Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog > タグ別アーカイブ: アップグレード

タグ別アーカイブ: アップグレード

vSphere 5.5へのアップグレード

vSphere 5.5 へのアップグレードについて その2 ~ ESXi 編 ~

全2回でお送りする vSphere 5.5へのアップグレードに関するブログ、その2はESXi編です。
その1 vCenter Server編はこちら

前回お伝えした通り、vSphereのアップグレードには、以下の段階的な工程があります。 Upgrade Step
今回は、ステップ3〜5についてお伝えしていきます。

 

ステップ3(ESXi) のポイント:

  • ESXi 5.5のハードウェア要件については、[vSphereのアップグレード]のドキュメントの[ESXiのハードウェア要件] を必ず参照して下さい。特にハードウェアの[VMwareの互換性ガイド]は必ず確認してください。以前のバージョンが動作したから5.5でも動作するだろう、と憶測するのは危険です。その他、ESXからESXiへアップグレードする際の注意点や、必要な事前確認項目の詳細については、[ホストのアップグレードの準備]を参照してください。
  • ESXi5.5へのダイレクトアップデートが可能なのは、ESX/ESXi 4.0以上です。ESX/ESXi 3.5からのアップグレードを実施する場合は、1度ESX/ESXiを4.xへアップグレードする必要があります。
  • ESXiの構成が比較的シンプル、かつホストの台数が少ない場合には、アップグレードではなく新規インストールのほうが適している場合があります。
  • 実際のアップグレードでは、CD/DVD/USBを使用する方法や、スクリプトによるアップグレード、vSphere Update Managerを使用する方法などがあります。それぞれの詳細については、[ESXi5.5のアップグレードのオプション]を参照してください。
  • esxcliコマンドを使用してESXiをアップグレードする場合は、VIB、イメージプロファイル、およびソフトウェアデポについて理解している必要があります。これらの詳細については、[VIB、イメージプロファイル、およびソフトウェアデポ]を参照してください。
  • ホストが複数台あり、かつクラスタ環境であれば、アップグレード対象のホスト上から仮想マシンをvMotionで移動させ、ホスト上で仮想マシンが稼働していない状態にしてからESXiのアップグレードを実施する、ローリング・アップグレードを推奨します。ローリング・アップグレードを実施することで、アップグレードに伴うダウンタイムを回避することができます。またUpdate Managerを使用すると、自動的にローリング・アップデートが実施されます。
  • vSphere Install Components

 

ステップ4(仮想マシン) のポイント:

  • vSphereのアップグレートにおいて、仮想マシン側でアップグレードが必要となるのは、①VMware Tools と、②仮想マシンのハードウェアバージョン の2点です。
  • ①VMware Tools や ②仮想マシンのハードウェアバージョン の互換性や、その他アップグレードの詳細については、[仮想マシンのアップグレード]を参照してください。
  • vSphere Install Components
  • 必ず ①VMware Tools のアップグレードを先に実施し、次に ②仮想マシンのハードウェアバージョン をアップグレードしてください。
  • これらのアップグレードは、実際には任意ですが、常にESXiと互換性がある中での最新バージョンにしておくことを推奨します。

 

ステップ5(VMFS) のポイント

  • VMFS-3とVMFS-5の相違点については、[VMFS5 の VMFS3 との相違点]を参照してください。
  • VMFS-5からVMFS-3へのダウングレードはできません。
  • VMFS-5へのアップグレード後は、ESX/ESXi5.0以前のバージョンからはアクセスできなくなります。
  • VMFS-3からアップグレードされたVMFS-5データストアと、新規作成もしくはフォーマットされたVMFS-5データストアでは、仕様が異なる部分があります。詳細は[VMFSデータストアのアップグレード] を参照してください。
  • アップグレードの方法としては、ストレージを準備し、新しい VMFS-5 データストアを作成して、既存の仮想マシンを Storage vMotion で新しい VMFS-5 データストアへ移行する方法を推奨します。
  • VMFS-5へのアップグレードは、vSphere Web ClientやvSphere Clientから、オンラインのまま実施することも可能です。
  • vSphere Install Components

vSphere 5.5へのアップデート、第2回はステップ3(ESXi)とステップ4(仮想マシン)、ステップ5(VMFS)についてご紹介しました。vSphere環境のアップグレードは、作業前の事前確認と事前準備が重要です。繰り返しになりますが、アップデートに際しては必ず[vSphereのアップグレード]ドキュメントをご一読ください。

vSphere 5.5 へのアップグレード

vSphere 5.5 へのアップグレードについて その1 ~ vCenter Server 編 ~

2014年5月21日に vSphere 4.x(vCenter Server 4.x、および、ESX/ESXi 4.x)のジェネラル サポートが終了となります(詳細は、弊社ウェブサイトのVMware サポートポリシー販売終了(エンド オブ アベイラビリティ)タブにある製品のライフ サイクル マトリックス(PDF)を参照してください)。

そこで、2回にわたり「vSphere のアップグレード」のドキュメントの参照ポイントについてご紹介します。

アップグレードを計画する上で、最初に行う必要があるのは、既存のハードウェアや関連ソフトウェア(特に vCenter Server や Update Manager で利用しているデータベース) が vSphere 5.5 でサポートされているかを確認する事です。

それぞれ以下のサイトで確認の上、必要な場合は、ハードウェアのリプレイス (32bit CPU を搭載したサーバの場合) や、関連ソフトウェアのアップグレードを行ってください。その後、vSphere 5.5 へのアップグレード作業を開始してください。

