VMware Carbon Black セキュリティ

ZoomはVMware を信頼して分散型ワークフォースを安全にサポート

Zoom は世界的なパンデミックをきっかけに、ほとんどの人々にとってお馴染みの名前となりました。ビデオファーストのユニファイド・コミュニケーション・プラットフォームをリードする Zoom は、組織とその分散した労働環境が接続された状態を維持だけでなく、職場の場所やデバイスに関係なく、従業員の生産性とセキュリティを確保するのに役立ちます。

最近のデータによると、COVID-19 のパンデミックが発生した際には、リモートワークが 70% 以上増加していることがわかっており、ビジネスオペレーションを維持するためには、接続状態を維持し、生産性を高めることが重要であることを示しています。Zoom は、VMware のテクノロジーを活用して、従業員の柔軟性と生産性を高めるだけでなく、従業員とそのデバイス、アプリケーション、ネットワークなどの本質的なセキュリティを確保することで、分散型のワークフォースをサポートしています。”非常に基本的なレベルでは、Workspace ONE は、世界中の様々な場所にいる従業員がパンデミック環境でも存在し、成功することを可能にしてくれます。

– アパルナ・バワ、Zoom 社最高執行責任者
VMware のインフラストラクチャ上で実行することで、Zoom は、より優れたユーザー体験を提供し、リモート従業員のセキュリティを向上させることができます。VMware の COO である Sanjay Poonen 氏と Zoom の COO である Aparna Bawa 氏との対談をご覧ください。Zoom が「ニューノーマル」の中でどのように本質的なセキュリティ上の優位性を獲得しているかについては、Radius の記事全文(英語)をお読みください。

関連記事