posted

0 Comments

Click here for English Version.

VCP および VCAP (VCIX) の取得パス全体はこちら。

 

VCP に新規で取得する方は、まずは必須コースを受講して頂き、その後 vSphere Foundations 試験、VCP 試験を受験という流れになります。下記がステップの全体像です。

 

VCP 新規取得のステップとしては:

  1. 必須コースの受講
    • 必須コースに使用可能なリストは、各資格のウェブページをご覧ください
    • コースは ILT (インストラクター対面型)、ライブオンライン、オンデマンドの方式を選択可能です。各コースの提供方法をご確認ください。
  2. vSphere Foundations 試験
    • vSphere Foundations 試験は v6.0 と v6.5 がありますが、どちらの受験でも大丈夫です。
  3. VCP 試験
    • それぞれの資格取得に必要な試験を受験してください。
    • VCP-DCV の資格には、Delta 試験と呼ばれる差分試験がありますが、こちは新規取得には使用できません。

上記の 3 ステップは、VCP-DCV, DTM, CMA, そして NV に当てはまります。

 

VCP-DW については例外で、vSphere Foundations 試験は必須ではありません。こちらは他のソリューショントラックと比較して 2 ステップにて取得可能です。必須コース受講後、すぐに VCP 試験に望めます。

 

最後に、VCP は 2 年間の有効期限があります。

2 年後には失効してしまいますので、それまでに再認定を行い有効期限を延ばして頂ければと思います。

 

それではまた次回!

(上記のパスや要件については、2018 年 7 月現在の情報です。予告なしに変更される場合がありますので、予めご了承ください。)