Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog


仮想スイッチのお作法~標準スイッチから分散スイッチへの道~

4回目:仮想スイッチのお作法#4    (分散スイッチの管理①#4)

– Back Number –
#1…仮想スイッチのお作法#1
#2…仮想スイッチのお作法#2
#3…vSphere 6. 5の分散スイッチの機能とアーキテクチャ#3
#4…分散スイッチの管理①#4
#5…分散スイッチの管理②#5
#6…Network I/O Control#6

日本ヒューレット・パッカード株式会社の中川明美です。

4回目は、分散スイッチの特長であるポートの管理機能および分散スイッチで提供されるアラームや権限付与についてご紹介します。

◆ポートバインド

「ポートバインド」設定によって、仮想マシンの仮想NICを分散スイッチのポートに割り当てるタイミングと方法を指定します。ポートバインドは分散ポートグループで設定します。

下図は、仮想マシンの分散ポートグループの編集画面です。

ポートバインドには、次の3つのオプションがあります。

  • 静的バインド (デフォルト設定)
  • 動的バインド (ESXi 5.0から廃止)
  • 短期-バインドなし

「静的バインド」と「短期-バインドなし」の違いをまとめます。

<KBのご紹介>Choosing a port binding type in ESX/ESXi (1022312)

https://kb.vmware.com/s/article/1022312

<参考>標準スイッチのポート数

ESXi 5.5以降の標準スイッチのポート数は、分散スイッチのポート割り当ての弾性と同様に8個ずつポートが追加されます。標準スイッチではポートバインドはされません。

標準スイッチは、ESXiホストでサポートされているポートの最大数まで拡張できます。vSphere 6.5の標準スイッチ1台あたりの最大作成ポート数は4,088です。

◆ポート単位の管理

分散スイッチでは、ポート単位でポリシーを設定することができます。

下図は分散ポートグループの編集画面です。「詳細」ページで、各ポリシーのオーバーライドを「許可」に設定します。この設定により、分散ポートグループのポリシーをポートのポリシーで上書きすることができます。

下図はアップリンクチーミングでオーバーライドの許可をした後のポート0の編集画面です。

許可していない項目はオーバーライドを選択することができません。

◆アップリンクポートの管理

分散スイッチでは、アップリンクポートグループやアップリンクポート単位でポリシーを設定することもできます。

下図はアップリンクポートグループのオーバーライドを設定する画面です。この画面でベンダー設定を「許可」にすると、「VLAN」「NetFlow」「トラフィックのフィルタリングとマーキング」に対して、一度にオーバーライドの許可を行うことができます。

◆監視機能

監視機能には、「NetFlow」「ポート状態の監視」「アラーム」があります。

<NetFlow>

NetFlowを有効にすると、分散ポートグループのポートまたは分散ポートを通過するIPパケットを監視することができます。

分散スイッチでNetFlowの構成をする場合は、分散スイッチの設定で、「NetFlow」を選択し、「編集」をクリックします。

編集画面で、コレクタのIPとポート番号を指定します。コレクタから分散スイッチを識別できるように、スイッチIPアドレスに分散スイッチ用のIPアドレスを指定します。

<ポート状態の監視>

「ポート状態の監視を開始」アイコンをクリックすると、ランタイム統計情報を表示することができます。

<アラーム>

分散スイッチでは、「分散スイッチ」「アップリンクポートグループ」「分散スイッチポートグループ」で、新しいアラームを定義することができます。標準スイッチでは定義することはできません。

下図は分散スイッチの新しいアラームの定義を設定する画面です。

<参考>

パケットのキャプチャ用のコマンド「pktcap-uw」をご紹介します。

下図はVMkernelアダプタの「vmk0」をキャプチャした画面です。他に物理アダプタ、vmxnet3仮想マシンアダプタ、ドロップされたパケットのキャプチャを行うこともできます。

3パケットの内容を保存し、Wiresharkなどのツールで表示することもできます。

◆まとめ

4回目は、分散スイッチの分散ポートにフォーカスし、どのような機能があるのかをご紹介しました。物理スイッチの運用管理をされている方には、ポートを番号で管理するのは当然と思われるかもしれませんが、仮想スイッチも分散スイッチなら可能です。

今回ご紹介した機能は、私がインストラクターをしていた時に、「仮想スイッチで〇〇の機能はありますか」とご質問いただいた機能でもあります。

標準スイッチをお使いの方は、運用の効率性もふまえ、分散スイッチの使用をぜひご検討いただけたらと思います。