Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog > 月別アーカイブ: 2018年10月

月別アーカイブ: 2018年10月

vROps 6.7は初心者に優しい!#4

4回目:6.7バージョンはメトリックの活用がポイント

— Back Number —

#1:仮想基盤のパフォーマンスは使用率だけでは図れない
#2:アラートからブレイクダウン
#3:仮想マシンのリストはカスタムビューで
#4:6.7バージョンはメトリックの活用がポイント
#5:vSAN運用管理者にはvROpsは欠かせないツール

日本ヒューレット・パッカード株式会社の中川明美です。
4回目は「6.7バージョンはメトリックの活用がポイント」です。
vROpsを使用したコンサルティングサービスの場で、「メトリック」をご紹介すると、物理基盤を監視していた方々に概ね好評でした。
収集データが時系列でシンプルに表示されると安心されるのでしょうか。メトリックのご紹介後、「このソフトウェア欲しい、いくら?」と笑顔で尋ねられたことがあります(笑)

本題に入る前に、2018年9月20日、vROps 7.0がLaunchされましたね。6.7が4月12日でしたから、半年余りで次のバージョンが出ました。

次は7.0の主な新機能です。AWS連携の機能が目を引きますね!

  • What if 分析の新機能 (キャパシティ(ホスト)追加が復活/クラウドへの移行プランニングが可能)
  • 新しいカスタムダッシュボード作成画面 (ドラッグ&ドロップで簡易性の強化)
  • AWS 3.0の管理パックの機能追加 (EC2以外のサービスも対象/デフォルトでダッシュボードの提供)

新機能については、あらためてご紹介できたらと思います。まずは6.7で基本を押さえて!

<vRealize Operations Manager 7.0 リリースノート>

https://docs.vmware.com/jp/vRealize-Operations-Manager/7.0/rn/vRealize-Operations-Manager-70.html

◆メトリックの画面◆

メトリックは、6.6バージョンから各オブジェクトのメインメニューに、「すべてのメトリック」と表示されるようになりました。下図は、#2でご紹介したアラートから遷移したメトリックの画面です。

警告のあるメトリックは、メトリック名の◆が黄色で表示されます。

◆メトリックの利点

関連するメトリックを並べて比較分析できるところがよい点です。

「仮想マシンのトラブルシューティング」ダッシュボードを例にしますが、仮想マシンのパフォーマンスを監視するために必要な4つのリソースのメトリックが並べて表示されています。

一目で何がボトルネックとなっているのかを確認することができます。

メトリックはデータが時系列で表示されますから、日時を参照しながら分析できますね。

たとえばワークロードの高い値だけを注目しても、正しい判断はできません。いつ高くなったかを確認するのもポイントです。vROpsを使用したアセスメントサービスの場で、高いワークロードの原因は仮想マシンのバックアップが要因ということがありました。時間帯も分析の必須要素ですね!

 

 

ここからはちょっとしたTipsをご紹介します。

 

◆メトリックの活用①◆

下図では、仮想マシンのCPUに関するメトリックとホストのCPU使用率のメトリックを表示しています。#1でお伝えしたように、ホストのCPU使用率と仮想マシンの使用率は比例していないことがわかります。関連する複数の要素(メトリック)を並べて表示することで、どこに(ESXiホストまたは仮想マシン)問題があるのかを特定できます。

◆メトリックの活用②◆

次の例も複数のメトリックを並べて表示し、ネットワークパフォーマンスの原因を分析します。

仮想CPUに物理CPUが割り当てられていない場合、仮想NICはパケットの受信処理を行うことができません。処理を行うことができず、受信パケットがドロップすることがあります。

ネットワークの受信ドロップパケット数を監視する場合は、同時にESXiホストや仮想マシンのCPU競合値も表示すれば、どこに原因があるのかを特定しやすくなります。

受信パケットをドロップしているESXiホストがあれば、仮想マシンのCPU競合値も調べ、どの仮想マシンが影響を受けているかを確認できます。仮想ネットワークアダプタがVMXNET3の場合は、リングバッファを大きく設定できるため、受信パケットのドロップを回避することができます。

◆メトリックの活用③◆

いくつか並べたメトリックを同時にズームしたい場合、「すべてのグラフのズーム(赤色枠)」をクリックします。1つのメトリックでズーム操作(ある日時をドラッグ)をすると、他のメトリックも同時にズームされ、日時を揃えることができます。この機能を知らない時、同じ日時でズームされるよう、各メトリックのドラッグ操作に苦戦してました。同じ日時に表示調整するのはテクニックを要します(笑)

