Workspace ONE セキュリティ デジタル ワークスペース

Workspace ONE と Zscaler を連携!テレワークに必要なゼロトラストセキュリティを強化

みなさま、こんにちは。VMware の岩佐です。今回は、クラウドセキュリティソリューションを提供している ZscalerVMware Workspace ONE とのソリューション連携について、ご紹介いたします。

Zscaler について

Zscaler は、クラウドセキュリティソリューションを提供しているグローバルリーダーです。Zscaler Internet Access (ZIA)Zscaler Private Access (ZPA)Zscaler Client Connector (ZCC) を使用することで、認証・認可されたユーザーに、場所を問わず、どのデバイスからでも SaaS や企業内で管理されているアプリケーションに安全に接続する “Work from Anwhere” の環境を提供します。マルチテナントクラウドアーキテクチャ、高いスケーラビリティ、高速な SSL 検査処理、Office 365 に対するセキュリティと高い親和性などを有する、今最も注目されているソリューションのひとつです。

 

Workspace ONE と Zscaler の関係

Workspace ONEは、デバイスや場所を問わず、シンプルかつセキュアにあらゆるアプリケーションへのアクセスと管理を可能にすることで、理想的なテレワーク環境を実現するデジタルワーススペースの構築を強力に支援するプラットフォームです。Zscaler と同じようなビジョンを持っており、「この2つのソリューションは競合するのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には異なる価値を提供するものです。
昨今の IT プラットフォームは、「働く場所は社内から社外へ」「利用するシステムはオンプレからクラウドへ」「利用するデバイスの選択肢はより柔軟に」という変化とともに、PC/モバイルの統合エンドポイント管理 (UEM)アクセス管理 (IDaaS)、クラウドセキュリティへの対応も変化しています。具体的には、以下のような要件への対応が求められています。

  • 統合エンドポイント管理 (UEM)
    • デバイスが社外にあってもセキュリティ情報を常時収集・監視ができ、セキュリティパッチ適用やリモートワイプなど必要なセキュリティ対策を即座に行える
  • アクセス管理 (IDaaS)
    • ユーザーのアイデンティティ情報だけでなく、デバイス情報(企業の定めたポリシーに順守しているかなど)までをみてアクセス制御できる
  • クラウドセキュリティ
    • デバイスが社外にあっても個人のクラウドストレージへ企業ファイルのアップロードや、企業が許可した SaaS、Web サイト 以外へのアクセスをブロックできる

 

「統合エンドポイント管理」「アクセス管理」は Workspace ONE が、「クラウドセキュリティ」は Zscaler がその役割を担いますので、場所を問わない働き方を実現するソリューションとして、両ソリューションは”補完関係”にあります。

 

 

Workspace ONE と Zscaler の連携シナジー

また、両ソリューションを連携することで、それぞれの持つゼロトラストセキュリティの強化と利便性に関する以下のシナジーが生まれます。

 

<デモンストレーション動画>

動画1:①アプリ配信・②ユーザー認証(Windows 10)


動画2:①アプリ配信・②ユーザー認証(iPad)


動画3:①アプリ配信・②ユーザー認証(Android)


動画4:③アクセス制御(Windows 10)

 

場所を選ばない働き方を実現するには、クラウドセキュリティだけでなく、統合エンドポイント管理やアイデンティティ&アクセス管理を活用したゼロトラストセキュリティも不可欠です。Zscaler と Workspace ONE の連携は、これを支えるベストなソリューションとなっています。
今後の更なる Zscaler 社と VMware の連携に是非ご期待ください。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事