待っていると表示されます。移行を終えるまでは、 Status は「 In progress 」です。

図4:インスタンス VM リカバリのログ

 

図5は、「 Migrate to Production 」を実行する画面です。

この画面から、仮想マシンの移行を行います。バックアップサーバは、 VMware vSphere ライセンスや vCenter Server の使用可否などを確認し、「 vMotion および Storage vMotion 」または「 Veeam Quick Migration 」のどちらか最適な方法を選択します。

Storage vMotion を使用して仮想マシンを移行した場合、移行中に仮想マシンの変更内容と統合されます。

Veeam Quick Migration では、バックアップファイルから仮想マシンをリストアし、すべての変更内容を移送し、統合します。また仮想マシンの停止または一時停止が発生します。

図5:Migrate to Production

 

■その他のインスタントリカバリ

v11 から、仮想マシンと仮想ディスクに加え、データベースやファイル共有のバックアップからリストアするインスタントリカバリも提供しています。

v11 で提供されるデータベースのインスタントリカバリはスタンドアロンのデータベースを対象に、ファイル共有のインスタントリカバリは SMB プロトコル限定の読み取り専用のリストアです。今後の Update が待たれます!

図6:データベースと NAS のインスタントリカバリ

 

■Veeam Backup Enterprise Manager

ここからは、 Veeam Backup Enterprise Manager をご紹介します。

ユーザーガイドでは、 Veeam Backup Enterprise Manager の目的は「複数の Veeam Backup&Replication の管理を行うコンポーネントである」と記述されています。

加えて、日本のお客様には日本語の UI を提供する運用ツールとしてご紹介しています。

Veeam Backup Enterprise Manager は v11 から標準機能として言語の選択ができるようになりました。通常の管理コンソールと比べますと提供される機能は限定されます。バックアップに関しては、ジョブの新規作成はできませんが、実行・複製・編集・削除は可能です。リストアに関しては、仮想マシン・仮想ディスクのリストア、 Guest OS のファイルレベルリストアや Active Directory を除くアプリケーションアイテムリストアを実行可能です。

 

図7:Veeam Backup Enterprise Manager の日本語 UI

 

図8は、 Setup.exe ファイルを実行後に表示される画面です。ここからイントールを行います。追加の費用は発生しません。日本語の UI を提供する Enterprise Manager の使用も検討いただけたらと思います。

図8:Veeam Backup & Replication のインストール画面

 

今回ご紹介した機能は無償のハンズオンで体験いただけます。

次回は、バックアップデータを利活用する機能をご紹介します。バックアップからリストアした仮想マシン上の OS やアプリケーションが正常に稼働するかどうかを自動テストする SureBackup 機能を中心にお届けします。

 

ヴィーム・ソフトウェア株式会社

Sales Acceleration Training Consultant 中川 明美

毎月3回、無償のオンライン・ハンズオン・トレーニングを実施しています!

https://www.veeamjp.info/seminars/online_training/basic/

関連記事