airwatch cloud connector
Workspace ONE デジタル ワークスペース

Windows 10モダンマネジメントガイド 第2回 オンプレミスActive Directoryとの連携

はじめに

この連載では、VMware Workspace ONEを用いてクラウドからWindows 10を管理、ゼロトラスト セキュリティを実現する「最新の管理(モダンマネジメント)」の体験をご紹介します。

前回の作業ではWorkspace ONEの要件を確認し、フリートライアル版の申込みを行いました。

今回の作業ではウィザードを用いてオンプレミスActive Directoryとの連携を行います。Active DirectoryからVMware Workspace ONE UEMへ、更にVMware Workspace ONE Accessへディレクトリユーザーやグループを連携します。

 

VMware AirWatch Cloud Connectorのインストール

Windows ServerにVMware AirWatch Cloud Connector(ACC)をインストールし、Active DirectoryからWorkspace ONE UEMにディレクトリユーザーやユーザーグループを同期します。

ACCはインターネットへの外部発信のみで機能するため、ACCをDMZに設置する必要もなく、またインバウンドトラフィックを許可するよう企業のファイヤーウォールを構成する必要もありません。

VMware AirWatch Cloud Connector
https://docs.vmware.com/en/VMware-Workspace-ONE-UEM/services/AirWatch_Cloud_Connector/GUID-AWT-ACC-INTRODUCTION.html

Introduction to Integrating Workspace ONE UEM with your Directory Services
https://docs.vmware.com/en/VMware-Workspace-ONE-UEM/services/Directory_Service_Integration/GUID-AWT-DIRECTORYSERVICESOVERVIEW.html

 

ダイアグラム 自動的に生成された説明

 

Workspace ONE UEMコンソールに管理者アカウントでログインします。トップページから[はじめに] > [Workspace ONE] > [セットアップを開始]を選択します。[ID およびアクセスの管理]セクションの[AirWatch Cloud Connector (ACC) およびディレクトリ] > [構成]を選択します。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, メール 自動的に生成された説明

 

[概要]ページが表示されます。[続行]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

[AirWatch Cloud Connector (ACC)]ページが表示されます。ACCインストーラのダウンロードに際してパスワードを設定します。ACCインストーラは証明書を含んでおり、これを保護するためにパスワードを必要とします。

[AirWatch Cloud Connector (ACC) インストーラをダウンロード]をクリックします。ダウンロードが完了したら[続行]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス 自動的に生成された説明

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

ダウンロードしたACCインストーラを実行します。

(例) AirWatch Cloud Connector 20.8.0.6 Installer.exe

Windows Server 2019でのインストーラ実行時に[Windows protected your PC]ウィンドウが表示される際には、[More Info]をクリックし[Run Anyway]をクリックするとインストールを続行することができます。

コンピューターのスクリーンショット 自動的に生成された説明

 

インストラクションのステップに従ってACCのインストールを完了します。

重要: 最後にWindows Serverの再起動を促す[You must restart your system for the configuration changes made to AirWatch Cloud Connector to take effect. ]メッセージが表示されますが[No]を選択します。これは[AirWatch Cloud Connector (ACC)]ウィザードを完了するために必要な措置です。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション 自動的に生成された説明 グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明 グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明

Windows Serverの再起動を促す[You must restart your system for the configuration changes made to AirWatch Cloud Connector to take effect. ]メッセージが表示されますが[No]を選択します。これは[AirWatch Cloud Connector (ACC)]ウィザードを完了するために必要な措置です。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

Workspace ONE UEMコンソールで、ウィザード画面を下方にスクロールし[続行]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

AirWatch Cloud Connector (ACC) 接続テスト

[接続のテスト]をクリックします。[Cloud Connectorに到達しました]旨の表示があれば[続行]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

 

ディレクトリ設定

Active Directoryへの接続情報を入力します。[保存]をクリックします。ドメインコントローラーに接続できない場合、ACCインストールWindows ServerがドメインコントローラーのFQDNを名前解決できること、ドメインコントローラーと通信可能であることを再確認ください。

 

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

Active Directory接続テスト

[接続のテスト]をクリックします。[正常に接続されました。]の表示があれば[保存]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

