Horizon クラウド パートナー

VMware、IBMとのパートナーシップを拡張し、IBM Cloud上からVMware Horizon Airを提供

みなさま、こんにちは。VMware でエンドユーザーコンピューティングのプロダクト マーケティングを担当している本田です。
本日のブログでは、2016年6月14日(US時間)に発表されたVMware Horizon Air に関する発表についてご紹介します。発表内容は、日本語の抄訳プレスリリースをvmware.com/jp 上に掲載しておりますが、米国本社の EUC Blogの内容が分かり易いので、今回はその日本語版をみなさまにお届けします。それでは、日本語版ブログをお楽しみください。
By Courtney Burry
近年ますます多くの顧客が、ワークロードやサービスのクラウドへの移行に期待を寄せています。これはビジネスや財務面で理にかなっているだけでなく、全社にサービスを提供する際のスピード感や提供するサービスの範囲を向上できるためです。このため今年は、DaaS(Desktop as a Service)と呼ばれる「サービスとしてのデスクトップおよびアプリケーション」が大きく勢いを増すのは間違いないでしょう。実際のところ、調査会社のIDCは、DaaSの市場規模が2014年の3.76億米ドルから2019年には14億米ドルを超える規模に成長すると予想しています。[1]また、 VMwareでも同様の需要を見込んでいます。
2年程前、VMwareではVMware vCloud Air上でVMware Horizon Airサービスを開始することで、アプリケーション、デスクトップおよびディザスタリカバリ(DR)をクラウド上のホスティング サービスとして利用できるようサポートしてきました。また、すべての地域においてこのサービスの需要拡大を見込んでいます。
今回の発表により、Horizon Airの顧客はまもなくvCloud Airに加えてIBM Cloudを利用し、すべてのWindowsデスクトップ(Windows 10デスクトップを含む)や公開アプリケーションを、幅広いデバイスに配布できるようになります。
vm_ibm
「サビスとしてのデスクトップおよびアプリケーション」を利用しようとする顧客にとって、これは朗報であると考えています。以下に、何点かその理由を挙げます。

  1.  より多くのロケーションからVMware Horizon Airの利用が可能に

このパートナシップにより、今後VMware Horizon Airの顧客は、全世界46ヶ所に広がるIBM Cloudのデータ センターにアクセスできるようになる予定です。これにより、単一またはマルチサイトでの展開時に、Horizon Airの顧客が利用できるロケーションの範囲と領域が拡張されます。

  1. IBM Cloud接続へのアクセス

IBMクラウド データ センター間の10 GBのバックボーン ネットワーク接続により、VMware Horizon Airの顧客は、データ センター間でイメージ、デスクトップおよびアプリケーションの高速移動が可能になり、エンドユーザーの生産性を損なうことがありません。

  1. 従来通りの低費用

今回、VMwareは価格の変更を行いません。したがって、VMware Horizon Airの顧客は、VMwareのStandard、Advanced、Enterpriseエディションのデスクトップおよびアプリケーション サービスを、従来通りの低額な月額または年額でのサブスクリプションで利用できます。

  1. 最高のSLAに基づくアジャイル インフラストラクチャ

IBM Cloudでは、デスクトップ、アプリケーション サービスおよびキャパシティへの高速アクセスがサポートされるので、エンドユーザーは数分から数時間でオンライン接続が可能となります。またIBM Cloudでは、カスタム ハードウェアを使用することで、VMware Horizon Airデスクトップおよびアプリケーションを利用しようとする顧客のニーズに最も合うよう構成されたソリューションが提供されます。
私たちVMwareは、クラウド サービスによりモビリティを実現することが成功への道である、との顧客の声を数多く耳にしてきました。また、その実現のため、選択肢や柔軟性が増すことを希望する、とも顧客は述べています。今回のIBMとのさらなるパートナシップの強化は、まさに顧客にそのようなサービスを提供するためのものです。
[1] Source: International Data Corporation (IDC), Worldwide Virtual Client Computing Desktop as a Service-Enabling Software Forecast, 2015-2019; Robert Young and David Laing

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。