Home > Blogs > VMware Japan End-User Computing Blog > Tag Archives: Android

Tag Archives: Android

AirWatchの基礎 第12回〜アプリケーションの割り当てと配信 Android版〜

AirWatchの基礎 12回〜アプリケーションの割り当てと配信 Android版〜

皆さん こんにちは。

前回は、iOSでのアプリケーション管理についてご紹介しましたが、今回はAndroidのアプリケーション管理についてご紹介します。ご存知の通り、iOS/Androidではアプリケーション管理の仕組みは異なり、またAndroidの提供ベンダーにより動作が違う事があります。今回は、一般的なAndroidでのアプリケーション管理についてご紹介します。

AndroidもiOS同様に、アプリケーションカタログ(App Catalog)を構成し、組織グループやユーザグループ等のグループに対して割り当てを行い、アプリケーション配信をする事が出来ます。

01

一般的なAndroidでのアプリケーション管理は、アプリケーションID(識別子)を事前に調べて登録して管理することになりますが、AirWatchではGoogle Playに公開されているアプリケーションの検索をコンソール内から行う事が出来るため、事前に準備する必要がありません。これは、iOSも同様で便利な機能です。

例えば、VMware Boxer(メールクライアント)のアプリケーションIDは、「com.boxer.email」となりますが、このIDを調べるには、Google Playで該当アプリを参照し、そのURLから確認することが出来ます。 VMware Boxer  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.boxer.email&hl=ja すなわち、Google Play URLにアプリケーションIDが含まれている事になります。

では、実際にAndroidのアプリケーション管理を見てみましょう。

AndroidでのAirWatch から展開できるアプリケーションの種類

  • 社内アプリケーション(企業がAndroid向けに開発したアプリケーション)

apkの拡張子ファイルを、AirWatchコンソールへインポートし、配信する事が出来ます。

  • パブリックアプリケーション(Google Playに登録されているアプリケーション)
  • ウェブアプリケーション(特定の URLへのショートカット)

*iOSの場合の購入済みアプリケーションは、Androidでは対象外となります。

アプリケーション管理の重要な概念

  • アプリケーションの配信の動作

Androidでパブリックアプリケーションをカタログに登録し配信する場合、配信モードや加入状態により動作が違い、以下4つのパターンに分類されます。iOSとの大きな違いは、アプリケーションの配信を行っても、メッセージ通知は行いますが、ポップアップされませんので注意が必要です。

1, 加入状態:加入時 配信モード:自動

加入プロセスの途中に対象アプリケーションがリストされ、利用者が手動でインストールボタンを押すとGoogle Playに移動してインストールを実行する事が出来ます。

利用者がスキップを行う事もでき、加入処理終了後に、Android OSのメッセージで“AirWatch 新しいインストール”と通知され、App Catalogでは処理中状態となっており、クリックでインストールを手動で行う必要があります。

2, 加入状態:加入後 配信モード:自動

Android OSのメッセージで“AirWatch 新しいインストール”と通知され、App Catalogでは処理中状態となっており、クリックでインストールを手動で行う必要があります。

02

3, 加入状態:加入時 配信モード:オンデマンド

加入プロセスの途中ではリストされない為、加入処理終了後に、利用者が手動でApp Catalogにアクセスし、”インストール”をクリックする必要があります。

4, 加入状態:加入後 配信モード:オンデマンド

App Catalogに追加はされますが、Android OSのメッセージ通知はありません。利用者が手動でApp Catalogにアクセスし、”インストール”をクリックする必要があります。

03

  • サイレントインストール

Androidで、アプリケーションをサイレントインストールしたい場合、Google社が提供するAndroid for Workの機能を利用する必要があります。Android for Workは、会社支給のデバイス全体を管理するWork Managedと個人所有のデバイスをBYOD(Bring your own device)として、デバイスの一部を会社領域として利用するWork Profileの2つのモードがあります。このAndroid for Workを利用する事で、Google Playから社内アプリケーション*1およびパブリックアプリケーションをサイレントインストールする事が出来ます。Android for Workの詳細は、Google社サイトでご確認ください。

