VMware Sakura

VMware Sakuraをもっと知りたい! バランス良く習得できるデジタルスキルパス

10月にスタートした、女性のための復職支援プログラム“VMware Sakura”にはお陰さまで大変多くのお問合せをいただき、プログラムを受講される皆さんも徐々に増え始めています。一方で、新しいチャレンジを始めることに対しては不安が多く、まだ踏み切ることが出来ないという方も少なくないようです。

そこで、少しでも安心材料を増やしていただくため、VMware Sakuraのプログラムをもう少し詳しくご紹介したいと思います。

 

VMware Sakuraには、働くために必要となる基礎的な知識や能力を習得していただくための「デジタルスキルパス」と、ヴイエムウェアの資格取得を目指していただくための「ハイブリッドパス」及び「テクニカルパス」という、2分野、計3コースが用意されています。

 

まず今回の記事では、ベーシックコースである「デジタルスキルパス」についてご紹介します。

 

ビジネスに求められる基本的スキルをバランスよく習得

デジタルスキルパスは、レベル1からレベル3までの3段階のトレーニングレベルに分けられ、それぞれに必修コースが設けられています。現時点での必修コースの概要と学習目安時間は以下のとおりです。

 

単にテクニカルなスキルを身に付けていただくだけでなく、働く上で必須となるメンタルケアや思考法など、ヒューマンスキルまでを幅広くバランスよく学べるよう工夫してありますので、就労に向けた偏らない知識と技能を着実に身に付けていただくことができます。

 

さらにステップアップを図るための多彩なオプションも用意

また、上記の必修講座の他にも、オプションとして40近い任意コースを用意いたしました。以下にその一部を紹介します。

 

<レベル1>

LinkedIn 入門、ビジネスマナーの基礎、Outlook 基本講座、Word 基本講座、ビジネス英語の基礎 他

<レベル2>

判断力の高め方、Power BI 入門、Excel 初中級、考え方を変えて心を楽にする、ビジネス英語の基礎:プレゼンテーションをする、女性のためのリーダーシップ戦略 他

<レベル3>

Excelデータ分析、グラフィックデザイン入門、良い信頼関係を築くには、財務部でない人のためのファイナンス、オンラインマーケティングの基礎、HTML・CSS 入門、会計の基礎、人工知能(AI)の基礎、Salesforce Essential Training、サステナビリティ基礎 他

 

復職を目指している女性で、条件を満たす方であれば、これら全てのプログラムを無償で受講いただくことが出来ます。

ときどき「プログラムを修了したらヴイエムウェアに入社しなければいけないのですか?」というご質問を受けるのですが、その必要はまったくありません。

VMware Sakuraは、あくまでヴイエムウェアが社会貢献の一環として取り組んでいるボランティア プログラムであり、今後の雇用拡大が大いに期待できるITという分野で女性が益々活躍していくことを支援するための活動なのです。

 

尚、デジタルスキルパスは、オプションも含めた上記3レベルの講習を6ヶ月以内に修了していただく必要があります。レベルごとの受講日数制限などはありませんので、ご自身のペースに合わせて柔軟に受講いただくことが可能です。

さらに詳細な内容は、VMware Sakuraに正式にご登録いただいた際にご覧いただけるようになっています。

ご興味がある方は、このチャンスを逃さず、迷わずにご登録ください。もしご不明な点や不安などがあれば、遠慮なくお問合せください。ヴイエムウェアのボランティア スタッフがいつでもあなたのお話を伺わせていただきます!


VMware Sakura 🌸の詳細は、こちらをご覧ください

VMware Sakura 🌸インスタグラムでもさまざまな情報を発信しています。

ぜひフォローしてください!


***VMware Sakura参加者向けイベント***

VMware Sakura では、プログラム参加者の皆さま向けに様々なイベントを開催しています。2023/1/18のウェビナーでは、タイムマネジメントをテーマに、実際に子育てしながら資格試験を目指して勉強をされていたヴイエムウェア女性社員より、どのような時間管理を行ったかを語っていただきます。

(イベント詳細は、VMware Sakura 参加者の皆さんへご案内いたします)

■VMware Sakuraへのご参加はこちら