Home > Blogs > VMware Japan End-User Computing Blog > 「Akira Kitamura」タグアーカイブ

Akira Kitamura」タグアーカイブ

ちょっとした技術的な TIPs のご紹介 (2018.01)

みなさん、こんにちは。VMwareでパートナー様を担当させて頂いております SE の北村です。

今年最初のブログは、End User Computing Blog への投稿となります。

1. GPU (Graphics Processing Unit) カードの認定について
2. Unified Access Gateway for Hyper-V?

では、それぞれについて記載していきます。

 

1. GPU (Graphics Processing Unit) カードの認定について

VMware として認定作業はしていませんが、サーバIOデバイスなどと同様に以下の HCL が存在しています。この HCLも、他の HCL 同様に、グラフィックボード・ベンダー様が認定テストをされた結果を弊社にご連絡頂き、HCL に掲載しています。

Shared Pass-Through Graphics (いわゆる vGPU の事)
Virtual Dedicated Graphics Accerarator (いわゆる vDGAの事)
Virtual Shared Graphics Accerarator (いわゆる vSGAの事)

Horizon (View) 7 v7.3 の製品マニュアルだと、以下が該当する節 (章は ”デスクトップ プールの構成”) になります。

デスクトップ用の 3D レンダリングの構成

また、vSphere 6.5 の新機能として、vSphere HA で NVIDIA GRID vGPU が構成された仮想マシンのサポートがされるようになりましたが、現時点 (本ブログ公開時点:2018/01/31) で、NVIDIA GRID vGPU が構成された仮想マシンでのvMotion はサポートされていませんので、ご注意ください (将来的に対応を予定しています)。

参考情報
VMware vSphere 6.5 の新機能 テクニカル ホ ワイト ペーパー
What’s New in VMware vSphere 6.5 TECHNICAL WHITE PAPER

 

2. Unified Access Gateway for Hyper-V?

Horizon (旧 View) で提供されていた Security Server (以下、SS)、現在も提供されていますが、それと並行して、Horizon 6 バージョン 6.2 から SS の代わりに Unified Access Gateway (以下、UAG) という同等の機能を提供する製品をリリースしています(以前は、Access Point という名称でしたが、バージョン 2.9 から UAG に名称変更しています)。

SS や UAG は、いずれも、DMZ に配置し、外部ネットワークから内部ネットワークへの接続に対してプロキシの役割を提供します。それぞれの製品のインストールや構成については、該当するバージョンの製品マニュアルをご参照ください。

VMware Horizon 7 のマニュアル・ページ
Unified Access Gateway のマニュアル・ページ

 

今回お伝えしたいのは、UAG 3.0 から、UAG のインストール先として ”Hyper-V のサポート” を表明している点です。

UAG 3.0 はリリースノートに;

=== UAG 3.0 のリリースノートより抜粋 ===
Hyper-V のサポート
vSphere の代替ハイパーバイザーとして Microsoft Hyper-V をサポートすることで、Unified Access Gateway のデプロイの柔軟性を高めます。現在 Hyper-V は、VMware Tunnel の使用事例に対してのみサポートされています。
==================================

UAG 3.1 と UAG 3.2 は製品ドキュメントの「Unified Access Gateway システムとネットワークの要件 (UAG 3.1UAG 3.2)」に;

=== UAG 3.1 と 3.2 の製品ドキュメントより抜粋 ===
Windows Hyper-V Server を使用する場合のハードウェア要件
Unified Access Gateway を AirWatch アプリケーション単位のトンネル デプロイに使用する場合、Unified Access Gateway アプライアンスを Microsoft Hyper-V Server にインストールすることができます。

サポートされる Microsoft サーバは Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2016 です。
==================================

それぞれ記載されています。

へ~、と思われるかも知れませんが、実は少々トリッキーでして、サポートされるのは、前述の通り、VMware Tunnel  (AirWatch が提供するアプリを安全かつ効率的に企業内ネットワークへ接続させる仕組み) と一緒に使用する場合のみに限定されています (VMware Tunnel の最新版のオンライン・ヘルプはこちらをご参照ください)。

