Recent Posts

Virtual Cloud Network への途:SD-WANのUI考察 其の弐

posted

2025年までには楽になろう… SD-WAN のUI考察:其の弐 前回のBlogでは、VMware SD-WAN by VeloCloud が如何に簡易的なインターフェイスにこだわって SD-WAN のユーザーインターフェイスを作っているかのこだわりをご紹介、なおかつそのメリットを享受して様々なお客様がネットワークサービスの展開スピードの迅速化、もしくはシステムのクラウド化と効率化を進めていますよ、というお話をさせていただきました。 今回はそれを踏まえ、これまでコマンドラインインターフェイス(CLI)を介してネットワークを管理してきたネットワークエンジニアの方にお贈りする、新しいクラウド時代のネットワーク”Virtual Cloud Network”のより効率的な運用に向けて、REST API で VMware SD-WAN by VeloCloud を制御する方法についてをお届けいたします。   Read more...

Virtual Cloud Network への途:SD-WANのUI考察 其の壱

posted

2025年までには楽になろう… SD-WAN の UI 考察:其の壱 個人的な趣味のお話になりますが… 環境対策も含め電気自動車と自動運転が目下の世の趨勢なのは理解しつつもいい歳して空冷のエンジンを積んだ車やバイクをマニュアルシフトで動かすのがやめられません。電子書籍端末の便利さは使ってみてよくわかりましたが個人的には文庫本の紙をめくっている感触や時間が贅沢だと思ってしまいます。ネットワークは自分のお気に入りな  CLI(コマンドラインインターフェイス) を搭載した機器を効率的な自動化運用に乗せて構築・運用するのが楽しくて好きです。(好きでした。) しかし今や時は令和、ビジネスを考えるとそうそう個人的な趣味にばかり走っていられません。2025年の崖と言う問題がまことしやかに囁かれる昨今の我が国、我々インフラエンジニアとしても如何に日々の業務を楽ちんにできるかは環境問題同様に大きな課題です。ということで今回は日本市場においてもだいぶ実導入が進んできた感のある  SD-WAN のユーザーインターフェイス(UI)について考察したいと思います。   Read more...

VMWorld 2020 : Network & Security まとめ

posted

VMWorld 2020 Network と Security の最新情報まとめ Security is front and center at VMworld—and for good reason. さて、今年も VMWorld が開催されました。 今年は COVID19 の影響もあり例年の夏開催から秋開催へと変更になったり、オンラインをメインとしたイベントに変更になったりと New Normal な時代に沿った建付けに変更はなされいますが、イノベーションの加速度は例年どおり変わりません! 本 Post では VMWorld 2020 で発表になった諸々のトピックから、特に Network & Security 部分にフォーカスしつつ、ちょっとだけ 独自解説を織り交ぜながらポイントをまとめてお伝えしてみたいと思います。 Read more...

祝満員御礼:Virtual Cloud Network Day Live2020から見えてきた新たなネットワークのトレンド

posted

Virtual Cloud Network Day Live 2020 開催成功を終えての振り返り、 及びそこから見えてきた新たなネットワークのトレンドについて VMware が New Normal 時代における新たなスタイルでイベントを実施 クラウド時代のネットワークをハードウェアではなくソフトウェアにより再定義しようとしているVMware が5月29日に新たなクラウド時代のネットワークに特化したイベントを行いました。その名も“Virtual Cloud Network Day Live 2020”。本来、東名阪と九州の会場にてライブ開催を行うプランではありましたが、時節柄 Zoom を利用したオンラインでの開催となり、運営側も様々なトライ・アンド・エラーを経ながらの準備だったため一部不手際もありご迷惑をおかけしましたが、お陰様で1,000名を超える多数のお客様にご来場(?)いただき大盛況のうちにイベントを終了させていただくことができました。ご視聴頂いた皆さま、ありがとうございました。 本イベントでは Zoom 開催ならではの醍醐味として、2つの新しい試みを試させていただきました。ひとつはセッション中にスピーカーからの1方向なご紹介だけではなく、視聴者さまが気になった点をチャット越しにライブで QA 受付させていただくというもの、もう一つはスピーカーがセッション中に簡単なアンケートを実施して皆さまのコンディションを教えていただくこと、という試みです。当初、どのくらいの QA が来るものだろうか?と運営側一同不安を持ってみていたのですが、結果として多数のご質問(総ご質問数108!)をいただき、回答準備でスタンバイしていた SE陣は大わらわ、またアンケートにも多くの視聴者から回答いただけ興味深いフィードバックとなりましたので、せっかくなのでここにそのサマリと、昨今のネットワーク事情についての考察をここでご紹介できればと思います。 Read more...