 

vSphere のアップグレードには次の様な段階的な工程があります。
Upgrade Step

ステップ1(vCenter Server) のポイント:

ステップ2(Update Manager)のポイント:

  • Update Manager を使用している場合、vCenter Server を 5.5 にアップグレードした後に、Update Manager も 5.5 へアップグレードする必要があります。詳細は「vSphere のアップグレード」のドキュメントの「Update Manager のアップグレード (サブトピック含め)」を参考にしてください。
  • Update Manager の使用権はvSphereに含まれており、ESX/ESXi ホストへのパッチ適用、および、アップグレード、仮想マシンの VMware Tools、および、仮想ハードウェア バージョンのアップグレードの管理が可能で、手作業でのパッチ適用やアップグレードを実施する際の人的ミスを回避するのに非常に有益な製品です。今までご使用になられていない場合は、vSphere 5.5 へのアップグレードを期に 、是非、Update Manager の新規導入もご検討ください。
  • Update Manager

 

今回は、ステップ1(vCenter Server)とステップ2(Update Manager)の「vSphere のアップグレード」のドキュメントの参照ポイントについてご紹介しましたが、アップグレードに際しては必ず「vSphere のアップグレード」ドキュメントを事前にご一読される事をお勧めします。

次回は ~ vSphere ホスト (ESXi) と仮想マシン編 ~ として、ステップ3からステップ5の「vSphere のアップグレード」のドキュメントの参照ポイントについてご紹介する予定です。

SSO の構成とアップグレード方法について

今回はvCenter Server Single-Sign-On (以下SSO と記載します。)の構成とvSphere 5.0 以前の環境からのvCenter Server (以下vCenter )のアップグレード方法について概要をご説明します。vSphere 5.5 より実装されるSSO2 については今後記載させていただきますが、本エントリではあくまでvSphere 5.1 で実装されたSSO について記載させていただきます。
SSO は下記の3つの構成でデプロイすることができます。

1.シングルモード (基本デプロイ)

シンプルな構成ですが、冗長性はありません。

図1. シングルモード

2.高可用性モード (高可用性デプロイ)

複数のSSO インスタンスでクラスタを構成しますが、SSO 用のDB は共有します。
この構成では、フロントにロードバランサを配置する必要があります。

図2. 高可用性モード

3.マルチサイトモード (マルチサイトデプロイ)

複数のSSO クラスタ (またはSSO 単体)をマルチサイトに配置する構成です。
SSO 用のDB は各サイト毎に配置しますが、SSO 用のDBは手動でレプリケーションを行う必要があります。
この構成では、高可用性モードと同様にフロントにロードバランサを配置する必要があります。

図3. マルチサイトモード
 vSphere 5.0 以前の環境からアップグレードする際はこれらの構成のうち、シングルモード(基本デプロイ)の構成となります。
もし、これまでの情報(ユーザ情報、クラスタ構成情報、パフォーマンスなど)を引き継がないで新規でvCenter を構築する場合はシングルモード以外の構成をとることができます。
vSphere 5.0 以前の環境からアップグレードする場合、アップグレード前の条件にもよりますが、大きく2つの方法があります。

方法1. SSO をvCenter と同じシステム上にインストールし、vCenter をin-place upgradeする方法

in-place upgrade とは既存のvCenter をインストールしたままアップグレードする方法のことです。vCenter のユーザとしてローカルOSアカウントを使用している場合には、この方法では、異なるシステム上のローカルアカウントはSSOサーバでは認証できないので、vCenter のインストールされているサーバ上にSSO をインストールします。

図4. 方法1 ローカルOS認証からのアップグレード概要

図5. 方法1 Active Directory認証からのアップグレード概要

方法2. SSO とvCenter を異なるシステムにインストールし、vCenter をin-place upgrade する方法

vCenter のユーザとしてローカルOSアカウントを使用している場合には、この方法では、ローカルOS もしくは SSO DB 上にユーザを作り直します。このため、vCenter 上でパーミッションを再設定することになり、旧ローカルユーザはvCenter から削除されます。削除されたユーザ情報はtempディレクトリ上に保存されます。(%TEMP%\deleted_vc_users.txt)

図6. 方法2 ローカルOS認証からのアップグレード概要
 vCenter のユーザとしてActive Directory のユーザアカウントを使用している場合は、SSO はActive Directory アカウントを常に認証できるので、vCenter と異なるシステム上にSSO を構築することができます。vCenter とSSO は異なる方が可用性が向上します。

図7. 方法2 Active Directory認証からのアップグレード概要
 アップグレードを作業行う前に、既存環境のバックアップを取得します。次に既存の環境がvCenter 5.1のインストール前提を満たしているかどうかを確認します。vCenter 5.1のインストーラに含まれているユーティリティ VMware vCenter Host Agent Pre-Upgrade Checker を使用しても良いのですが、Flings で公開されているvCenter 5.1 Pre-Install Check Script が問題のある箇所の詳細も表示されて便利です。

具体的なアップグレードの手順については、マニュアル vSphereのアップグレード をご参照ください。Knowledge Base に記載の情報も事前にチェックされることをお薦め致します。

なお、日本語環境で vCenter 5.1 から vCenter 5.1.0b へのアップグレードは、コマンドラインからSSO をインストールする必要があります。(http://kb.vmware.com/kb/2037976