その為、この Hyper-V 上に展開可能な UAG の OVF ファイルは、My VMware (通常、VMware 製品のバイナリは My Vmware から入手頂く事になりますが) ではなく、My AirWatch からの入手となり、バイナリを入手する権限をお持ちである必要があります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。今回は以上となります。またの機会をお楽しみに。

 

ちょっとした技術的な TIPs のご紹介 (2017.11)

みなさん、こんにちは。VMwareでパートナー様を担当させて頂いてますSEの北村です。

今回も Horizon に関連した次の 2点について、End User Computing Blog に投稿したいと思います。

1. Graphics Acceleration in View Virtual Desktops in Horizon 7 テクニカル ペーパーについて
2. Windows 10 に対する Horizon のサポートに関連するKB (Knowledge Base) について

では、それぞれについて記載していきます。

 

1. Graphics Acceleration in View Virtual Desktops in Horizon 7 テクニカル ペーパーについて

最近、CAD on VDI 関連で、Horizon 7 ベースのテクニカル ペーパーが公開されました。今回のテクニカル ペーパーは、Horizon 6 ベースのテクニカル ペーパーとの入れ替えでの公開をなっています。内容としては、vSGA、vGPU、vDGA といったグラフィック アクセラレーションの種類の説明や、インストール、構成、および、セットアップについての説明、また、トラブルシューティングについても触れていますので、是非、ご参照ください。

Graphics Acceleration in View Virtual Desktops in Horizon 7

 

2. Windows 10 に対する Horizon のサポートに関連するKB (Knowledge Base) について

最近、Horizon での Windows 10 関連のお問い合わせを頂く事が多くなってきたので、その際にもお伝えした KB を4つほど、ご紹介します。

 

1つ目は、Horizon がサポートする Windows 10 オペレーティングシステムと言う事で、以下の KB を公開しています。下記、KB では、Horizon 6 と Horizon 7 (細かなバージョンは KB を参照してください) がサポートしている Windows 10 オペレーティングシステムのサービス オプション (CB や CBB など)、バージョン (1507、1703 など)、および、エディション (Enterprise、Professional など) についてご確認頂けます。 Windows 10 を Horizon の仮想デスクトップのオペレーティングシステムとして選択される際は、是非、参考にして頂きたい KB です。

Supported versions of Windows 10 on Horizon 7 Including All VDI Clones (Full Clones, Linked Clones, Instant Clones) (2149393)

参考情報:Windows 10 のリリース情報

 

2つ目は、Windows 10 の最新サービス オプションへの対応についての KB です。1つ目でご紹介した KB 2149393 内にも Windows 10 1709 ASC の記載はありますが、個別で、こちらの KB も公開しています。

Tech Preview Support for VMware Horizon 7.3.2 and Windows 10 1709 Semi-Annual Channel (SAC) Guest OS (000051518)

 

3つ目ですが、Windows 10 オペレーティングシステムを異なるバージョンへアップグレードする事 (例:1511 CBB から 1607 CBB へ) は出来ますが、その際の推奨事項という事で次の KBを公開しています。Horizon のフル クローン、リンク クローンやインスタント クローンの Windows 10 のマスターVMをアップグレードする必要がある場合は参考にしてください。

Upgrade Requirements for Windows 10 Operating Systems (2148176)

 

4つ目は、Windows 10 のみの情報ではなく、仮想デスクトップとしてサポートされている全てのオペレーティングシステムに対して、Horizon Agent が提供している機能のサポート マトリックスを KB として公開しています。USBや、クライアント ドライブのリダイレクションなど、Horizon Agent でサポートされている機能と、それを利用可能な仮想デスクトップのオペレーティングシステムのマトリックスを確認頂けます。

Feature Support Matrix for Horizon Agent (2150305)

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。今回は以上となります。またの機会をお楽しみに。

 

ちょっとした技術的な TIPs のご紹介 (2017.10)

