Affiliate Blogs

Welcome to the VMware Affiliate blog stream, where over 1000 bloggers stream articles daily.

Featured Affiliate Blogs

自宅でオリジナル缶バッジを作成する方法

オリジナルのイラストや、スマートフォンやデジカメで撮影した写真データを元に、オリジナルの缶バッジを作成したいという方は多いです。きれいな仕上がりにしたいなら、オリジナルグッズ制作を行っている専門業者に依頼する方法がありますが、自分用に何個も作る必要がないという場合や、コストを抑えて手軽に作成したいという場合には自作する方法もあります。自分で缶バッジを作成する場合用意すべきなのが、100円均一ショップで販売されている「手作りくりみボタンキット」です。本来はボタンとして利用されているアイテムですが、くるみボタン用のキットでも裏に安全ピンを付けることできちんと缶バッジとして使用することが出来ます。 作り方はくるみボタンキット38ミリと缶バッジ用のイラストや写真、伸びるラベルを用意しておき、缶バッジにしたい画像データをくるみボタンキットのサイズに合わせて印刷し丸くカットしておきます。くるみボタンの土台となる金具に述べるラベルを少し引っ張り気味にして貼ると、シワがなく綺麗に作成することが出来ます。後は余ったラベル用紙を裏側に折り込んで打ち具に裏返しておき、その上に止め金をセットします。安全ピンの位置を考えて穴の向きを調整したら、打具をその上にセットして力を入れて押し込みます。 この時にカチッと音がすればしっかり金具がハマった合図なので、上から安全ピンを取り付けて完成です。初めて作るときにはシワが寄ってしまうことも多いですが、土台の金具に対して印刷したラベルが真ん中にくるように貼り付け、カーブ部分はゆっくり伸ばしながら貼ればシワができにくいです。

自宅でオリジナル缶バッジを作成する方法

オリジナルのイラストや、スマートフォンやデジカメで撮影した写真データを元に、オリジナルの缶バッジを作成したいという方は多いです。きれいな仕上がりにしたいなら、オリジナルグッズ制作を行っている専門業者に依頼する方法がありますが、自分用に何個も作る必要がないという場合や、コストを抑えて手軽に作成したいという場合には自作する方法もあります。自分で缶バッジを作成する場合用意すべきなのが、100円均一ショップで販売されている「手作りくりみボタンキット」です。本来はボタンとして利用されているアイテムですが、くるみボタン用のキットでも裏に安全ピンを付けることできちんと缶バッジとして使用することが出来ます。 作り方はくるみボタンキット38ミリと缶バッジ用のイラストや写真、伸びるラベルを用意しておき、缶バッジにしたい画像データをくるみボタンキットのサイズに合わせて印刷し丸くカットしておきます。くるみボタンの土台となる金具に述べるラベルを少し引っ張り気味にして貼ると、シワがなく綺麗に作成することが出来ます。後は余ったラベル用紙を裏側に折り込んで打ち具に裏返しておき、その上に止め金をセットします。安全ピンの位置を考えて穴の向きを調整したら、打具をその上にセットして力を入れて押し込みます。 この時にカチッと音がすればしっかり金具がハマった合図なので、上から安全ピンを取り付けて完成です。初めて作るときにはシワが寄ってしまうことも多いですが、土台の金具に対して印刷したラベルが真ん中にくるように貼り付け、カーブ部分はゆっくり伸ばしながら貼ればシワができにくいです。