元に戻したい場合は、右にある「ズームのリセット(緑色点線枠)」をクリックします。

◆メトリックの構成◆

「VMのトラブルシューティング」ダッシュボードを例に、メトリックの内容(XML構文)を確認します。「6.仮想マシンにデマンドの急増または異常があります」は、メトリック「Dash-VM-Troubleshooting-Utilization」から構成されています。

メトリック「Dash-VM-Troubleshooting-Utilization」のXML構文は、「管理」-「メトリック構成」で確認できます。CPUデマンドにしきい値(緑色点線)が設定されていますが、このダッシュボードでは使用されていないようです。

◆メトリックに関するドキュメント◆

各メトリックの説明は、次のドキュメントをご確認ください。

https://docs.vmware.com/jp/vRealize-Operations-Manager/6.7/com.vmware.vcom.metrics.doc/GUID-C272EDE0-49E0-44D6-B47F-C32723AC9246.html

 

◆まとめ◆

メトリックは目新しいものではないのですが、アラートと連携されていたり、関連するメトリックと並べて比較分析できるのは便利ですね。

どのメトリックを選択するかで、表示されるデータに意味を持たせることができます。メトリックの組み合わせによって原因の特定を早めることもできますから、エンジニアの力量が発揮されますね。vROpsを操作する機会があれば、どんなメトリックがあるかを眺めてみてください。

次回はvSANと連携したvROpsを紹介します。最近弊社にvROpsコースについてVMwareパートナー様からお問い合わせがあります。vSANを検討されるエンドユーザー様からの依頼でvROpsのニーズがあるそうです。次回の内容もぜひ参考にしてください。

vROps 6.7は初心者に優しい!#3

3回目:仮想マシンのリストはカスタムビューで

 

— Back Number —

#1:仮想基盤のパフォーマンスは使用率だけでは図れない
#2:アラートからブレイクダウン
#3:仮想マシンのリストはカスタムビューで
#4:6.7バージョンはメトリックの活用がポイント
#5:vSAN運用管理者にはvROpsは欠かせないツール

 

日本ヒューレット・パッカード株式会社の中川明美です。

3回目は「仮想マシンのリストはカスタムビューで」です。

vROps 6.7のビューでは、「仮想マシンの診断リスト」が提供されていません。私は仮想マシンの診断リストを使用して、各仮想マシンのデマンドや競合を比較分析していたため、かなりの痛手です(笑)

提供されないなら、「ビューをカスタム作成しよう、みなさんにもカスタムビューの作成方法を共有しよう」と今回テーマに取り上げました。

 

カスタムビューを作成するには、Advanced / Enterpriseエディションが必要です。

リリースノートに、次の記述があります。

「vRealize Operations Standardエディションでは、ビュー、ダッシュボード、スーパー メトリック、およびレポートを作成または編集する機能は使用できません。」

vROpsを活用するには、Advanced以上のエディションが必要ということですね。

<vRealize Operations Manager 6.7 リリースノート>

https://docs.vmware.com/jp/vRealize-Operations-Manager/6.7/rn/vRealize-Operations-Manager-67.html

仮想マシンの診断リストを作成する前に、「ホストのCPU診断リスト」の内容を確認します。「ホストの診断リスト」は6.7でも引き続き提供されています。

 

◆ホストのCPU診断リスト◆

メインメニュー「ダッシュボード」で「ビュー」を選択します。「ホストのCPU診断リスト」を選択し、「ビューの編集」アイコンをクリックします。

ビューの数が多いため、この画面では右上のフィルタ (赤点線枠) を使用しています。

 

下図は、「ビューの編集」画面です。

ビューのポイントは「データ」です。「データ」で表示したいメトリックを指定します。

 

表示される値は、「平均ですか」「最大値ですか」と算出方法を聞かれます。その場合は、編集画面で確認します。※ Standardエディションは編集画面を表示できません。

「変換」で算出方法のタイプを選択できます。また「詳細設定を表示」 (赤色点線枠) をクリックすると、「ロールアップ間隔」を選択できます。

「競合(%)」は、「CPU競合 (%) 」メトリックの5分間の最大値を表示していることがわかります。

 