みなさん、こんにちは。VMwareでパートナー様を担当させて頂いてますSEの北村です。

今回も前回に引き続き、Horizon に関連した次の 3点について、End User Computing Blog に投稿したいと思います。

1. Horizon のライセンス混在について
2. Horizon の各コンポーネントがサポートしている上限数について
3. Horizon のネットワーク ポート ダイアグラムについて

では、それぞれについて記載していきます。

 

1. Horizon のライセンス混在について

以前のブログで ”Horizon のライセンス・カウント” について記載した事があります。その中で、CCU (同時接続ユーザー) と Named User (指定ユーザー) のライセンスは同一環境での混在利用が出来ない点について触れさせて頂きましたが、今一度、Horizon のライセンス混在について、今回のブログにてお伝えしたいと思います。

Q. CCU ライセンスと Named User ライセンスを同じ環境に混在させる事はできますか?
A. CCU ライセンスと Named User ライセンスを同じ環境に混在させる事はできません。この場合の同じ環境とは、vSphere (vCenter Server および ESXi) を共有する環境を指しています。CCU ライセンス、Named User ライセンス、それぞれのライセンスを利用する場合、必ず、Connection Server、View Composer (利用する場合)、および、vSphere (vCenter Server および ESXi) は別々の環境を使用する必要があります。

Q. Horizon Standard、Advanced、および、Enterprise ライセンスを同じ環境に混在させる事はできますか?
A. Horizon Standard、Advanced、および、Enterprise ライセンスを同じ環境に混在させる事はできません。この場合の同じ環境とは、vSphere (vCenter Server および ESXi) を共有する環境を指しています。Horizon Standard、Advanced、および、Enterprise ライセンス、それぞれのライセンスを利用する場合は、必ず、Connection Server、View Composer (利用する場合)、および、vSphere (vCenter Server および ESXi) は別々の環境を使用する必要があります。

どうでしょう。今回お伝えしたかったのは、CCU と Named User と言ったライセンス使用モデルが異なる場合も、Horizon のエディションが異なる場合も、それぞれのライセンスを同じ環境で混在させて利用する事はできない、という事です。Horizonの異なるライセンス種別を混在させて利用する事が可能と思われている方も少なくないと思いますので、ご注意ください。

 

2. Horizon の各コンポーネントがサポートしている上限数について

みなさん、以下の KB (Knowledge Base) はご存知でしょうか?

  • VMware Horizon 7 Sizing Limits and Recommendations (2150348)
  • VMware Horizon 7 のサイズ制限と推奨事項 (2150945)

上記は、Horizon 7 環境においてのサイジングの制限と推奨事項について記載している KB です。この KBでは、ESXi および仮想マシンのストレージ制限、デスクトップ、および、RDSH セッションの制限、接続サーバ (Connection Servers)、Unified Access Gateway という点で、サイジングの参考となる数値について記載していますので、Horizon 7 環境を構築される際は、是非、参考にして頂きたい KB です。

 

3. Horizon のネットワーク ポート ダイアグラムについて

今回は続けて、もう1つ KB をご紹介します。

  • Network port diagram for VMware Horizon View 7.x (2144830)
  • VMware Horizon View 7.x のネットワーク ポート ダイアグラム (2145514)

上記の KB 内で添付されている vmware-horizon-7-view-network-ports-diagram.zip を展開した PDF ファイルは、Horizon 7 の各コンポーネントが使用する通信プロトコル、および、ポート番号が記載されたネットワーク ポートの図解です。外部、DMZ、内部のネットワークで、Horizon の各コンポーネントがどのように通信をしているのかを理解するのにとても参考になると思います。

また、英語のみの提供となりますが、KB より更に詳細な情報が記載されたテクニカルペーパー:Network Ports in Horizon 7 も参考になると思います。

 

注意:
今回もいくつか KB をご紹介させて頂いてますが、これらの KBですが、オリジナルの英語版に更新が入っても、ローカライズ版に更新が反映されなかったり、ローカライズ版の更新が遅れたりする場合が多々ありますので、日本語版 (もローカライズ版の1つになります) は参考情報という扱いでご参照頂きたく存じます。

