Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog


仮想スイッチのお作法~分散スイッチの管理②#5~

5回目:仮想スイッチのお作法#5  (分散スイッチの管理②#5)

– Back Number –
#1…仮想スイッチのお作法#1
#2…仮想スイッチのお作法#2
#3…vSphere 6. 5の分散スイッチの機能とアーキテクチャ#3
#4…分散スイッチの管理①#4
#5…分散スイッチの管理②#5
#6…Network I/O Control#6

日本ヒューレット・パッカード株式会社の中川明美です。

5回目は、分散スイッチの障害からのリカバリ方法、vCenter ServerとESXiホスト間のネットワーク接続に問題が生じた場合の対処方法をおもにご紹介します。

◆分散スイッチのネットワーク構成のバックアップとリストア

分散スイッチのネットワーク構成のバックアップとリストアは、次の目的で使用します。

  • vCenter Serverデータベースの破損または誤った設定からの復旧
  • アップグレードでエラーが発生した場合に以前の設定へロールバック
  • 分散スイッチのコピーを作成するためのテンプレート

次の操作により、上記目的を達成します。

  • 非同期でディスク上へ分散スイッチ/分散ポートグループ/アップリンクポートグループ設定のバックアップ (エクスポート)
  • バックアップから分散スイッチ/分散ポートグループ/アップリンクポートグループを復旧 (リストア)
  • 変更後に以前の分散ポートグループ/アップリンクポートグループ設定にロールバック (リストア)
  • バックアップから新しい分散スイッチの作成 (インポート)

◆ネットワーク構成のバックアップ

<分散スイッチのバックアップ>

「設定のエクスポート」メニューで、分散スイッチ/分散ポートグループ/アップリンクポートグループの設定をバックアップします。

ここでは、分散スイッチのバックアップを行います。

「分散スイッチを右クリック → 設定 → 設定のエクスポート」を選択します。

次にエクスポート対象を選択します。

バックアップデータを保存して、終了です。

以前、vCenter Serverデータベースの障害により、複数のVLANを構成した分散スイッチにエラーが発生しました。再作成を前に、導入エンジニアが嘆いていたのを思い出します。

新規作成や構成変更のタイミングで、バックアップを取得しておくことは心の安定を得られますね。様々な設定を構成した分散スイッチのエラーを解消できず、最初から作成するのは心が折れます!

◆ネットワーク構成のリストア

設定ミスを想定し、次の内容に変更しています。

リストアは、分散スイッチ単位/分散ポートグループ単位/アップリンクポートグループ単位で行うことができます。

 

<分散スイッチのリストア>

分散スイッチ単位でリストアする場合は、「分散スイッチを右クリック → 設定 → 設定のリストア」を選択します。次にバックアップファイルとリストア対象を選択します。

<分散ポートグループのリストア>

分散スイッチのバックアップデータから、分散ポートグループのみをリストアすることもできます。リストアしたい分散ポートグループを右クリックし、「設定のリストア」を選択します。

次に、バックアップデータから戻すのか(「設定を次のファイルからリストア」)、正常に動作していた以前の設定にロールバックするのか(「以前の設定にリストア」)を選択します。

バックアップ時の設定に戻されているかは、「設定」 → 「ポリシー」で確認します。下の画面では、先のリストア操作で変更前の状態に戻っています。

 

◆分散スイッチのインポート

バックアップした構成ファイルのインポートから、「新しい分散スイッチの作成」「削除された分散スイッチの再作成」「アップグレードに失敗した分散スイッチの復元」を行うことができます。

また既存の分散スイッチに、エクスポートした分散ポートグループのインポートすることもできます。

ここでは分散スイッチのインポートを行います。データセンターを右クリック、「Distributed Switch」 → 「Distributed Switchのインポート」を選択します。

次に、バックアップファイルを選択します。再作成や復元をする場合は、「元のDistributed Switchとポートグループ識別子を保存します」オプションを選択します。

◆管理ネットワークのロールバックとリカバリ

管理ネットワークの構成ミスのためにvCenter Serverへの接続を失った場合、分散スイッチでは管理ネットワークのロールバックとリカバリを行うことができます。

<ロールバック>

ロールバックはデフォルトで有効の設定になっています。接続を失ったことを検知後、30秒 (デフォルトのタイムアウト値) でロールバックします。タイムアウト値の変更方法はKB2096691を参照ください。

分散スイッチのロールバックは、分散スイッチ/分散ポートグループ/分散ポートに不適切な変更が行われると自動で起動します。

ロールバックを無効にするには、vCenter Serverの詳細設定で「config.vpxd.network.rollback」を「false」にします。

<リストア>

ロールバックを無効にした場合や物理ネットワークの変更によって管理ネットワークに問題を生じた場合、ダイレクトコンソール ユーザーインターフェイス (DCUI) を使用して、管理ネットワークの復旧を行います。

DCUIには次の3つのリストア設定があります。

  • Restore Network Settings
  • Restore Standard Switch
  • Restore vDS

「Restore Standard Switch」「Restore vDS」は、分散スイッチで管理ネットワークが構成されている場合に選択可能になります。管理ネットワークが構成されていない場合はグレーアウト表示になります。

「Restore Network Settings」を選択し、次の画面で<F11>を選択すると、工場出荷時の状態に戻ります。

管理ネットワークの構成エラーから復旧する場合は「Restore vDS」を選択します。次の画面で、ポートバインドの方法を選択します。

分散スイッチを標準スイッチに復元する場合は「Restore Standard Switch」を選択します。

「Restore Standard Switch」を選択すると、IPアドレスを割り当てることができる新しいVMkernelポートと標準仮想スイッチがESXiホスト上に作成されます。分散スイッチのアップリンクは、新しい標準仮想スイッチに移動されます。

<KBのご紹介>

◆分散スイッチのアップグレード

アップグレード対象の分散スイッチを右クリックし、「アップグレード」 → 「Distributed Switchのアップグレード」を選択します。

アップグレードメニューには、他に「Network I/O Controlのアップグレード」「LACPサポートの強化」があります。

< Network I/O Controlのアップグレード>

Network I/O Controlをバージョン3へアップグレードすると、システムトラフィックおよび個々の仮想マシン (仮想NIC) へバンド幅割り当てることができます。#6で紹介します。

<LACPサポートの強化>

バージョン5.1の分散スイッチからバージョン5.5/6.0にアップグレードした分散スイッチで、拡張LACPサポートに変換すると、複数のLAGを作成することができます。

アップグレード前に分散スイッチで基本LACPサポートが有効になっていた場合、拡張LACPサポートへは手動で拡張します。

次の画面で、アップグレードするバージョンを指定します。

 

アップグレード前には、分散スイッチの設定のエクスポートをおすすめします!

 

◆まとめ

今回ご紹介した、「ネットワーク構成のバックアップとリストア」や「管理ネットワークのロールバックとリカバリ」は、バージョン5.1から提供されている機能です。分散スイッチはvSphere 4.0から提供されていますから、こなれた仮想スイッチではありますね。

10Gbpsの物理NICの使用が一般的となり、管理するESXiホストが増設され、分散スイッチを活用する機会が増えてきたのではないかと個人的には思います。

管理ネットワークを分散スイッチで構成するなら、設計も変わってきますよね。分散スイッチで管理ネットワークを構成し、接続が失われた時に慌てた方もいらっしゃると思います。実際に正常に復元するの?と問われたこともあります。事前の復元検証は必須かと思いますが、分散スイッチが提供する復旧機能をぜひ活用いただけたらと思います。

次回は、Network I/O Control バージョン3をご紹介します。