VMware Cloud on AWS クラウド クラウド運用・管理

VMware Cloud on AWSイベントの Slack への通知

VMware Cloud on AWS のイベント通知」では、vRealize Log Insight Cloud の「Content Pack」 を活用したイベント通知をご紹介しました。

今回は、このイベント通知を Slack へ送信する方法について解説します。

Slack と連携し VMware Cloud on AWS を効率的に運用管理する際に役立つ情報となります。

 

VMware Cloud on AWS のイベント通知について

VMware Cloud on AWS では、ログは vRealize Log Insight Cloud へ集約され、ユーザインターフェースからログの閲覧、イベントの管理、アラートの設定や通知などが行えるようになっております。

また、vRealize Log Insight Cloud の画面では、VMware Cloud on AWS ユーザ向けのダッシュボードやイベント、アラートが事前に Content Pack として登録されております。 これにより VMware Cloud on AWS ユーザは容易にイベントを E-mail または Webhook をベースとして Slack などのサードパーティ製品へ通知することが可能です。

本ブログでは、イベント通知を Slack へ送信する設定について解説します。

 

Slack へのイベント通知設定手順概要

イベント通知は下記のような流れで設定を行います。

最初に通知を受信する Slack チャネルIncoming Webhook を設定します。

次に vRealize Log Insight Cloud で、イベント通知のための下記設定 (1〜3) を行います。

これらイベント通知設定手順詳細は、こちらのドキュメントをご参照ください。

 

  1. 通知手段と宛先設定
    vRealize Log Insight Cloud の Webhook Configuration の画面にて設定を行います。
    Slack への通知手段は Webhook による通知となります。
    宛先(Endpoint)には、Slack チャネルの Incoming Webhook URL を設定します。(図1)
    通知内容は、Webhook Payload で JSON 形式で設定できます。
  2. 通知するイベントの設定
    Slack へ通知したいイベントの選択・設定は、vRealize Log Insight Cloud の Alert Definitions の画面にて行います。
    予め VMware Cloud on AWS 用に定義されているアラートを利用できます。
    また、新規に通知したいアラートを作成することも可能です。(図2)
  3. 宛先の選択
    2のアラート一覧で、通知したいアラートをクリックし、1 で設定したアラートの送信先にチェックを入れます。(図3)

 

Webhook Configuration の画面

図1 Webhook Configuration の画面

 

 

Alert Definitions の画面

図2 Alert Definitions の画面

 

 

宛先設定の画面

図3 宛先設定の画面

 

 

通知されたメッセージの確認

Slack には、図4のようにイベント通知が行われます。青い文字の部分はvRealize Log Insight Cloud の該当イベントへのリンクとなっており、クリックすることでログ内容の詳細を確認できます(図5)。 通知されたイベントは、VMware Cloud on AWS にてワークロードセグメントを作成した際のメッセージとなります。

Slack へ通知されたイベン

図4 Slack へ通知されたイベント

 

 

vRealize Log Insight Cloud 上でイベントの詳細の確認

図5 vRealize Log Insight Cloud 上でイベントの詳細の確認

 

 

まとめ

今回解説したように、vRealize Log Insight Cloud は、VMware Cloud on AWS の各種ログを解析し、イベントを Slack へ通知することで、皆様の環境に最適なクラウド運用を実現できます。

また、Slackだけでなく、Webhook を利用できるサードパーティ製品であればカスタムな通知が可能ですので是非ご利用をご検討ください。

 

関連情報リンク