クラウド パートナー

vCloud Usage Meter 自動レポートに関するアップデートとサポートポリシー変更について

(本記事は、クラウドパートナー様向けの内容となり、下記の抄訳版となります)
(https://blogs.vmware.com/cloudprovider/2021/11/usage-meter-auto-reporting-updates-and-support-policy-changes.html)

 

はじめに

vCloud Usage Meter(Usage Meter) 3.6.1 が 20217月末にGeneral Support 終了になったことに伴い、パートナーの皆様は Usage Meter 4.x をご利用頂く必要があります。この記事の執筆時点で、使用がサポートされるバージョンは、1ヶ月以内にリリースが予定されているバージョン 4.5 と 4.4 のみとなります。これはサービスを維持し、必要な機能を提供するために行われるアップデートとなります。

 

変更点について

変更は下記の3点になります。

  • Usage Meter 3.6.1 による 自動レポートの終了
  • Usage Meter 4.1 と 4.2 によるレポートのまもなくのサポート終了
  • Usage Meterのサポートポリシーとライフサイクルの変更

 

Usage Meter 3.6.1 による 自動レポートの終了

Usage Meter 3.6.1 の General Support 終了に伴い、Usage Insight 側の古いコンポーネントを整理するため、Usage Meter 3.6.1 により集計された情報は自動レポートによりVMware Commerce Portal(Commerce Portal) に連携されなくなりました。

  • Q. 3.6.1 をまだ使用しているパートナーへの影響は?

上記は、3.6.1を利用かつ、自動レポートを利用しているパートナーに影響します。Usage Meter 3.6.1 は引き続きバンドルベースのレポートを生成でき、パートナーは詳細を手動で集計して、Commerce Portal で毎月の請求注文を送信できます。ただし、2022年5月にCommerce Portalから旧バンドル SKU が完全に削除されます。この時点で、Usage Meter 3.6.1 は Monthly Billing Order SKU と互換性が無くなります。

  • Q. 3.6.1 を利用しているパートナーはどのようなアクションをとるべきですか?

次のステップを直ぐに進めていただくよう、お願いいたします。

    1. Usage Meter 4.4 アプライアンスのダウンロード
    2. 3.6.1 を置き換えるための新しい Usage Meter 4.4 のデプロイ
    3. Usage Meter 4.4 をテストモードで登録
    4. Usage Meter 4.4 に課金対象の vCenter 等を手動で登録するか、移行スクリプトを利用しての構成情報の移行
    5. 翌月、Usage Meter 4.4 の本番モードへの変更

 

Usage Meter 4.1 と 4.2 によるレポートのまもなくのサポート終了

Usage Meter 4.1/4.2 のGeneral Support 終了に伴い、当該バージョンを利用した、管理、処理、レポートは行えなくなります。この処理は、2021年12月5日に停止します。

 

  • Q. これは、4.1/4.2 を利用しているパートナーにどのように影響しますか?

Usage Meter 4.x の場合、すべての処理とレポートの生成はクラウド(Usage Insight) で行われます。当該バージョンを利用しているパートナーは、まもなく自動レポートが行えなくなります。レポートが生成されないため、Commerce Portal側にも情報が連携されません。

  • Q. 4.1/4.2 を利用しているパートナーはどのようなアクションをとるべきですか?

Usage Meter 4.xは、新しいアプライアンスを導入せず、インプレースでアップグレードすることが可能です。そのため、Usage Meter に vCenter 等を再登録したり、1 ヶ月間 2 つの Usage Meter を並行稼動するといったことは不要です。

Usage Meter 4.1/4.2 を利用しているパートナーは直ぐにインプレースアップグレードを実施する必要があります。

    1. Usage Meter 4.4 インプレースアップグレード用 ISO をダウンロード
    2. ドキュメントに従い、アップグレードを実施
      1. Usage Meter 4.1 利用の場合は、登録されているvCenter等コンポーネントの証明書の再承認が必要です

 

Usage Meter のサポートポリシーとライフサイクルの変更

VMware は、Usage Meter 4.3 以降の各バージョンに対して、あらたに Technical Guidance を設定します。Technical Guidance の終了に達すると、Usage Insight によって処理がされなくなり、レポートできなくなることを意味しています。VMware の標準として、General Support の終了から 1 年後を Technical Guidance の終了としています。

  • Q. これはパートナーにどのような影響がありますか?

Usage Meter 4.3 は、Techical guidance が終了となる2022年11月4日以降、自動レポートが行えなくなります。(Techical guidance 終了以降、オフラインレポートも行えなくなります)

  • Q. 4.3 を利用しているパートナーはどのようなアクションをとるべきですか?

Usage Meter 4.3を利用している場合は、Tech guidance 終了前までに 4.4 ないしは、今後リリース予定の 4.5 にアップグレードする必要があります。手順については、前述の 4.1/4.2 と同様になります。

 

以上が今回の Usage Meter に関するアップデートと、サポートポリシー変更に関するご紹介となります。2022年1月の VCPP Monthly Product Webinar にて、Usage Meter 4.5 のご紹介を予定しておりますので、合わせてご聴講いただけますと幸いです。

不明点がございましたら、貴社担当 VMware セールス/技術 及び、アグリゲータ担当者までご相談ください。

 

 

 

 

関連記事