「メトリック相関」は、指定した「相関メトリック」の変換タイプが最小値または最大値である時に、値を表示します。この画面では、競合 (CPU競合) に「最大値」が選択されているため(青色枠)、「デマンド」や「使用量」などのデータも表示されるよう設定されています。

 

◆カスタムビューの作成◆

仮想マシンの「仮想CPUの数」と「CPUのパフォーマンスに関するメトリック」、仮想マシンが配置されている「ESXiホストの名前」が表示されるビューを作成してみましょう。

「ホストのCPU診断リスト」のメトリックを参考に、仮想マシン用のCPU診断リスを作成します。

ビューの画面で、「ビューの作成」アイコンをクリックします。5つのStepを進めます。

 

「1. 名前と説明」ではビューの名前を、「2. プレゼンテーション」ではデータの見せ方(リストやトレンドなど)を指定します。下図ではプレゼンテーションで「リスト」を選択しています。

 

「3. サブジェクト」では、データ対象のオブジェクトを選択します。

ここでは、「vCenter Server アダプタ」内の「仮想マシン」を選択します。

 

「4. データ」では、表示するプロパティやメトリックを選択します。

対象を「プロパティ」に変更し、「サマリ-親ホスト」「構成-ハードウェア-仮想CPU数」を右側のウィンドウにドラッグします。

 

対象を「メトリック」に変更し、パフォーマンスに関するメトリックを追加します。「デマンド」「使用率」は、単位を「自動」から「GHz」に変更しています。

 

「5. 可視性」では、作成したビューを、「ダッシュボード」「レポート」「詳細タブ」で使用するのかしないのかを指定します。

 

◆詳細タブで確認◆

作成したビューは、環境の詳細タブで確認します。

変更したい場合は、「ビューの編集」アイコンをクリックします。確認しながら変更できるため、作成後はこの画面で作業するのが便利です。

私も確認後、検索を容易にするためビューの名前変更、プロパティの「仮想CPU数」からメトリックの「プロビジョニングvCPU数 (vCPU) 」へ変更、「キャパシティ合計」を追加しました。

ビューのクローン、エクスポート、インポートもこの画面から行うことができます。

 

ビューの編集画面の「時間設定」で、データ表示期間を変更することができます。デフォルトは直近7日間です。この画面で変更せず、詳細タブのビュー画面でカレンダーのアイコン (上図の緑色枠) で都度変更することもできます。

 

ビュー作成時の詳細な説明は、こちらのドキュメントをご確認ください。

https://docs.vmware.com/jp/vRealize-Operations-Manager/6.7/com.vmware.vcom.config.doc/GUID-BC800026-25B4-4EDD-AE6F-E4A82BDE88C0.html

 

◆まとめ◆

vROps 6.7になり、仮想マシンの診断リストを見つけられなかった時は、困ったなぁと思いましたが、必要なメトリックを考えながらの作成は楽しかったです。

vROpsの操作を始めた数年前は、カスタム作成はハードルが高いのではと思っていたのですが、やってみると簡単でした。提供されているビューを参考にしてもよいですしね。

ビューは、ダッシュボードやレポートの元になるオブジェクトでもありますから、vROpsを超活用するためには必要な知識です。ぜひトライしてみてください!

 

 

 

 

vROps 6.7は初心者に優しい!#2

2回目:アラートからブレイクダウン

— Back Number —

#1:仮想基盤のパフォーマンスは使用率だけでは図れない
#2:アラートからブレイクダウン
#3:仮想マシンのリストはカスタムビューで
#4:6.7バージョンはメトリックの活用がポイント
#5:vSAN運用管理者にはvROpsは欠かせないツール

日本ヒューレット・パッカード株式会社の中川明美です。
2回目は「アラートからブレイクダウン」です。vROpsを使用してアセスメントをする時、私はアラートの確認から始めます。アラートの確認は現在の問題を把握するために最適なアプローチだからです。一般的にも問題が起きているオブジェクトを特定する場合、最初に行うステップはアラートの確認ですもんね。

アラートの説明の前に、ユーザーガイドのご紹介を!
VMware社が提供するドキュメント「vRealize Operations Manager ユーザー ガイド」では、次の3つのシチュエーションにしたがい、問題解決までのアプローチを提示しています。
• 問題が発生したユーザーから問い合わせがあった場合
• 受信箱にアラートが到着した場合
• オブジェクトの状態を監視しているときに問題を発見

