Latest Posts

VCP-NVとNSX書籍

posted

2014年8月のVMworld USにて、ネットワーク仮想化の資格が発表されました。 VMware Certified Professional – Network Virtualization (VCP-NVP) VMware Certified Implementation Expert – Network Virtualization (VCIX-NV) VMware Certified Design Expert – Network Virtualization (VCDX-NV) があり、VCPレベルの資格がVCP-NVです。 一般的なL2スイッチングやL3ルーティング、vSphereのVSS、VDSを始め、NSXに関するインストールや設定、機能、運用、トラブルシューティング、VMware vCloud Networking and SecurityからNSXへのアップグレードまで、幅広い試験範囲となっています。 より詳細な情報は、 http://mylearn.vmware.com/portals/certification/ の [Network Virtualization] – [VMware Certified Professional – Network Virtualization(VCP-NV)] を選択すると、トレーニングコースや試験に関する方法が入手できます。 特に、[Download the Exam Blueprint] には、試験範囲と参考文献がまとめられています。 また、日本では11月にVMware社員有志によって、 「詳解VMware NSX ネットワーク仮想化の基礎と応用」 という本を出版しました。 書店での購入が可能です。NSXにご興味がある方も、もっとNSXを深く知りたい方にも、もちろん、VCP-NVを取得されたい方にもお役に立てるかと思います。 Read more...

Schuberg Philis Deploys VMware NSX

posted

Summary • Application Roll Out Reduced from Weeks to Minutes • VMware NSX Enables Better Agility, Flexibility and Security Recently I had the opportunity to speak with the team at Schuberg Philis about their successful, production deployment of VMware NSX. As background, Schuberg Philis is an innovative business technology company and an important player in the Read more...

OVS Fall 2014 Conference: Observations and Takeaways

posted

Last week we hosted the Open vSwitch 2014 Fall Conference, which was another great opportunity to demonstrate our continued investment in leading open source technologies. To get a sense of the energy and enthusiasm at the event, take a quick view of this video we captured with attendees. I’ve been thinking about the key takeaways Read more...

State of the State for Open vSwitch

posted

This week, VMware will be hosting the Open vSwitch 2014 Fall Conference, with more than 200 attendees and nearly two dozen talks on a variety of subjects from a key participants.  The full schedule is available here, and we’ll be doing a wrap up of some of the takeaways from the conference a bit later. Read more...

Automating a Multi-Action Security Workflow with VMware NSX

posted

This post was written by VMware’s John Dias, (VCP-DCV), Sr. Systems Engineer, Cloud Management Solutions Engineering Team, and Hadar Freehling, Security & Compliance Systems Engineer Specialist *** Through a joint effort with Hadar Freehling, one of my esteemed peers here at VMware, we co-developed a proof-of-concept workflow for a network security use case.  Hadar created a short Read more...

Using Differentiated Services to Tame Elephants

posted

This post was co-authored by Justin Pettit, Staff Engineer, Networking & Security Business Unit at VMware, and Ravi Shekhar, Distinguished Engineer, S3BU at Juniper Networks. ******************** As discussed in other blog posts and presentations, long-lived, high-bandwidth flows (elephants) can negatively affect short-lived flows (mice). Elephant flows send more data, which can lead to queuing delays for latency-sensitive mice. VMware Read more...

VMworld 2014速報: NSX 【ネットワーク仮想化】編!!

posted

皆様こんにちは。VMwareの進藤と申します。 昨年の VMworld では NSX の正式発表で大変盛り上がりましたが、今年の VMworld でもNSX 関係は大いに盛り上がっていました。基調講演では 、 マイクロ セグメンテーションによるデータセンタ ネットワークのセキュリティ向上のためにNSXを採用するケースが急激に増えており、キラーアプリケーション化している事が取り上げられていました。今年も50 以上の NSX 関連 Break Out セッションが開催され、NSX のハンズオンラボは昨年に引き続き今年も最も人気のあるハンズオンラボとなり、その関心度の高さを示す結果となっていました。 また、今回NSX 6.1 の新機能の発表もあり、Edgeルータでの等コストマルチパス(ECMP)ルーティングのサポート、DHCP Relayのサポート、vCloud Automation Center (vCAC) 6.1とのより密な統合、などが発表になりました。 今年のNSX関連の Breakoutセッションは、 NSX入門からルーティング、ファイヤーウォールなどの各種機能のDeep Dive、ユースケース紹介、3rdパーティ製品との連携、運用&トラブルシュート、さまざまなデモ、技術者認定資格、今後のNSXの方向性まで、非常に広範囲に渡っていましたのが印象的でした。 50以上あるセッションを一人で回るのは不可能でしたので、以下、私が参加したセッションのうちいくつかを簡単にご紹介したいと思います。 NET 1589 Reference Design for SDDC with NSX & vSphere こちらのセッションは vSphere環境でNSXを使う際の設計上のベストプラクティスとリファレンスデザインについての解説をしてくれるセッションでした。NSXをvSphere環境で使う際の設計上の考慮点について、これまでさまざまなお客様でNSXを導入した際の経験から得られた知見を元に、どのようにNSXを適用すべきかを解説してくれていました。具体的にはNSX Edgeをどのように配置すべきか、論理ルーティングのトポロジー、典型的な企業ネットワークとクラウドのようなマルチテナント環境でのトポロジー設計の違い、分散ファイヤーウォールを使ったマイクロ セグメンテーションの実現方法など、それぞれのシナリオにおいて最も適切と思われる設計指針を示してくれていました。もちろん実際にはお客様の要件に応じて 設計を変更する必要があるかもしれませんが、このようなリファレンスデザインが示されれば、 よりスムーズなNSXの設計とデプロイメントにつながるので大きな意義があると思います。  NET1674 Advanced Topics & Future Directions Read more...