または、社内アプリケーションについては、AirWatchの基礎 第6回〜Androidデバイス利用の為の初期設定とデバイス加入〜のコラムで紹介した、サービスアプリケーションに対応したデバイスであれば、可能となります。

*1 Google Play for workに社内アプリケーションを登録し、利用管理者が認証する事で、パブリックアプリケーションと同様にアプリケーションのサイレントインストールが可能となります。詳細は、myAirwatchサイトにありますVMware AirWatch Integration with Android for Workドキュメントを参照ください。

パブリックアプリケーションをApp Catalogへの登録

アプリケーションの登録には、アプリとブック>アプリケーション>リスト表示>パブリックから、”アプリケーションの追加”で行う事が出来ます。

プラットフォーム:Android

ソース:アプリストアを検索

名前:検索キーワード

として、次へを選択すると、Google Playから候補のアプリケーションがリストされます。

今回のケースの場合は、「VMware Browser」を”選択”します。

04

”アプリケーションを追加” の ”詳細”から、必要項目を変更

05

“割り当て”の項目より、割り当てするグループの指定

06

アプリ配信方法の“自動”または“オンデマンド”の選択

07

必要に応じて、データ保護防止機能を有効にする事が出来ます。

08

“保存して公開”を選択して、アプリケーションを配信します。

まとめ

Androidのアプリケーション管理および動作は、加入状態や管理モード等によって違いますので、利用用途や目的にあった選択が必要となります。また、提供ベンダーによって動作が違う場合がありますので、まずはフリートライアルで採用予定のデバイスで事前に検証頂く事をお勧めいたします。

本ブログの内容は情報提供のみを目的としたもので、VMwareとしての正式な見解ではありません。また、モバイル製品の特性上、アップデート等が早い為、記載内容の動作・仕様が予告なく変更される事があります。最新の情報は、myAirwatchポータルサイトよりマニュアルをご参照ください。 myAirwatchへこちら

 

AirWatchの基礎 第6回〜Androidデバイス利用の為の初期設定とデバイス加入〜

AirWatchの基礎 第6回〜Androidデバイス利用の為の初期設定とデバイス加入〜

皆様、こんにちは。

前回は、iOSデバイス利用の為の初期設定や加入についてご紹介しましたが、今回はそのAndroidについてご紹介致します。

デバイス管理では、AndroidもiOS同様にプッシュ通知が必要となります。iOSであればAirWatchの基礎 第4回でご紹介した通り、Apple Push Notification Service(以下、APNs)となりますが、AndroidではGoogleが提供するGoogle Cloud Messaging(以下、GCM)を利用する事になります。AirWatchコンソールでは、デフォルトでGCMが有効になっており、APNsのように事前設定は必要ありません。

設定の確認 デバイスとユーザ > Android > エージェント設定 より “無効”である事を確認

01

Androidの場合、GCMの代わりにAirWatchが提供するプッシュ通知のAirWatch Cloud Messaging(以下、AWCM)を利用する事が出来ます。AWCMは、GCMを包括的に置き換えるものとして、リアルタイムのデバイス管理ステータス確認とコマンド配信を提供し、次のような環境で利用する事も出来ます。

・Googleアカウントで設定できないデバイス

・内部ネットワーク通信に限定されたデバイス

・公共のインターネットアクセスのない装置

例えば、ある特定のインハウスアプリケーションを外部と遮断されたインターナルネットワークの中だけで利用する場合、GCMへのアクセスは出来ない為、AWCMを利用して管理する事が出来ます。(AWCMを含む、AirWatch関連コンポーネントをオンプレミスで構成する必要があります。)

Androidデバイスの加入

Android デバイスでも、基本的な加入の概要については前回のiOSでご説明した以下4つに変わりはありません。

①加入手続き

②加入処理

③AirWatchへ加入

④加入後処理

それでは、Androidで最も一般的な加入方法をご紹介させて頂きます。

・加入方法:エージェント

・加入情報:AirWatch接続サーバとグループID情報およびユーザ情報

  1. AirWatch接続サーバのグループID情報の確認

AirWatch接続サーバは、AirWatchコンソールへログインした際のサーバURLとなり、”xxx.awmdm.jp”となります。

グループIDは、AirWatchコンソールの上部のタブにマウスカーソルを配置すると、参照する事が出来ます。*フリートライアルでは、ご登録した会社名をベースに、自動生成されています。

