ラーニング

VCP – 同ソリューショントラック内での再認定

Click here for English Version.

VCP および VCAP (VCIX) の取得パス全体はこちら。

 

すでに VCP をお持ちの場合、再認定 (Re-certification) の方法を使って頂くことで、他の VCP を取得して頂くことが可能です。再認定は現時点で有効な全ての VCP の有効期限を更に 2 年間延長することが可能です。

 

今回は、同ソリューショントラック内での再認定の方法について説明します。

 

同ソリューショントラック内の新しいバージョンの VCP は、必須コースの受講や vSphere Foundation 試験を受けなくとも認定を受けることが可能です。保有している有効な VCP から 1 バーションまたは 2 バージョン上にアップグレードすることが可能です。ちなみに 2 バージョンアップグレードは最近追加された再認定方法です。下記が全体的なイメージです。

 

こちらのガイドラインとしては:

  • コース受講と vSphere Foundations 試験をスキップできる
  • 1 バージョンアップグレードは、同ソリューショントラック内で保有している VCP の次のバージョンを認定
  • 2 バージョンアップグレードは、同ソリューショントラック内で保有している VCP の 2 つ次のバージョンを認定
  • 3 バージョン以上のアップグレードは不可
  • 新しいバージョンの VCP 試験に合格することで再認定
  • DCV ソリューショントラックのみ、差分試験 (Delta Exam) の合格でも再認定

 

この方法で新しい VCP 資格を取得しますと、現在保有している VCP 資格も再認定され有効期限が延長されます。

 

もう少し違う例も紹介しますね。

 

下記の図は、VCP5-DCV から VCP6.5-DCV へ再認定する場合です。こちらは 2 バージョン内のアップグレードですので可能ですね。これによって保有している VCP の有効期限も更に 2 年延長されます。今回は DCV ソリューショントラックですので、通常の VCP 試験か 差分試験 (Delta Exam) を選択できますね。他のソリューショントラックには無いオプションとなります。

 

下記の図は、VCP4-DT から VCP6-DTM へ再認定する場合です。こちらも 2 バージョン内のアップグレードですので可能ですね。これも保有している VCP の有効期限が更に 2 年延長されます。今回は通常の VCP 試験を受験できますが、差分試験 (Delta試験) は選択できませんのでご注意ください。

 

下記の図は、2 バージョンを超えたアップグレードになってしまっているので、再認定が不可のケースですね。

 

それではまた次回!

(上記のパスや要件については、2018 年 7 月現在の情報です。予告なしに変更される場合がありますので、予めご了承ください。)

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。