Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog > 作成者別アーカイブ: Shinichi Tanabe

作成者別アーカイブ: Shinichi Tanabe

V2V! Hyper-V上の仮想マシンをvSphere環境に移行する方法

皆様こんにちは。
本エントリでは、ブログ[仮想化への移行]シリーズの第一弾として、VMware vCenter Converter Standalone(以下Converter)を利用した、Hyper-V環境からvSphere環境への仮想マシンのV2V(Virtual to Virtual)での移行方法についてお伝えしていきます。

[仮想化への移行]シリーズ
・はじめに
-移行計画、準備段階でのポイント
• V2V (Virtual to Virtual)
– VMware vCenter Converter Standaloneを利用した他の仮想化製品フォーマットから VMware vSphere 環境への移行←本エントリ
• P2V (Physical to Virtual)
VMware vCenter Converter Standalone を利用した物理サーバ (Linux) から VMware vSphere 環境への移行
• I2V (3rd Party Image/Backup Tool to Virtual)
3rd Party Image/Backup Tool から VMware vSphere 環境への移行
• V2C (Virtual to Cloud)
– VMware vSphere 環境から VMware vCloud Air への移行←Comming soon!!

 

事前の確認さえ怠らなければ、Converterを使用したV2Vの作業はそれほど難しいものではありません

-事前準備-
1)   Converterを入手しましょう!

ConverterはMy VMwareのアカウントさえ作成すれば、どなたでもダウンロード可能です。My VMwareのアカウント作成方法はこちら。 Converterのダウンロードページはこちら

converterDL

2)   ドキュメントを確認しましょう!

Converterの公式ドキュメントは、主にUser’s GuideとRelease noteです。こちらから参照できますので、できるだけ確認しておきましょう。英語で心が折れそう…という方のために(私もですが)、この先の作業でドキュメントのどこを確認すれば良いかは、できるだけお伝えしていきます。

Converter関連のKBもいくつか出ていますが、以下のKBについては事前にご確認いただくことを推奨します。
VMware Converter の使用とトラブルシューティングに関するベスト プラクティス (1033253)

 

3)   Converterをインストールしましょう!

Converterを作業用のWindows端末にインストールします。
ConverterをインストールできるOSは、こちらのRelease note内、[Platforms]の項に記載があります。

注意 : Windows Server 2008 R2のHyper-V上に存在する仮想マシンをV2Vしたい場合に、ペアレントOSであるWindows Server 2008 R2に直接Converterをインストールしないでください。作業の途中で、Converter agentの送り込みに失敗する場合があります。

converterinst

4)   Converterでの移行がサポートされるゲストOSを確認しましょう!

こちらのUser’s Guide内、[Supported Operating Systems]に対応するOSの一覧がありますので、移行対象の仮想マシンのOSがConverterでサポートされているか、事前に確認しておきましょう。Windows ServerであればR2やSPxxの部分までしっかりと確認が必要です。

 

それでは、実際の移行作業をご説明します。
作業自体は 、こちらのブログにあるようなP2Vの方法とほとんど同じですが、Hyper-V上の仮想マシンを移行する場合には2パターンの方法があります。

①移行元として、Hyper-Vを指定する方法
②移行元として、Hyper-V上のパワーオン仮想マシンを直接指定する方法
①、②について、これから解説していきます。

 

①移行元として、Hyper-Vを指定する方法

こちらのUser’s Guide内の [Supported Source Types]の[Hyper-V Server virtual machines]に記載のあるものは、Hyper-Vを指定する方法が使えます。

主な注意点としては
・Hyper-V上の移行対象仮想マシンがパワーオフ状態であること(コールドクローン)
・本エントリの執筆時点では、Converterが対応しているハイパーバイザーはWindows Server 2008 R2 のHyper-Vのみであること
・移行対象の仮想マシンは、事前にIPをDHCPに設定しておくこと(移行後に非表示のデバイスがIPを保持してしまうことがあるため)
等が挙げられます。2008 R2以外のHyper-V上で動作している仮想マシンを移行したい場合は後述する②の方法、または今後リリース予定のI2Vブログを参考にしてください