◆vRealize Operations Manager ユーザー ガイド◆
https://docs.vmware.com/jp/vRealize-Operations-Manager/6.7/vrealize-operations-manager-67-user-guide.pdf
下図は、ユーザーガイドの目次です。先にご紹介した3つのシナリオにアラートの項目が続きます。ガイドの構成も、アラートから始め、次にパフォーマンスやキャパシティの状態を確認する手順になっています。私もこのプロセスでアセスメントを行っています。
こちらのユーザーガイドはとても参考になるのですが、文字だけの73ページのボリュームは文章を読みなれていない人には、ハードルが高いかもしれませんね。。。

 

では、vROpsのアラートの活用方法をご紹介します。

 

◆vSphere基盤全体の現状把握◆

vSphere基盤全体の現状を把握するために、vROpsのメインメニューのアラートを選択します。この画面で「すべてのアラート」を確認します。

下の画面ショットでは、2つの仮想マシンで同じ内容のアラートが表示されています。

この段階では、仮想マシンに何らかの問題が発生していることを認識します。

 

◆対象オブジェクトの現状把握◆

対象オブジェクトのアラートの詳細を確認するために、リンク文字列(青色表示)をクリックすると、下の画面が表示されます。

この画面から、4つの情報を得ることができます。

赤枠:アラートの原因

上の画面ショットでは電源管理の設定がなされていないことが原因として挙げられ、それによってパフォーマンスに影響を与えているのではと推測します。

電源管理のアラートはvROps 6.6から表示されるようになりました。それより前のバージョンでは、非常に高いCPU Ready値またはオーバーヘッドから電源管理が原因なのでは?と分析していました。

 

青枠:現状を解消するための推奨アクション

「推奨」には、現状を解消するための具体的な操作方法が表示されます。

他の推奨がある場合は、「>その他の推奨事項」の「>」をクリックすると、表示されます。

上の画面ショットでは、BIOSとESXiホストで電源管理の設定方法を紹介しています。

BIOSの設定は、各サーバーベンダーに問い合わせることをお勧めします。この画面では、「OS Controlled」がありますが、ベンダーによってメニュー名は異なります。

BIOS設定の詳細については、VMware社の以下Knowledge Baseも参考になるかと思いますので是非ご参照下さい。
Virtual machine application runs slower than expected in ESXi

 

緑枠:詳細情報の表示

いつからパフォーマンスに影響がある状況になったのか、どのメトリックの値が原因なのかを知りたい場合に、次の3つのリンクをクリックします。「ログの表示」は、vRealize Log insightと連携すると表示されます。このBlogでは、「追加メトリックの表示」と「イベントの表示」を取り上げます。

  • 追加メトリックの表示
  • ログの表示
  • イベントの表示

 

追加メトリックの表示

「追加メトリックの表示」をクリックすると、対象オブジェクトのメットリック画面に遷移します。

パフォーマンス低下の原因となるメトリックの左側の◆が黄色で表示されます。

次に、メトリックをダブルクリックすると、右側のウィンドウにグラフが表示されます。このグラフから値の変遷を確認することができます。

メトリックの詳細については、4回目で説明します。

イベントの表示

アラートで表示されているイベントが、いつ警告(またはアラート)レベルに至ったかを時系列で確認することができます。下図にあるように、赤い▲にマウスカーソルを合わせるとイベントの詳細が表示されます。この画面ショットでは、グレーの▲時点でCPUに高負荷がかかり、10分以内に警告レベルに至っていることがわかります。

 

黒枠:シンプトン

シンプトンは「事象」と訳されます。vSphere仮想基盤で発生した、クリティカル (またはその兆候) な事象を確認することができます。

下の画面ショットで表示されているシンプトンは、「電源管理テクノロジーがOS Controlledに設定されていません」という事象です。このシンプトンには、「CPU競合」のメトリックとそのメトリックに指定された条件 (しきい値) が設定されています。競合値が30%以上の場合、クリティカルレベルのアラートが発生されます。

アラートは、問題の発生を知らせ
るだけでなく、「シンプトン」と「推奨アクション」を関連付けて構成 (作成) することもできます。

 

メインメニューのアラートはすべてのオブジェクトを対象とします。任意のオブジェクトの詳細な状況を確認する場合は、各オブジェクトを選択します。各オブジェクトのアラート機能をご紹介します。

 

