SD-WAN VMware SD-WAN ネットワーク

なぜ VMware SD-WAN by VeloCloud はクラウド時代の企業 WAN に最適なソリューションであるのか

VMware SD-WAN by VeloCloud は Microsoft Azure Virtual WAN と Microsoft 365 のネットワーク認証パートナーです

 

近年、様々なソフトウェアサービスがクラウドで提供されるようになり、それらサービスの企業活動における業務利用も一般化しつつあります。(VMware のクラウドソリューションはこちら!)特に Microsoft が提供する Microsoft 365 (旧称Office 365) は、Software as a Service (SaaS) を代表するサービスとして多くのユーザーに利用されております。しかしながら現在の企業 WAN ネットワークは、クラウド利用に最適化されておらず、様々な課題が顕在化するようになってきています。

本稿では、このような課題を解決する VMware SD-WAN by VeloCloud (以下 VMware SD-WAN) の特徴、ならびに Microsoft 365 との親和性について紹介していきます。

コンテンツ:
なぜ VMware SD-WAN はクラウドソリューションとの親和性が高いのか
Microsoft 365 利用を最適化するネットワークとは

 

なぜ VMware SD-WAN はクラウドソリューションとの親和性が高いのか

VMware SD-WAN はクラウド時代に最適な企業 WAN 構築を実現するソリューションです。これまでの企業 WAN は自社データセンター・本社ネットワークに業務トラフィックを集中させ、インターネットへのアクセスも一元的に制御を行うバックホール接続と呼ばれる構成が一般的でした。(図1 上図)

しかしながら、クラウド向け通信が劇的に増えることで、拠点サイトの回線帯域が不足し、データセンターの出口のファイアウォールやプロキシの性能不足が想定されます。クラウド利用を加速するには回線帯域の増強やファイアウォール・プロキシの増設等が必要になりコスト増加が想定されます。また常にデータセンター経由の通信となるため、定常的な通信遅延が発生してしまいます。

このような課題を解決し、ネットワーク構成を最適化できるソリューションが VMware SD-WAN です。(図1 下図)

これまでの企業 WAN はセキュリティの観点から閉域網の利用が多く見受けられますが、VMware SD-WAN を利用することで、安価で高速なブロードバンドインターネット回線も企業 WAN 回線に組み込むことが可能です。閉域回線とインターネット回線を束ねて利用することもできるため、ビジネス状況に合わせた回線帯域の増強、柔軟な移行が可能となります。

また最適な通信経路を容易に・柔軟に制御が可能な点も VMware SD-WAN の特徴です。拠点サイトからデータセンターを介さず直接クラウドへ通信させるローカルブレークアウトと呼ばれる経路制御が容易に可能で、制御対象の通信もアプリケーション単位で実施できます。

これら設定はシンプルな Web ユーザーインターフェースから全て実施が可能で、VMware SD-WAN では従来のルータ設定で用いられる複雑な CLI (Command Line Interface) を覚える労力は一切不要です。

 

図1 クラウド時代の企業 WAN の課題(上図)とVMware SD-WAN による解決(下図)

 

ユーザーのクラウド利用・体感を最適化するネットワークを提供できるのは、VMware SD-WAN の最大の特徴でもあります。

VMware SD-WAN は Microsoft とアライアンス関係をもち、Microsoft 365、Azure Virtual WAN、Azure Edge Zones、Azure VMware Solution (AVS) といったクラウドソリューション利用を最適化するネットワークサービスをご提供致します。ここではクラウド利用を最適化するVMware SD-WAN の2つの特徴をご紹介致します。

1つ目は、ベストエフォート型のインターネット回線もビジネスクオリティに回線品質改善を行う Dynamic Multi-Path Optimization (DMPO) です。(図2)

DMPO は VMware SD-WAN 独自の技術で、回線のモニタリング、パケット単位での動的な通信制御、また回線状況に応じた品質改善を提供します。回線品質は遅延・ジッター・パケットロスの観点から10点満点でスコアリングされており、以下の例では回線自体のスコアが6.72点/10点であるのに対して、DMPO の品質改善効果により9.96点/10点まで向上しているのがわかります。

図2 VMware SD-WAN の回線品質保証 (DMPO)

 

2つ目の特徴は、VMware が管理・提供するクラウド型のソリューション、VMware SD-WAN クラウドゲートウェイです。(図3)

先程ご紹介した DMPO は VMware SD-WAN エッジと呼ばれるデバイス間で構成される SD-WAN オーバーレイ上で提供可能な機能となります。このため通常はクラウド向け通信については SD-WAN オーバーレイを提供するのが困難となりますが、このクラウドゲートウェイを利用することで、クラウド利用時も SD-WAN オーバーレイ上の DMPO 機能をご利用頂くことが可能です。

