Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog


第 3 回 かゆいところに手が届く、vSphere 7/vSAN 7最新情報!【HPE】

みなさんこんにちは!

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)の橘孝祐(たちばなこうすけ)です。

前回vSphere 構成を組むうえでのハードウェア要件として意外な注意ポイントである「ブートデバイス」についてご紹介しました。

今回は vSAN 7.0 の HPE サーバー対応状況と認定構成である vSAN ReadyNode 構成の紹介、そしてファームウェアやドライバのチェック方法についてご紹介いたします。

Backnumber

第1回 VMware vSphere 7待ちに待った メジャーアップデート速報!【HPE】

第2回 vSphere 7.0 時代のESXiブートデバイスの選び方【HPE】

第3回 vSAN はファームウェアとドライバのチェックを忘れずに!!【HPE】

■ vSAN 7.0 対応 HPE ハードウェア

vSAN には、VMware 社から認証されている vSAN ReadyNode 構成と、認証 Component を組み合わせる Build Your Own 構成があります。

ここでは、vSAN ReadyNode 構成をメインにご紹介します。HPE では、vSAN 7.0 に対応した多数の vSAN ReadyNode 構成を展開しており、7/6時点で171件もの構成が認定されています。

対応サーバーの種類としては、汎用的なラックマウントサーバーで Intel 製 CPU 搭載の HPE ProLiant DL360 / 380 Gen10 を始め、高集約型の HPE Apollo シリーズ、AMD 製 CPU 搭載の HPE ProLiant DL325 Gen10/Gen10 Plus や DL385 Gen10/Gen10 Plus にも数多くの構成が認定されています。

どのような構成が vSAN ReadyNode 認定されているかは、以下の手順で確認することができます。

    1. HCL サイトにアクセスhttps://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php?deviceCategory=vsan
    2. “リリースタイプ” から ESXi 7.0 (vSAN 7.0)、 “ベンダー”に Hewlett Packard Enterprise を選択して検索
    3. vSAN 7.0 対応の HPE vSAN ReadyNode 構成がリストで出力されるため、要求スペックに合わせたモデルを選択

図1. vSAN ReadyNodeのHCLサイト

また、vSAN ReadyNode 構成はルールに従ってカスタマイズすることが可能です。

必ずしも希望スペック要件が vSAN ReadyNode 構成にぴったり当てはまるとは限りらないため、下記 vSAN ReadyNode 構成のカスタマイズルールに従ってコンポーネントを変更することで、よりお客様環境にマッチした vSAN 環境を提供することが可能です。

vSAN ReadyNode 構成カスタマイズ ルール(VMware KB)

https://kb.vmware.com/s/article/52084?lang=ja

 

図2. vSAN ReadyNode のカスタマイズルール

図2は URL 先の VMware KB をまとめたものになりますが、アレイコントローラー以外は基本的に変更可能となります。ただし、変更可能なコンポーネントにも注意点があり、より上位のモデルにすることが必要となります。

例:HPE 1.6TB 12G SAS MU SFF SC DS SSD → HPE 1.6TB 12G SAS WI SFF SC DS SSD

上の例では MU → WI とパフォーマンスクラスが上がっているため変更が可能になります。

■ vSAN ReadyNode のチェックポイント  ーコンポーネントのファームウェアー

vSAN ReadyNode ではアレイコントローラーとディスク(HDD・SSD・NVMe)に関して適切なファームウェアを使用する必要があります。今回は、各コンポーネントの適切なファームウェアの検索方法をご紹介いたします。

ファームウェア確認が必要なコンポーネントに関しては、先ほどの vSAN ReadyNode と類似した個別の HCL サイトから検索することができます。

    1. vSAN 認証コンポーネントの HCL サイトにアクセスhttps://www.vmware.com/resources/compatibility/search.php?deviceCategory=vsan
    2. “検索対象”、 “バージョンタイプ”、 “ベンダー”等を指定して検索
    3. “検索結果”をクリックし、ファームウェア要件を確認

図3. vSAN 認定コンポーネントの HCL サイトキャプチャ①

 

図4. vSAN 認定コンポーネントの HCL サイトキャプチャ②

キーワードに “モデル名”や “型番”を入れて検索することも可能です。ディスクの場合はファームウェアの最小要件が書かれており、これより新しいファームウェアであれば OK となります。

例:最小要件 → HPD1 , 現在のファームウェア → HPD4 はOK


図5. vSAN 認定コンポーネントの HCL サイトキャプチャ③

 

アレイコントローラーの場合はファームウェアバージョンが決まっている点に注意します。ファームウェアだけでなく、対象となるデバイスドライバも確認することが重要です。

 

今回は vSAN 7.0 対応 vSAN ReadyNode 構成、そしてファームウェアの確認方法についてご紹介しました。

次回は、今回の続きとして HDD / SSD やアレイコントローラーといったコンポーネントのファームウェアをHPEサーバーに適用する方法、そして新機能である vSphere Lifecycle Manager (vLCM) についてご紹介する予定です。

次回のブログ更新をお楽しみに!

—-

橘 孝祐(Tachibana Kousuke)

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)でHPE ProLiant Server シリーズを中心とするサーバー製品を担当。主に VMware 仮想化ソリューションと組み合わせたプリセールス活動に従事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です