 

今回お伝えした内容は、ここ最近、立て続けに色んな方面からお問い合わせ頂いたので、広くお伝えした方がいいかなと思いブログにさせて頂きました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。今回は以上となります。またの機会をお楽しみに。

 

ちょっとした技術的な TIPs のご紹介 (2017.07)

みなさん、こんにちは。VMwareでパートナー様を担当させて頂いてますSEの北村です。

今回も前回に引き続き、Horizon に関連した次の 2点について、End User Computing Blog に投稿したいと思います。

1. Horizon 7 Agent をインストールすると RDP 接続できなくなる?
2. View Storage Accelerator (ホスト キャッシュ機能) とは?

では、それぞれについて記載していきます。

 

1. Horizon 7 Agent をインストールすると RDP 接続できなくなる?

Horizon 7 から TLS v1.0 がデフォルトで無効になるため、Horizon 7 Agent をインストールすると RDP 接続が出来なくなるという事象が発生します。以下の Microsoft の Hotfix を適用することで RDP 接続が出来るようになります。この、Microsoft の Hotfix は、Horizon Agent をインストールする OS と、Horizon Client を使用する OS の両方に適用する必要があります。

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 で TLS 1.1 および TLS 1.2 の RDS サポートを追加するのに更新します

この件に関しては、以下の KB (Knowledge Base) が公開されているので、ご存知の方も多いのではないかと思いましたが、地味にハマるポイントな気がしたので、今回のブログでピックアップしました。

Cannot connect to view desktop using RDP Client (KB 2145313)

また、Horizon Client for Linux で xfreerdp を使っている場合の KB (英語と日本語がありました) も公開されていましたので、該当する方は KB を参考に対処頂ければ、RDP 接続が出来るようになります。

Unable to connect to Horizon 7 desktops from Horizon Client for Linux using xfreerdp (KB 2144852)
xfreerdp を使用して Linux 版 Horizon Client から Horizon 7 デスクトップに接続することができない (KB 2145526)

 

2. View Storage Accelerator (ホスト キャッシュ機能) とは?

View 5.1 から提供されている View Storage Accelerator (ホスト キャッシュ機能)、vSphere上に搭載されるメモリに共通でアクセスされるデータをキャッシュする事で、複数の仮想デスクトップが同時に起動する際などのピーク時の IOPS を削減する仕組みなのですが、この機能は、vSphere 5.0 (厳密には vSphere 5.0 Update1) から内部的に実装している ESXi ホストの CBRC (Content Based Read Cache) を使用しています。

この CBRC は、vSphere 側の機能なのですが、この機能を利用出来るのは、Horizon (View 含む) のみの為、vSphere 側の情報 (ドキュメントなど) としては特に説明されていません。それもあり Hidden Feature (隠し機能) と表現される場合もありますが、図1のように ESXi ホストのシステムの詳細設定で、関連する設定項目を確認する事ができます。

図1:システムの詳細設定

そう言えば、CBRCですが、ESXi側で認識されるライセンス名は ”vSphere View Accelerator” です。しかし、同じ機能の事なのに色々な名前があると言うのも考え物ですね (笑)。これには、開発コード名、機能名、製品名など、その機能が世に出るまでに内部で使われるな呼称が複数あるので致し方ない事なのですが。。。

では、CBRCはvSphereのどのエディションでも有効な (隠し) 機能なのでしょうか?

この答えは、Web Client でライセンスに付与される製品機能を表示する画面で確認できます。図2 (vSphere Standard) と、図3 (vSphere Enterprise Plus) は、それぞれのエディションで、該当する Web Client の画面をキャプチャーして、見やすく加工したもので、”vSphere View Accelerator” を赤枠で囲ってみました。

図2:vSphere Standard ライセンス       図3:vSphere Enterprise Plus ライセンス

図を見てわかる通り、”vSphere View Accelerator” は、vSphere Enterprise Plusにのみ付与されています。

Horizonとしてライセンスを購入した際は、vSphere Enterprise Plus の機能が使える vSphere for Desktop (仮想デスクトップ専用のvSphere Enterprise Plus のライセンス) が付与されていますので、View Storage Accelerator も利用可能という事になります。

