Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog


第1回 シュナイダー ( APC ) UPS と VMware vSAN はシャットダウン連携ができるんです!!

第1回 シュナイダー ( APC ) UPS と VMware vSAN はシャットダウン連携ができるんです!! ~導入構成編~

 

#第1回 シュナイダー ( APC ) UPS と VMware vSAN はシャットダウン連携ができるんです!!
~導入構成編~

 

#第2回 シュナイダー ( APC ) UPS と VMware vSAN はシャットダウン連携ができるんです!!
~電力消費量計算編~

 

#第3回 シュナイダー ( APC ) UPS と VMware vSAN はシャットダウン連携ができるんです!!
~2 Node vSAN 対応とよくある QA編~

 

◆はじめに

 

はじめして! シュナイダー エレクトリック APC UPS 管理製品担当 出口 (右) & 冨田 (左) です。

最近 IT業界全体で注目度の高い ハイパーコンバージドインフラ ( 略して HCI ) の代表的な製品 VMware vSAN と弊社 UPS 管理製品 PowerChute がシャットダウン連携できるようになりました。

 

vSAN を導入することで運用負荷やコストを下げられるというメリットを感じて導入を検討される方も多いとは思いますが、やはり 電源障害や停電対応にも対応した UPS がないと不安で導入できないという方もいらっしゃると思います。

 

ご安心ください!!既に連携ができます!! 

 

今回のブログでは、どのような構成がサポートされて、どのような仕組みで VMware vSAN & シュナイダー ( APC ) UPS 連携ができるのかをご紹介いたします!!

 

1.UPS と vSAN のシャットダウン連携のサポート構成

APC UPS では 以下に挙げる構成パターンで vSAN との連携が可能です。

 

[パターン1]

物理 Windows サーバー にPowerChute Network Shutdown ( 略 PCNS )と、Windows 版 vCenter Server をインストールするパターン

この構成は、Windows 版 vCenter Server に PCNS や他の管理系ソフトウェア(バックアップ、監視など)を同居させる場合にピッタリの構成パターンとなっています。

 

[パターン2]

vSAN クラスタ上に vCenter Server Virtual Appliance ( 略 VCSA ) をデプロイして、PCNS は物理 Windows サーバー にインストールするパターン

 

この構成では VCSA を vSAN クラスタ上に構成するシンプルなパターンで、Dell EMC 社 の VxRail に代表される vSAN を基盤とした HCI アプライアンスを導入される方にピッタリの構成パターンとなっています。

 

[パターン3]

vSAN クラスタとは異なる ESXi サーバー上に VCSA をデプロイして、PCNS は物理 Windows サーバー にインストールするパターン

 

この構成では VCSA を vSAN クラスタ上に配置しないで構成します。vCenter Server のような管理系のサーバーを vSAN クラスタとは異なる環境で構成したい方や、複数のシステムをやクラスタを vCenter Serverで統合管理されている方にピッタリの構成パターンとなっています。

 

これだけのパターンが網羅されていればどんな環境でも安心して vSAN を導入できますね (^^♪

2.vSAN 連携させるために必要なもの

各パターンごとにおける 必要なコンポーネントと機器サンプルは以下の通りです。
詳細な電源容量の計算などは次回のブログでご紹介します!!

[構成パターン1および2で必要なコンポーネント]

Smart-UPS 1500 RM 2U LCD (SMT1500RMJ2U)   ・・・・・・・・・・・・ 1

Network Management Card (AP9630J)    ・・・・・・・・・・・・・・・・ 1

Powerchute Network Shutdown for Virtualization (SSPCNSV1J)   ・・・・・  4

 

[構成パターン3で必要なコンポーネント]

Smart-UPS X 3000 Rack/Tower LCD (SMX3000RMJ2U) ・・・・・・・・・  1

Network Management Card (AP9630J) ・・・・・・・・・・・・・・・・  1

Powerchute Network Shutdown for Virtualization (SSPCNSV1J) ・・・・・  5

 

3.vSAN 連携時のシャットダウンシーケンス

シャットダウン時の流れは以下の様になります。

 

4.参考リンク

すでに vSAN を導入されている方も、これから導入を考えている方もぜひ、電源管理は シュナイダー UPS にお任せください!!

次回のブログでは「電源容量と耐久時間」や「製品の選び方のポイント」についてご紹介いたします。

では次回を乞うご期待ください!!

 

[vSAN & シュナイダー UPS 連携のKB (シュナイダー社リンクへ飛びます)]

PowerChute Network Shutdown の vSAN対応について

アプリケーションノート:PowerChute Network Shutdown for VMware