VMware Carbon Black セキュリティ

VMware CarbonBlackCloud™がアワードを受賞

VMware Carbon Black Cloud は、クラウドネイティブのエンドポイントおよびワークロード保護プラットフォームが評価され、Cyber CatalystSM の指定を受けました。この指定は、毎年開催されるサイバー・カタリスト by Marsh℠ プログラムの一環として行われているもので、このプログラムでは、大手サイバー保険会社がサイバーセキュリティソリューションを評価し、サイバーリスクに大きな影響を与えることができると考えられる会社にサイバー・カタリストの指定を授与しています。

サイバー犯罪は大きなビジネスです。実際、2020年のサイバーセキィリティーについての展望レポート によるとセキュリティ担当者の90%が攻撃の増加に直面していると報告しています。これは、従業員のシフトが急速に進み、組織がセキュリティ侵害に対してより脆弱になっていることも一因です。”一夜にして起こったデジタルトランスフォーメーションにより、エンドポイントや進化するワークロードをサイバー攻撃から保護するという組織の重要なニーズが加速しています。”と、VMware Carbon Black のビジネス開発担当シニアディレクターであるブレンダン・ホーガンは述べています。

“今日の複雑な脅威の状況では、従来のウイルス対策製品が提供する以上のセキュリティへの本質的なアプローチが必要となり、エンドポイントとテクノロジー インフラストラクチャを効果的に保護することができます。なぜ VMware Carbon Black Cloud なのか?2020 Cyber Catalyst プログラムでは、参加保険会社が特定したサイバーリスクの上位 5 つ、ランサムウェア、サプライチェーン/ベンダー管理、クラウド移行/管理、ソーシャル エンジニアリング、プライバシー規制/データ管理に対応するソリューションを模索していました。VMware Carbon Black Cloud 特にランサムウェアを対象としていますが、その他のタイプのサイバーリスクにも対応することができ、より幅広い用途に適用可能です。サイバー・カタリストに参加している保険会社は、サイバー・リスクの削減と効率性の基準で、VMware Carbon Black Cloud を最高評価しました。保険会社のコメントは以下の通りです。

“重要な価値は、リアルタイムで成果物の復旧やマルウェアの削除が可能なライブレスポンスツールです。様々な不審な指標を検索できるライブクエリ機能は非常に価値があります。インシデント対応者にとって重要な機能です。”

“この製品は、次世代のエンドポイント保護製品の分野では十分に評価されています。効果的に実行されているランサムウェア攻撃に対するハイグレードな保護だけでなく、エンドポイントの資産や組織に対する貴重な洞察を提供してくれる、定評のあるエンドポイント機能です。”

“使いやすいインターフェイスは、重要な情報を消化しやすい形式で提供し、様々な攻撃へのより効率的な対応を可能にします。”

サイバーカタリストの指定は、大手保険会社が  VMware Carbon Black Cloud がサイバーリスクの低減に貢献できると信じていることを示すものであり、サイバーリスクの結果に意味のある改善をもたらすソリューションを求める組織が検討する価値があると確信していることを強く示しています。サイバーカタリストソリューションの最新クラスは、サイバー保険会社が特定した最も重要な 5 つのサイバーリスクを対象としており、2019 年の候補者と合わせて、保険会社がサイバー脅威に対して非常に効果的であると考える 30 以上のサイバーセキュリティ製品のリストを構成しています。

サイバー攻撃から世界を守るという当社の深いコミットメントを反映したものであり、このような成果を誇りに思います。この認定は、サイバーセキュリティ・ソリューションを求める組織に指針を提供するだけでなく、サイバー・カタリスト指定のソリューションを採用した企業は、参加保険会社と個別に交渉したサイバー保険契約の条件を強化するために検討される可能性があります。

関連記事