それでは、①の作業を見ていきましょう
STEP1: 移行対象の仮想マシンがパワーオフ状態であることを確認します

2008Hyper-V

STEP2: 作業端末上でConverterを起動し、Convert Machineをクリックします

ConverterOpe01

STEP3: 移行元を指定します。ここで、Select source typeから [Hyper-V Server] を選択し、Hyper-VのペアレントOSであるWindows Server 2008 R2のIPを指定します。ホスト名で指定することも可能ですが、上述のKBにも記載のある通り、DNS関連の不要なトラブルを回避するためにIPを指定しましょう

ConverterOpe02 ConverterOpe03

STEP4: 移行完了後にConverter agentを自動で削除するか、手動で削除するかを選択します。特に理由がなければ、自動での削除を選択しましょう。Nextをクリックすると移行元のWindows Server 2008 R2に対して、Converterがagentを送り込みます。ここでagentの送り込みに失敗する場合は、こちらのKBを確認してみてください

agentpush

 

STEP5: 対象のHyper-V上に存在する仮想マシンの一覧が表示されますので、移行したい仮想マシンを選択します。パワーオン状態の仮想マシンは選択できません

ConverterOpe05

STEP6:  移行先となるESXi (ESXiがvCenterの管理下に存在している場合はvCenter)のIP、ユーザ名、パスワードを入力します

ConverterOpe06STEP7: Security Warningが出た場合は、[Ignore]をクリック

ConverterOpe07STEP8: 移行先で仮想マシン名を変更したい場合は、[Name]に新しい仮想マシン名を入力します

ConverterOpe08STEP9: 移行先のESXiが複数のデータストアを持っている場合は、ここで仮想マシンのデータストアを選択します

ConverterOpe09STEP10: 移行のタイミングで仮想マシンのディスクサイズや割り当てるCPU数、メモリサイズ等を変更したい場合は、[Edit]から変更することができます

ConverterOpe10

 

STEP11: 最後に確認画面が出ますので、[Finish]を選択すれば実際の移行が始まりますConverterOpe11STEP12: 移行の状況は、Converterの画面上で確認できます。もしここで移行に失敗する場合は、VMwareのKBでエラーメッセージ等を調べてみてください

ConverterOpeP07

STEP13: 移行が完了すればESXi上に仮想マシンが見えていますので、仮想マシンをパワーオンしてみましょう

vSphere1STEP14: 仮想マシンをパワーオンすると、ドライバをインストールするOSの処理が開始されますので、完了を待ってから、1度仮想マシンを再起動しておきましょう

以上で①移行元として、Hyper-Vを指定する方法の解説は終了となります!

 

 

②移行元として、Hyper-V上のパワーオン仮想マシンを直接指定する方法

こちらの方法では、Hyper-V上のパワーオン状態の仮想マシンを移行対象として直接指定します。
移行対象の仮想マシンを[物理サーバ]と見なして、P2V (Physical to Virtual)とまったく同じ手順で移行を実施します。
パワーオン状態で仮想マシンを移行することをホットクローンと呼びます。ホットクローンについての説明はこちらのブログに説明がありますが、重要なポイントとして、OS は起動していますが基本的には利用者にサービスを提供したまま移行を継続できるといった機能ではないという点にご注意下さい。

それでは、②の作業を見ていきましょう。作業の大半は①の方法と同じです。

STEP1: 移行対象の仮想マシンがパワーオン状態であることを確認します。

2012

 

STEP2: 作業端末上でConverterを起動し、Convert Machineをクリックします。

ConverterOpe01

STEP3: Select source typeで[Powered-on machine]を選択し、移行対象の仮想マシンが持っているIPとユーザー名、パスワード、OS種別を入力します。

ConverterOpeP01

STEP4: 移行完了後にConverter agentを自動で削除するか、手動で削除するかを選択します。特に理由がなければ、自動での削除を選択しましょう。Nextをクリックすると移行対象の仮想マシンに対して、Converterがagentを送り込みます。ここでagentの送り込みに失敗する場合は、こちらのKBを確認してみてください。

agentpush

 

ここから先の手順は、上述の①移行元として、Hyper-Vを指定する方法内のSTEP6以降とまったく同じなので、そちらを参照してください。

 

いかがでしたでしょうか? Converterを使用すれば、このように簡単にHyper-V上の仮想マシンをvSphere環境に移行することができます!
次週以降で、下記の[仮想化への移行]シリーズを投稿していきますので、こちらもお楽しみに!