◆任意オブジェクトのサマリ◆

環境メニューから、任意のオブジェクトを選択し、「サマリ」を確認します。

サマリでは、「健全性」「リスク」「効率」のステータスとアラートが表示されます。バッジ (赤い点線枠) で表示を切り替えます。

右下のパフォーマンス (青い点線枠) ではパフォーマンスに関わる主要なメトリックが表示されます。下の画面ショットでは、電源管理の設定により、競合値が高く、100%を超えるデマンド値になっています。物理CPUが割り当てられず、CPUリソースの要求が高くなっていますね。

 

◆任意のオブジェクトのアラート◆

アラートのシンプトンでは、リスト形式でクリティカルな事象を時系列で確認できます。

下の画面ショットでは、パフォーマンスに影響があるシンプトンが表示されています。

 

◆まとめ◆

今回はアラートを取り上げました。このBlogを書くにあたり、アラート画面をじっくり確認した結果、この画面だけで1時間は話せるなという情報量です (笑) 。

vSphere仮想基盤の運用担当者になったばかりという方は、アラート画面の情報量だけで原因を特定するための工数を短縮できるのではないかと思います。アラートによっては推奨アクションも表示されますしね。

vROpsは情報量が多いのが、よいところでもあり、初心者のハードルを上げてしまうところでもあります。しかし、理解度 (習熟度) レベルに合わせて使用するダッシュボード (ユーザーインターフェース) を使い分けると活用の幅が広がります。コンサルティングの場で、ユーザーの方に安心いただくために、順番に覚えればいいのですよとお伝えしています。

次回は少々レベルを上げて、カスタムビューの作成方法をご紹介します。

第2回 シュナイダー ( APC ) UPS と VMware vSAN はシャットダウン連携ができるんです!!

第2回 シュナイダー ( APC ) UPS と VMware vSAN はシャットダウン連携ができるんです!! ~電力消費量計算編~

 

#第1回 シュナイダー ( APC ) UPS と VMware vSAN はシャットダウン連携ができるんです!!
~導入構成編~

 

#第2回 シュナイダー ( APC ) UPS と VMware vSAN はシャットダウン連携ができるんです!!
~電力消費量計算編~

 

#第3回 シュナイダー ( APC ) UPS と VMware vSAN はシャットダウン連携ができるんです!!
~2 Node vSAN 対応とよくある QA編~

 

◆はじめに

はじめまして! 田中電機工業株式会社 中野 (左) と 村上 (右) です。

田中電機工業は広島でシステム・ネットワーク構築、アプリケーション開発をはじめ、コンサルティングから設計、構築、運用、保守まで、システム全般のサポートを行っております。

http://www.tanaka-elec.co.jp

 

前回のシュナイダーエレクトリック 出口さんの続きとして、VMware vSANとシュナイダー UPSを自社の本番環境に導入した実績を基に、「構成と製品選定のコツ」、「バッテリー稼働時の耐久時間」「シャットダウン時の動き」をご紹介していきます。

 

1.構成と製品選定のコツ

2018年10月現在で、我々の会社では3ノードの vSAN 上で約50台のVMが稼働しています。

 

👉 vSAN を構成しているハードウェアはこちら

👉 vSAN と UPS の構成図

vSAN と UPS の物理接続構成はこの様になっています。

もし導入構成で迷われている方がいましたら、ぜひ参考にしてください!!

 

では具体的にUPS製品の選び方を見ていきましょう!

 

シュナイダー社が提供している UPS 製品のラインナップは以下の様に豊富に提供されていますが、HCI 環境で使う場合には赤字でマークしてある製品を検討いただくことが多くなるかと思います。 (2018年1月現在のラインナップ)

 

お気づきの方もいるかも知れませんが、製品名に書かれている「2200」「3000」という数字は UPS の保持電力量になります。

vSAN 環境で UPS を使う場合は複数のノードの扱うことになりますので、上の表でマークしたような、ある程度の電源容量がある型番が選ばれることが多くなりそうですね。

 

 

2.電源容量とUPS稼働時間の計算方法

では、いよいよ UPS を選んでいくにあたって 皆様が気にされていると思われる電源容量と稼働時間の算出方法を見ていきたいと思います。

稼働時間を算出するには、以下のポイントを確認いただければ簡単に算出していくことが可能です。

  • UPS の電源容量

    👉こちらは先程お見せしたリストのように、UPS型番をみれば電源容量は一目瞭然ですね (^^♪

  • 接続するサーバーの合計消費電力

    👉 弊社で導入したvSAN基盤は Lenovo 社のサーバーを使っていますので、こちらのサイトから詳細に電力を算出しました。
    http://dcsc.lenovo.com/