このことはクラウド利用のユーザー体感向上に大きく寄与します。通常、ベストエフォート型インターネット回線は拠点からの回線出口でトラフィック輻輳が頻発します。この問題は、単純に拠点からローカルブレークアウトにより直接クラウド向けに通信をするだけでは回避できない問題となり、クラウド利用のユーザー体感を大きく下げることが想定されます。クラウドゲートウェイを用いた通信では、拠点出口での輻輳箇所においても DMPO の恩恵を受けることができるため、ユーザーのクラウド利用体感を最適化・向上することが可能となるのです。

図3 VMware SD-WAN クラウドゲートウェイによる SaaS/IaaS へのオーバーレイによるアクセス

 

Microsoft 365 利用を最適化するネットワークとは

クラウド利用に最適なネットワークといった場合、どのような観点で対策を検討すればよいのでしょうか。

その問に非常に有益な見解を Microsoft は公開しており、Microsoft 365 利用における環境構築の指標となっています。Microsoft は、このネットワーク要件を実現できるソリューションに対して認定を行っており、VMware SD-WAN も “Microsoft 365 Networking Partners” ソリューションとしてリスト頂いており、Microsoft 365 との接続性は十分に検証済みとなっています。

ローカルブレークアウトを活用し自社データセンター等を介さず直接 Microsoft のクラウド環境へアクセスすることで、SaaS アプリケーションのパフォーマンスを最適化することができます。さらにVMware SD-WAN のソリューションでは、世界中に配備された VMware SD-WAN クラウドゲートウェイを介してSD-WAN の回線品質最適化が SaaS アプリケーションへも適用できるため、企業ユーザーは拠点に VMware SD-WAN エッジを導入するだけで、SaaS 向け通信の品質もビジネスクオリティに改善して通信を行うことが可能となります。(図4)

弊社のアジア地域での検証では、品質が優れないインターネット回線の環境においても、ローカルブレークアウトのみの通信制御と比べ、VMware SD-WAN クラウドゲートウェイを使用することで Microsoft 365 への通信のスループットを約10倍改善したという例も報告されております。

このような効果を拠点側のエッジ機材導入のみで実現できるのは、VMware SD-WAN の非常に大きな強みとなります。

図4 VMware SD-WAN クラウドゲートウェイにより Microsoft 365 へのアクセスを最適化

 

VMware は日本マイクロソフトと共同で、Microsoft 365 のパフォーマンスとネットワークの関係性から、その最適化手法について検証を通して確認を行いました。こちらについて、検証結果並びに考察をまとめたホワイトペーパーをこちらよりダウンロード頂けますのでぜひ御覧ください。

 

まとめ

本稿では、VMware SD-WAN by VeloCloud とクラウドソリューションとの親和性についてご紹介しました。また Microsoft 365 と VMware SD-WAN の連携について、特徴や連携させることのメリットについてご紹介しました。クラウドの世界では日々ソリューションが進化している状況かと思います。ユーザー様で、こんな使い方はできないのか、などございましたら、ぜひお気軽に弊社までお問い合わせください。

こちらの投稿でご紹介したソリューション詳細について、2020年5月にウェビナー「Microsoft のクラウドソリューションを最適化するVMware SD-WAN の最新動向」においても詳細をご紹介しております。現在はセッション資料・動画は VMware Evolve Online にて公開中のため、ぜひ合わせて御覧ください。

 

VMware SD-WAN とクラウドに関連するお話は別の記事でもご紹介しておりますので、合わせてご覧ください。

VMware SD-WAN でクラウド上に仮想拠点を建てる話

Microsoft Azure Virtual WAN が SD-WAN と実現する次世代企業ネットワークとは

 

免責事項

  • 本稿でご紹介の VMware SD-WAN by VeloCloud のソリューションは一部開発中のものも含まれております。今後詳細が変更となる可能性もございますことご了承ください。
  • 本稿で記載の Microsoft ソリューション説明については、内容の完全性を担保するものではございません。Microsoft ソリューション詳細につきましては、全て Microsoft 社からの情報が優先されますこと、ご了承ください。

参考情報

VMwareのイベント情報

今後のオンラインセミナー実施予定などはこちらからご確認頂けます

VMware ハンズオンラボ

ハンズオンラボは、VMwareの最新の製品やソリューションを、様々なシナリオに沿って、オンデマンドで利用することができます。VMware SD-WAN 入門としては以下コースがございますのでご参照下さい。

    • HOL-2140-01-NET – VMware SD-WAN by VeloCloud – Getting Started
    • HOL-2140-91-NET – VMware SD-WAN by VeloCloud – Lightining Lab

VMware SD-WAN by VeloCloud の最新情報 (英語)

VMware SD-WAN の最新情報はこちらでご紹介しております。

 

ヴイエムウェア営業へご連絡を希望される場合は下記URLのフォームよりお問い合わせください。

https://www.vmware.com/jp/company/contact_sales.html

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。