[仮想化への移行]シリーズ
・はじめに
-移行計画、準備段階でのポイント
• V2V (Virtual to Virtual)
– VMware vCenter Converter Standaloneを利用した他の仮想化製品フォーマットから VMware vSphere 環境への移行←本エントリ
• P2V (Physical to Virtual)
– VMware vCenter Converter Standalone を利用した物理サーバ (Linux) から VMware vSphere 環境への移行
• I2V (3rd Party Image/Backup Tool to Virtual)
– 3rd Party Image/Backup Tool から VMware vSphere 環境への移行
• V2C (Virtual to Cloud)
– VMware vSphere 環境から VMware vCloud Air への移行←Comming soon!!

やってみよう! VMwareの製品をダウンロードしてみよう

本日は3つのエントリをポストします。

やってみよう! VMwareの製品をダウンロードしてみよう (本エントリ)
やってみよう! 初めての無償版ESXi
やってみよう! vSphere on VMware Player

全てやってみると、誰でも、無償で、PC上で仮想環境を構築できるようになっています。是非お試し下さい!

 

VMwareは企業向けの各種有償製品の他にも、VMware PlayerやvSphere Hypervisor等の様々な製品を無償で提供しています。また有償製品についても、試用版として期限付きでお使い頂けるものがあります。本エントリではそれらの製品の入手方法についてご紹介していきます!

まずはMy VMwareにアカウントを作成します。

リンク先から[登録]をクリックして、お名前とメールアドレスをご記入ください。123

所属している企業がVMwareとパートナー契約を結んでいる場合は[VMwareのパートナーですか]に”はい”を選択してください。

[続行]をクリックすると登録情報のフォームに移動しますので、必須項目を記入した後に[My VMware利用条件]をご確認の後、[利用条件に同意]にチェックを入れて[続行]をクリックしてください。

2

3

ご登録のメールアドレス宛に[My VMware: Activate your account]という題のメールが届きますので、メール本文内の[Activate Now]をクリックしてください。

4

 

パスワード入力画面に移動しますので、登録フォームにてご登録いただいたパスワードを入力して[Continue]をクリックしてください。5

 

これでアカウントの作成は完了です!

ここから無償で製品をダウンロードするには、[ダウンロード]から[評価版及び無償製品]をクリックしていただくと、

6 評価版、または無償版が用意されている製品の一覧のページに移動します。

一覧から、お好きな製品をダウンロードしてお試しください。
※一部の製品のダウンロードについては、 [登録]をクリックして、追加の質問に答えて頂く必要があります。

8

以上でVMware製品のダウンロード準備は完了です。
是非ともVMwareの提供する様々な製品をお試しください!

 

※本エントリは2014年5月15日現在の情報を基に執筆されています。

やってみよう! 初めての無償版ESXi

本日は3つのエントリをポストします。

やってみよう! VMwareの製品をダウンロードしてみよう
やってみよう! 初めての無償版ESXi  (本エントリ)
やってみよう! vSphere on VMware Player

全てやってみると、誰でも、無償で、PC上で仮想環境を構築できるようになっています。是非お試し下さい!

 

このエントリでは、今まで一度もVMwareの製品を触ったことが無い方を対象に、最も基本的なサーバ仮想化製品であるVMware vSphere Hypervisor(ESXi)を無償で試していただく方法をご紹介します。

これからVMwareの仮想化製品を触り始める方から、「ESXiとvSphereってっどう違うの?」というご質問をよく受けるのですが、ESXiは物理サーバに直接インストールして仮想サーバ構築のベースを提供する製品、vSphereはESXiを含んだサーバ仮想化のパッケージ製品です。

まずは無償のVMware vSphere Hypervisor(ESXi)を入手しましょう。
※製品版のvSphere ESXiも、60日間は無償で試用することができますが、ここでご紹介させて頂く無償版ESXiには60日の期限がありません。

こちらからMy VMwareにログインします。
My VMwareのアカウントをお持ちでない方は、こちらのエントリを参考にアカウントを作成しましょう!