02

AirWatch接続サーバ: xxx.awmdm.jp

グループID:ACORP

ユーザ情報:登録したユーザおよびパスワード

  1. エージェントの入手とインストール

1.Google Play ストア から “AirWatch mdm agent”で検索しダウンロード・インストール

2.次のURLから検索し、Apple Storeへ移動してダウンロード・インストール

https://awagent.com/

android1

  1. 加入手続き

1.エージェントを起動

2.サーバ詳細情報を選択

3.ユーザ情報入力

android2

  1. 加入処理

1.利用規約で、”承認”を選択

2. “続行”を選択

3. “続行”を選択

android3

4. “有効にする”を選択

5.デバイスの設定状況によって提供元不明のアプリの有効化を要求される事がありますが、ステップに従って勧めてください。

6. “続行”を選択

android4

7. OEM Service Kitのインストールが要求され “インストール”を選択
※ OEM Service Kit は、Android デバイスの管理機能を拡張する AirWatch の追加アプリです。
AirWatch は、Android デバイスの各 OEM と連携して、追加の機能を実現しています。
詳細については、最下部に後述するコラムをご覧ください。

8. “有効にする”を選択

9. “続行”を選択

android5

  1. 加入後処理

1. “終了”を選択、予め定義されているプロファイルやアプリケーション等が自動配信の設定をされている場合は、加入後処理されます。(フリートライアル開始直後では、特に設定されていませんので、加入後処理は行われません)

2. エージェントを起動し、状態を確認する事が出来ます。

android6

  1. 加入後のAirWatchコンソールからの確認

左のメニューから“デバイス”>“リスト表示”で加入されたデバイスを参照する事が出来ます。また、該当デバイスをクリックしてドリルダウンすると、デバイスの詳細情報が確認できます。

android8

まとめ

今回は、Androidデバイス利用する為の初期設定についてご説明しましたが、ご覧頂いた通りAndroidでは特に設定は必要なくすぐにご利用頂く事が出来ることがわかりました。次回は、クエリー、ロック、企業情報ワイプ、デバイスワイプ等のMDM基本操作についてご説明致します。ご期待ください。

コラム

最近、日本でも多くの法人のお客さまが社内用デバイスとして、Androidをご採用されるケースが増えてきております。皆様もご存知の通り、Androidは多くのベンターより提供されております。このコラムでは、各ベンダーが提供しているOEM サービスアプリケーションについてご紹介いたします。

通常のAndroidデバイスは、Google社のAndroid OSをベースに開発/製造されており、AirWatchをはじめとするMDMベンダーは、Android OSが提供している標準APIを元に管理を行っております。Androidデバイス製造各社は、他社との差別化の為にデバイスレベルもしくはOSレベルで機能拡張を行っておりますが、拡張された機能は当然標準APIで制御する事が出来ない為、製造元より拡張APIが提供されます。その拡張APIのモジュールをOEMサービスアプリケーションと呼ばれており、多くのベンダーはGoogle Playより入手する事が出来ます。AirWatchの場合、デバイス加入時にGoogle Play経由で自動的にインストールされるベンダーもあります。

主なベンダー(順不同) Samsung,LG,Lenovo,HTC,Moto,MX,Panasonic,Amazon,Nook,Sony,Intel,ASUS,Bluebird

主な拡張機能の例

・Bluetooth/NFC/WiFi/USB/SD等のデバイス管理機能の拡張

・画面構成や標準アプリケーションの制御

・アプリケーションのサイレントインストール

・リモート管理機能の拡張

拡張機能の対応確認は、AirWatchコンソールの各種設定から確認する事が出来ます。

04

詳細は、VMware AirWatch Android Platform Guideを参照ください

本ブログの内容は情報提供のみを目的としたもので、VMwareとしての正式な見解ではありません。また、モバイル製品の特性上、アップデート等が早い為、記載内容の動作・仕様が予告なく変更される事があります。最新の情報は、myAirwatchポータルサイトよりマニュアルをご参照ください。 myAirwatchへこちら