vSphere ラーニング

vSphereエンジニア必須!vSphereのリソース管理を学ぶ

vSphere基盤をささえているHWのキャパシティ。年々向上していますが、
そのキャパシティ、十分使えてますでしょうか?VMware Educationでは
Optimize&ScaleというvSphere基盤の能力を最大限引き出すコースを
準備しています。

 

日々運用されている方のよくあるお悩み

  • 仮想マシンをもっと載せたいけど、どのように判断したらいいのか?
    →キャパシティを活用できてない
  • 日々の運用でパフォーマンス問題を予防的に検知したい
    →仮想化ならではの監視がわからない…
  • 実際のパフォーマンス問題が起きた際、迅速に解決したい
    →迅速な問題解決

 

物理基盤とvSphere基盤で大きく変わってくるのが仮想マシンに対する
”リソース配分”です。状況によって刻々とかわる…とてもすぐれた機能ですが、
その反面すこし経験と知識も必要です。

 

vSphere基盤を上手に運用するにはこのリソース管理を理解していることが
重要になってきます。Optimize & Scaleコースでは、肝となるこの
リソース管理を5日間にわたりみっちり学びます。

 

特にパフォーマンス系のお悩みに関しては、このリソース管理の知識が
しっかりしていれば解決できることも多くあり、vSphereエンジニアとして、
知っていると大きアドバンテージとなります。

 

対象となるエンジニア

vSphereのベース知識をもっており、もうすこし踏み込んだナレッジを
身に付けたいという方にはとてもあっているコースとなっております。

  1. vSphere基盤を運用している方
  2. vSphereの提案をされる方
  3. テクニカルサポートの方

等、vSphereに関わる多くのスキルアップに適しています。

もちろん、ICM受講やvSphereの経験(3年の経験が目安)が望ましいですが
認定インストラクターが受講者のレベルに応じてフォローします。

VCP-DCVの前提コースにもなります

 

ICMコースだけでなく本コースからも出題が多くなっております。
VCP-DCVをこれからとりたい!もしくは復帰したい!というかたにも
前提コースの1つとなっているOptimize & Scale はとてもおすすめです。
(VCP-DCV v6.5取得予定の方は Optimize & Scale v6.5をご受講ください)

 

スケジュール
2017/12/4-8:Optimize & Scale v6.5 五反田会場
2017/12/11-15:Optimize & Scale v6.0 駒沢会場

コース内容
VMware vSphere Optimize & Scale v6.0
VMware vSphere Optimize & Scale v6.5

お問い合わせ
VMware Education
japan-education@vmware.com

もしくは、VMware Educationパートナーさまにお問い合わせください

コメント

One comment has been added so far

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。