ログイン後に、[ライセンスとダウンロード]から、以下2つのイメージをダウンロードして下さい。初めて本製品をDLする方は、[登録]というボタンが表示されていますので、[登録]から追加の質問にご回答ください。
・ESXi 5.5 Update 1 ISO image (Includes VMware Tools)
・VMware vSphere Client 5.5 Update 1
※2014年5月時点での最新イメージです
ESXiはサーバにインストールする製品。vSphere ClientはWindows PC等の操作端末にインストールして使用する、ESXiにアクセスするためのソフトウェアです。

また[ライセンス情報]に掲載されている[ライセンスキー]を控えておいてください。こちらが無償版ESXiのライセンスキーとなります。

2-1

DLが完了したら、操作端末にVMware vSphere Clientをインストールしておきましょう。

次に、DLしたESXiのiSOイメージをインストールしていきます。
ESXiは本来サーバにインストールする製品ですが、VMware Workstation(有償)やVMware Player(無償)、VMware Fusion(有償)を使うことで、サーバだけでなくWindows PCやMac OSX上にESXiをインストールすることも可能です。

※Nestedの説明と、VMware Fusionを使用したMacへのインストール方法についてはこちらの記事を参考にしてください。
※無償版VMware Playerを使用したWindowsへのインストール方法についてはこちらの記事を参考にしてください。
※VMware Workstationを使用したWindowsへのインストール方法についてはこちらのKBを参考にしてください。

 

ここでは物理サーバにESXiをインストールしていきます。
DLしたESXiのiSOイメージをCDメディアに書き込み、インストール先のサーバにセットしてください。

ESXiの初期設定は非常に簡単です、初期設定方法及び仮想マシンの作成方法はこちらのドキュメントを参照してください。

上記ドキュメントを参考にESXiの初期設定が完了したら、端末にインストールしたvSphere Clientを使ってESXiにアクセスしてみましょう。vSphere Clientを起動して、ESXiに設定したIPアドレスもしくはドメイン名と、ユーザ名、パスワードを入力します。

2-2

ログインに成功すると、以下のような画面が表示されます。

2-3

これでESXiを使ったサーバ仮想化の準備は完了です!

上記のドキュメントを参考に、実際に仮想マシンを作成してみましょう!

やってみよう! vSphere on VMware Player

本日は3つのエントリをポストします。

やってみよう! VMwareの製品をダウンロードしてみよう
やってみよう! 初めての無償版ESXi
やってみよう! vSphere on VMware Player (本エントリ)

全てやってみると、誰でも、無償で、PC上で仮想環境を構築できるようになっています。是非お試し下さい!

 

本エントリでは、無償で使えるVMware Playerを使って、PC上にvSphere環境を構築する方法をご紹介してきます。

ここでご紹介する、ハイパーバイザー(VMware Player)上に仮想マシンを構築し、構築した仮想マシンにハイパーバイザー(ESXi)をインストールして使う方法を”Nested(ネステッド)”と呼びます。Nestedの説明はこちらのブログを参照してください。

まずはVMware Playerを入手しましょう。
My VMwareのこちらのサイトからVMware Playerの最新版をダウンロードします。
My VMwareのアカウントをお持ちでない場合は、こちらのエントリを参考にアカウントを作成してください。

9

ダウンロードが完了したら、PCにVMware Playerをインストールしてください。

ここから、VMware Player上にESXiをインストールする方法をご紹介してきます。
無償版ESXiの入手方法は、こちらのエントリを参考にしてください。

VMware Playerを起動すると以下の画面が表示されますので、新規仮想マシンの作成を選択してください。

10

[インストーラディスクイメージファイル]を選択し、ESXiのiSOファイルを指定します。[次へ]をクリックします。

11

 

仮想マシン名と、仮想マシンの実体を保存するフォルダを指定して[次へ]をクリックします。

12

 

この仮想マシンが持つディスクの容量指定と、そのディスクの実体をWindows上で単一のファイルにするか、複数のファイルに分割するかを選択して、[次へ]をクリックします。

13

 

仮想マシンに割り当てる仮想CPUの性能や仮想メモリのサイズを変更したい場合は、[ハードウェアをカスタマイズ]から設定をおこないます。ESXi5.5のインストールには、少なくとも2つの仮想CPUと4Gのメモリの割り当てが必要です。[完了]をクリックすると、仮想マシンへのESXiのインストールが始まります。

14

インストール画面です。

16

 