[次のステップ(強く推奨)]が表示されますので[キャンセル]を選択します。

この表示はVMware Workspace ONE Access Connectorの構成についての説明です。本連載では省略しますが、別記事にて構成および移行手順を掲載予定です。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

ここまでの設定でActive Directoryとの連携を行いました。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, ダイアグラム が含まれている画像 自動的に生成された説明

Active Directory Basicの構成

Active Directory Basicを構成し、Workspace ONE UEM経由でディレクトリユーザーやユーザーグループをActive DirectoryからWorkspace ONE Accessに同期します。

本構成は、検証を目的として素早く環境を立ち上げるための簡易構成です。本稼働構成ではWorkspace ONE Access Connectorを用いた構成が強く推奨されます。

AirWatch Cloud Connector を使用した展開モデル
https://docs.vmware.com/jp/VMware-Identity-Manager/services/com.vmware.vidm-cloud-deployment/GUID-A5047E30-CA8F-4CDE-BB92-0168AC4B622C.html

ダイアグラム が含まれている画像 自動的に生成された説明

 

[グループと設定] > [構成]を選択します。[構成に進む]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション, Teams 自動的に生成された説明

 

下方にスクロールしてWorkspace ONE Access をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, メール 自動的に生成された説明

 

[構成]をクリックします。Active Directory Basicの[有効]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, メール 自動的に生成された説明

 

Workspace ONE Access管理者のユーザー名、管理者パスワードを入力します。[接続のテスト]をクリックします。正常に接続された旨の表示があれば[次へ]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

ディレクトリ名を入力します。属性マッピング等は既定のまま[保存]をクリックします。[保存]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

ディレクトリの同期が正常動作する旨の表示を確認します。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

モバイルシングルサインオンのセットアップ

ゼロトラストセキュリティのキーコンポーネントのひとつ、加入デバイスからWorkspace ONE Accessへの証明書認証によるシングルサインオンを実現します。SCEPプロファイルによりAirWatch 認証局から発行される証明書をデバイスに配布します。Workspace ONE Accessの認証ポリシーも自動構成されます。

ウィザードの[モバイルシングルサインオン] > [構成]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

[使用を開始する]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

[続行]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

[構成を開始]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, メール 自動的に生成された説明

 

1〜6まで構成が進捗したら[完了]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, メール 自動的に生成された説明

 

[閉じる]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス 自動的に生成された説明

 

 

Hubサービスの構成

デバイスのWorkspace ONE Intelligent Hubに対し、様々なサービスを提供するHub サービスを構成します。サービスには以下のようなものがあります。

  • 統合アプリカタログ
  • 従業員へのワークフロー通知
  • 同僚や上長の検索
  • バーチャルアシスタント
  • 従業員セルフサービスのサポート

Workspace ONE Intelligent Hubは単なるMDMエージェントではなく、従業員の生産性を向上するために、様々な企業リソースへ簡単にアクセスするための[情報ハブ]として機能します。

ウィザードの[Workspace ONE Intelligent Hub] > [構成] をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

Hubサービスが表示されます。[起動]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, メール 自動的に生成された説明

 

Hubサービスが表示されます。[開始]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

Hubサービスのホーム画面が表示されます。右上の[WORKSPACE OEN UEMに戻る]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション, Web サイト 自動的に生成された説明

 

 

認証ソースの変更

Hubサービスを最大限に活用するため、認証ソースをWorkspace ONE Accessに変更します。

Hubサービス画面を下方にスクロールし、[認証ソース] > [構成] をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, メール 自動的に生成された説明

 

認証モード: [ベーシック]および[ディレクトリ]にチェックが入っていることを確認

Intelligent Hub の認証ソース: [WORKSPACE ONE ACCESS] を選択

[保存]をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション 自動的に生成された説明

 

最後に、AirWatch Cloud Connector (ACC)インストール時に要求されていたWindows Serverの再起動を行います。

 

 

今回の作業ではActive Directoryとの連携を行いました。またActive DirectoryからWorkspace ONE UEMへ、更にWorkspace ONE Accessへディレクトリユーザーやグループの連携設定を行いました。

 

次回はActive Directoryのドメインユーザーを、Workspace ONE UEM/Accessのディレクトリユーザーとして追加します。

関連記事