最大電力消費量は3ノードで1983.6 W。

運用中の負荷が70%  程度の使用率と考えた場合の消費量は以下になります。

「皮相電力」 ・・・ 2009.7 VA × 70% = 1406.79 VA
「消費電力」 ・・・ 1983.6 W × 70% = 1388.52 W

 

2台冗長構成で実装しており、3台の電源消費量を2台で分散して処理しますので、UPS 1台あたりの消費量は以下のとおりです。

「皮相電力」 ・・・  1406.79 VA ÷ 2 = 703.395 VA
「消費電力」 ・・・  1388.52 W ÷ 2 = 694.26 W

使っている UPS 型番と機器の消費電力が算出できたら、シュナイダー社の以下ドキュメントに記載されている各 UPS 毎のバックアップ時間表を確認することで、簡単に計算をすることができます。
http://catalog.clubapc.jp/pdf/ups/small-ups_1510.pdf

※P23 を参照。以下に抜粋

今回の使用している UPS は一番右の SMT3000RMJ2 です。

先程算出した皮相電力と消費電力が当てはまる部分を赤枠で囲ってみました。

ということで、今回の構成ではバッテリー稼働時に20分間は問題なく稼働できるということが確認できました。

 

 

3.UPS稼働時のシャットダウン動作と電源復旧時の起動方法

最後に望まないことではありますが、もし実際に電源障害が発生してしまい、UPSで vSAN を安全にシャットダウンしなければならない状況が発生した場合に、「どのような流れでシャットダウンが行われているか?」と「電源復旧時のシステム起動方法」を実際に運用した際の勘所を交えてお伝えします。

 

[シャットダウンフローはこちら]

 

[電源を復旧させる場合のフロー]

・vSAN ノードと vCenter Server が異なるホスト上にある場合

今回はこちらの流れになります。

1.UPSの通電を開始
2.vCenter Server の起動
3.ESXiホストの起動
4.ESXi ホストのメンテナンスモードを終了
5.各仮想マシンを起動

※2番でESXiホストよりも先にvCenter Server を起動していますが、Virtual Appliance 版のvCenter ServerをvSANノード上に配置している場合は、次にご紹介するフローで起動可能です。

 

・vSANノード上にvCenter Serverが配置してある場合

1.UPSの通電を開始
2.ESXi ホストの起動
3.ESXi ホストのメンテナンスモードを終了
4.vCenter Server の起動
5.各仮想マシンを起動

vSANの機能はESXiホストが実装している機能なので、vCenter Serverが起動していなくても
vSANデータストアは使用できるのです  ε-(´∀`*)ホッ

 

最後に実装と運用する際の勘所をサマリにまとめました。

・vSAN をメンテナンスモードに移行していく際に、一度に全てのホストがメンテナンスモードには移行するのではなく、1台ずつ順番にメンテナンスモードに移行します。

・PowerChute Network Shutdownでコマンド実行を行う場合、サービスを起動するユーザで実行します。うまくいかない場合は、管理者権限のあるユーザに変更する必要があります。

・ホストをメンテナンスモードに移行させるためにSSH接続を使用しますが、初回にセキュリティ警告が表示されますので、unknown_hostsリストに該当のESXiホストサーバを追加する必要があります。

実装するスクリプトや、詳細な情報については以下のURLが参考になりましたのでご覧ください。

 

https://www.schneider-electric.co.jp/ja/faqs/FA329212/

 

 

4.さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

HCI を導入する際に vSAN を採用すれば、今まで vSphere で蓄えた知識を基に、簡単にUPSを導入できることがイメージしていただけたのではないかと思います。

弊社では検証環境用に 2 ノード vSAN も導入しています。
社内で身につけた 2 ノード vSAN 構築、運用、3rd パーティ製品連携の勘所なども、いずれご紹介したいと思いますのでご期待ください!!

PS : 広島へお越しの際は、お土産に平安堂梅坪にも寄ってみてください。
特にバターケーキが村上のオススメです。

 

平安堂梅坪

※株式会社平安堂梅坪は、田中電機工業の子会社になりました。