参考情報
テクニカル ホワイトペーパー:
View Storage Accelerator in VMware View 5.1 – Leveraging the Content-Based Read Cache in VMware vSphere™ 5.0 within VMware View 5.1 –
Horizon 7 v7.2 ドキュメント:
Configure View Storage Accelerator for vCenter Server

 

文中でも触れましたが、今回、お伝えした内容も、日々の活動の中で、広くお伝えした方がいいかなと思う点を今回もピックアップしてブログにさせて頂きました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。今回は以上となります。またの機会をお楽しみに。

ちょっとした技術的な TIPs のご紹介 (2017.06)

みなさん、こんにちは。VMwareでパートナー様を担当させて頂いてますSEの北村です。

今回は、Horizon に関連した 2点について、End User Computing Blog に投稿したいと思います。

1. Horizon 環境で NVIDIA GRID で vGPU を利用する際にサポートされる Direct X について
2. Horizon で仮想デスクトップの画面サイズを固定する方法について

では、それぞれについて記載していきます。

 

1. Horizon 環境で NVIDIA GRID で vGPU を利用する際にサポートされる Direct X について

Horizon の仮想デスクトップでは、3D グラフィックス レンダリングを構成できますが、Virtual Shared Graphics Acceleration (vSGA)、Virtual Dedicated Graphics Acceleration (vDGA)、または、共有 GPU ハードウェア アクセラレーション (NVIDIA GRID vGPU) などを活用できます。

それらでサポートされる Direct X のバージョンには若干の違いがあります。vSGA や Soft 3D では DirectX 9 のみのサポートとなりますが、vGPU や vDGA は、NVIDIA社のドライバをゲストOS にインストールして使用しますので、DirectX のフル機能は使え、サポートされるバージョンは DirectX 9/10/11 です。

上記は NVIDIA 社のホームページから入手できる 「NVIDIA GRID VGPU DEPLOYMENT GUIDE FOR VMWARE HORIZON 6.1」 ドキュメントの P.10 の 「2.5 SUPPORTED GRAPHICS PROTOCOLS」 に 「Full DirectX 9/10/11」 との記載で確認頂けます。

上記、NVIDIA 社のドキュメントは以下のNVIDIA社のサイトで必要事項を入力して入手する事ができます。

GRID vGPU Deployment Guide

 

2. Horizon で仮想デスクトップの画面サイズを固定する方法について

Horizon で仮想デスクトップへ接続すると、通常、画面サイズはアクセスしたクライアントのモニター・サイズに合わせて自動的にサイズ調整が行われます。

これは、これで、Horizon の便利な機能の1つではあるのですが、使用する状況によっては 「画面サイズを固定したい」 と言う場合もあるかと思います。

Horizon では、少し限定的となりますが、画面転送プロトコルで PCoIP を使用して、Windows 版 Horizon Client からアクセスする場合、Horizon Client の GPO にある “Locked Guest Size” を設定する事で、仮想デスクトップの画面解像度を設定 (固定) できます。

詳細は以下のドキュメントの P.46 の 「表 3 4. VMware Horizon Client 構成テンプレート:スクリプトの定義 (続き)」 に記載されていますので、ご確認ください。

VMware Horizon Client for Windows の使用 Horizon Client 4.4

上記は、最新の Horizon Client の日本語ドキュメントですが、この GPO を利用するには、Horizon Client のバージョンは 3.1 以降である必要がありますので、ご注意ください。

参考情報:
以下は弊社のサイトで公開している情報ではないので、あくまでも参考情報となりますが、上記、GPO に関連した Registry について記載しています。

Group Policy Administrative Templates

 

今回、情報量としては少なめでしたが、End-User Computing Blog に久しぶりに投稿させて頂きました。お伝えした内容は、日々の活動の中で、広くお伝えした方がいいかなと思う点を今回もピックアップしてブログにさせて頂きました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。今回は以上となります。またの機会をお楽しみに。