これで”Nested”のESXiの構築は完了です!
ESXiの初期設定、仮想マシンの作成方法についてはこちらのドキュメントを参照してください。

vSphere 5.5へのアップグレード

vSphere 5.5 へのアップグレードについて その2 ~ ESXi 編 ~

全2回でお送りする vSphere 5.5へのアップグレードに関するブログ、その2はESXi編です。
その1 vCenter Server編はこちら

前回お伝えした通り、vSphereのアップグレードには、以下の段階的な工程があります。 Upgrade Step
今回は、ステップ3〜5についてお伝えしていきます。

 

ステップ3(ESXi) のポイント:

  • ESXi 5.5のハードウェア要件については、[vSphereのアップグレード]のドキュメントの[ESXiのハードウェア要件] を必ず参照して下さい。特にハードウェアの[VMwareの互換性ガイド]は必ず確認してください。以前のバージョンが動作したから5.5でも動作するだろう、と憶測するのは危険です。その他、ESXからESXiへアップグレードする際の注意点や、必要な事前確認項目の詳細については、[ホストのアップグレードの準備]を参照してください。
  • ESXi5.5へのダイレクトアップデートが可能なのは、ESX/ESXi 4.0以上です。ESX/ESXi 3.5からのアップグレードを実施する場合は、1度ESX/ESXiを4.xへアップグレードする必要があります。
  • ESXiの構成が比較的シンプル、かつホストの台数が少ない場合には、アップグレードではなく新規インストールのほうが適している場合があります。
  • 実際のアップグレードでは、CD/DVD/USBを使用する方法や、スクリプトによるアップグレード、vSphere Update Managerを使用する方法などがあります。それぞれの詳細については、[ESXi5.5のアップグレードのオプション]を参照してください。
  • esxcliコマンドを使用してESXiをアップグレードする場合は、VIB、イメージプロファイル、およびソフトウェアデポについて理解している必要があります。これらの詳細については、[VIB、イメージプロファイル、およびソフトウェアデポ]を参照してください。
  • ホストが複数台あり、かつクラスタ環境であれば、アップグレード対象のホスト上から仮想マシンをvMotionで移動させ、ホスト上で仮想マシンが稼働していない状態にしてからESXiのアップグレードを実施する、ローリング・アップグレードを推奨します。ローリング・アップグレードを実施することで、アップグレードに伴うダウンタイムを回避することができます。またUpdate Managerを使用すると、自動的にローリング・アップデートが実施されます。
  • vSphere Install Components

 

ステップ4(仮想マシン) のポイント:

  • vSphereのアップグレートにおいて、仮想マシン側でアップグレードが必要となるのは、①VMware Tools と、②仮想マシンのハードウェアバージョン の2点です。
  • ①VMware Tools や ②仮想マシンのハードウェアバージョン の互換性や、その他アップグレードの詳細については、[仮想マシンのアップグレード]を参照してください。
  • vSphere Install Components
  • 必ず ①VMware Tools のアップグレードを先に実施し、次に ②仮想マシンのハードウェアバージョン をアップグレードしてください。
  • これらのアップグレードは、実際には任意ですが、常にESXiと互換性がある中での最新バージョンにしておくことを推奨します。

 

ステップ5(VMFS) のポイント

  • VMFS-3とVMFS-5の相違点については、[VMFS5 の VMFS3 との相違点]を参照してください。
  • VMFS-5からVMFS-3へのダウングレードはできません。
  • VMFS-5へのアップグレード後は、ESX/ESXi5.0以前のバージョンからはアクセスできなくなります。
  • VMFS-3からアップグレードされたVMFS-5データストアと、新規作成もしくはフォーマットされたVMFS-5データストアでは、仕様が異なる部分があります。詳細は[VMFSデータストアのアップグレード] を参照してください。
  • アップグレードの方法としては、ストレージを準備し、新しい VMFS-5 データストアを作成して、既存の仮想マシンを Storage vMotion で新しい VMFS-5 データストアへ移行する方法を推奨します。
  • VMFS-5へのアップグレードは、vSphere Web ClientやvSphere Clientから、オンラインのまま実施することも可能です。
  • vSphere Install Components

vSphere 5.5へのアップデート、第2回はステップ3(ESXi)とステップ4(仮想マシン)、ステップ5(VMFS)についてご紹介しました。vSphere環境のアップグレードは、作業前の事前確認と事前準備が重要です。繰り返しになりますが、アップデートに際しては必ず[vSphereのアップグレード]ドキュメントをご一読ください。