Thought Leadership NSX セキュリティ ネットワーク

ヴイエムウェア、 Interop Tokyo 2022「Best of Show Award」で VMware NSX Advanced Threat Prevention と VMware Telco Cloud が準グランプリを W 受賞

ヴイエムウェアは、6 月 15 日~7 月1  日にかけ、リアル&オンライン開催されるインターネットテクノロジーのイベント「Interop Tokyo 2022」で、審査委員会により決定されるアワードとして、セキュリティ(サービス)部門の VMware NSX Advanced Threat Prevention および 5G / ローカル5G部門の VMware Telco Cloud がいずれも準グランプリを受賞しました。

Best of Show Award 2022 は、Interop Tokyo 2022 の出展企業からエントリーされる選りすぐりの新製品を、有力メディア各社のキーマンと学術界の識者によって編成される審査委員会が審査し、「今年の一品」として決定されます。ヴイエムウェアがBest of Show Award 2022 で下記のソリューションで準グランプリを受賞しました。

 

 

セキュリティ(サービス)部門 準グランプリ:VMware NSX Advanced Threat Prevention

VMware NSX ATPは、FW, IDS, IPS, Sandbox, NTA, NDR など多様な脅威の検出に必要なネットワークセキュリティ機能群を備え、仮想基盤にエージェントレスでビルトイン。従来のネットワークセキュリティ対策では H/W 性能やコスト問題で困難だったゼロトラスト実現のための全仮想マシンやアプリケーションの網羅的な監視や、保護が可能になります。

これにより運用者負荷を軽減、悪意のあるアクティビティの効率的な検知、ラテラルムーブメントの阻止、AI による脅威の関連付けとフォレンジックの機能により、ネットワーク セキュリティ チームと SOC チームの連携を強化することができます。

 

VMware Telco Cloud は、次の3製品がファイナリストとしてノミネーションされ、ソリューション全体として統合した形で準グランプリの受賞となりました。

 

5G / ローカル5G部門 準グランプリ:VMware Telco Cloud Platform

VMware Telco Cloud Platform は、5G ネットワークを迅速にコスト効率良くデプロイ・運用するため、クラウドネイティブアプリ、マルチレイヤでの自動化に対応した、マルチクラウド共通基盤を提供します。CSPのデータセンタ、エッジ、パブリッククラウド上に展開されるモバイルコア・RAN 等の Workload リソースを一元的に管理するためのオーケストレーションを実現する事で、柔軟で効率性の高い運用を可能にします。

 

5G / ローカル5G部門 準グランプリ:VMware Telco Cloud Service Assurance

VMware Telco Cloud Service Assurance はCSPのNOC や SOC 向けに、5G コア、トランスポート、RANまで、複雑な仮想・物理インフラやサービスを監視・管理し、可用性の高いネットワーク運用を可能にします。物理環境、仮想環境、VNF、CNF の多層にわたる可視性を提供し、機械学習や AI ベースの分析、根本原因分析、影響分析をもとにしたクローズドループの自動化、修復機能を提供し、それらを一覧表示させることで運用効率が向上します。

 

5G / ローカル5G部門 準グランプリ:VMware RAN Intelligent Controller

VMware RAN インテリジェントコントローラー(RIC)は、O-RAN Disaggregation(SW と HW の分離)戦略の重要な部分であり、マルチベンダーの相互運用性、インテリジェンス、アジリティ、およびプログラム可能性を無線アクセスネットワークにもたらします。 RIC は、RAN の運用を大規模に自動化および最適化するアプリケーションのオンボーディングを可能にすると同時に、モバイルオペレータ様の総所有コスト(TCO)を削減し、加入者のエクスペリエンスの品質を向上させる革新的なユースケースをサポートします。

 

 

ヴイエムウェアは、これら業界をリードする製品やソリューションを通じて、日本企業がITインフラを簡素化するための SDDC の推進、それによる IT as a Service の実現を引き続き支援します。

 

ヴイエムウェアは、データセンタからマルチクラウドまで全方位対応するゼロトラストセキュリティを提唱しました。今日、高度化を続けるサイバー攻撃に対して、境界防御モデルが崩壊し、ゼロトラストに基づく具体的なセキュリティ対策を模索する企業や組織が増えています。一方でゼロトラスト実現のために複数のソリューションを後付け的に導入することでサイロが課題となり、新たなリスクも生まれています。DC やマルチクラウド、SaaS 時代にベストマッチし、このような課題に対応するより簡単、より迅速、よりスマートなセキュリティソリューションをコンセプトとして、「Interop Tokyo 2022」で VMware NSX Advanced Threat Prevention、VMware SASE、VMware Telco Cloud Platform を展示しました。

関連記事