Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog

What’s new in VSAN 6.5?

このトピックについて、さまざまな情報源から多くの情報が確認できると思います。
当然ですが、VMware のテクニカルマーケティングチームから発信される、最新の有益なドキュメントをチェックし、より詳細な情報や公開されているマニュアル等を参照することを強くお勧めします。
しかし、私からも vSphere 6.5 で使用できる新しい vSAN 機能の概要を説明したいと思います。
このバージョンの vSAN は6.5 と呼ばれます。

1. ライセンスに関する変更
まず最初に強調したいのは、vSAN のライセンスに関する大幅な変更です。
ライセンス条件は緩和されており、vSAN Standard ライセンスで All-Flash vSAN クラスタを展開できるようになりました。ですが、この vSAN Standard では重複排除や圧縮などのデータサービスは利用できません。これらのデータサービスを使用するには、より上位のライセンスのエディションが必要になります。

補足:vSAN 6.5 での各エディションと利用できる機能は以下の PDF P4 で確認できます
VMware vSAN 6.5 Licensing Guide

2.  iSCSI サポート
vSAN 6.5 には、vSAN クラスタ上に iSCSI ターゲットと LUN を作成するための新しい機能が追加され、これらの LUN は vSAN の外部で他の用途に使用できます。これは、vSAN クラスタに必要以上のストレージ容量があり、その容量をクラスタ外で利用する場合に便利な機能です。

この新しい機能をどのように利用できるかについては、多数の制限とサポートに関する考慮事項があることに留意ください。たとえば、これらの iSCSI LUN を ESXi ホストに提供することはできません。
本番環境で iSCSI LUN を実稼動させる前に、公式ドキュメントを参照し、出来ること・出来ないことを確認する事を強く推奨します。

3. 2 ホストでの展開における直接接続と 監視トラフィック(witness traffic)の分離
これは、リモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)での利用、もしくは小規模ビジネス(SMB)のユースケースで利用する場合、2台のホストで vSAN を展開することを検討している方にとって非常に興味深い改善です。
VMware は、この構成での 2つの ESXi ホストをネットワークケーブルで直接接続することをサポートし、ESXi ホスト間の物理スイッチが必要ではなくなります。
この拡張機能には、vSAN 監視トラフィックをデータトラフィックから切り離すためのメカニズムが含まれています。つまり、vSAN データトラフィックを直接接続ネットワークに残すことができ、監視トラフィックを別の VMkernel インターフェイス経由で監視ホスト/アプライアンスに送信することができます。繰り返しになりますが、 公開されている情報が豊富に存在し、この新しい構成を展開する方法の詳細がテクニカルマーケティングチームからリリースされます。これにより、2ノードの vSAN 構成を展開するコストが大幅に削減されます。

4. 512eデバイスのサポート
これは多くのお客様が求めていることです。 4K ネイティブデバイスはまだサポートされていませんが、これらの512e (エミュレーション)デバイスのサポートにより、今後はより大容量のデバイスを vSAN で使用できます。

5.  vSAN 用の PowerCLI コマンドレット
多くのお客様が求めているのは、PowerCLI コマンドレットを利用し、さまざまな vSAN タスクをスクリプト化 / 自動化することです。既に公開されたPowerCLIの新バージョン6.5には、vSAN で使用できる新しい PowerCLI コマンドレットもいくつか用意されています。
これらのコマンドレットも以前のバージョンの vSAN と下位互換性があり、以下の VMware Product Interoperability Matrixes  から、PowerCLI 6.5 と、vSAN 6.5, 6.2, 6.0 との互換性を確認できます。
VMware Product Interoperability Matrixes

また、PowerCLI 6.5 は以下より入手できます。
Download VMware PowerCLI 6.5 Release 1
VMware PowerCLI Documentation

vSAN 6.5 の便利な新機能について、皆さまに賛同いただけると確信しています。

原文:What’s new in Virtual SAN 6.5

What’s new in Virtual SAN 6.5

VSAN Cormac Blog 日本語版 Index
http://blogs.vmware.com/jp-cim/2016/03/vsan-index.html

VMware Storage and Availability Business Unitの シニアスタッフエンジニアCormac Horganの個人ブログを翻訳したものになります。vSANの機能に関しては弊社マニュアル 、KBをご確認ください。また本記事は vSAN 6.2 ベースに記載しております。予めご了承ください。

 



What’s new in VSAN 6.5?

このトピックについて、さまざまな情報源から多くの情報が確認できると思います。
当然ですが、VMware のテクニカルマーケティングチームから発信される、最新の有益なドキュメントをチェックし、より詳細な情報や公開されているマニュアル等を参照することを強くお勧めします。
しかし、私からも vSphere 6.5 で使用できる新しい vSAN 機能の概要を説明したいと思います。
このバージョンの vSAN は6.5 と呼ばれます。

1. ライセンスに関する変更
まず最初に強調したいのは、vSAN のライセンスに関する大幅な変更です。
ライセンス条件は緩和されており、vSAN Standard ライセンスで All-Flash vSAN クラスタを展開できるようになりました。ですが、この vSAN Standard では重複排除や圧縮などのデータサービスは利用できません。これらのデータサービスを使用するには、より上位のライセンスのエディションが必要になります。

補足:vSAN 6.5 での各エディションと利用できる機能は以下の PDF P4 で確認できます
VMware vSAN 6.5 Licensing Guide

2.  iSCSI サポート
vSAN 6.5 には、vSAN クラスタ上に iSCSI ターゲットと LUN を作成するための新しい機能が追加され、これらの LUN は vSAN の外部で他の用途に使用できます。これは、vSAN クラスタに必要以上のストレージ容量があり、その容量をクラスタ外で利用する場合に便利な機能です。

この新しい機能をどのように利用できるかについては、多数の制限とサポートに関する考慮事項があることに留意ください。たとえば、これらの iSCSI LUN を ESXi ホストに提供することはできません。
本番環境で iSCSI LUN を実稼動させる前に、公式ドキュメントを参照し、出来ること・出来ないことを確認する事を強く推奨します。

3. 2 ホストでの展開における直接接続と 監視トラフィック(witness traffic)の分離
これは、リモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)での利用、もしくは小規模ビジネス(SMB)のユースケースで利用する場合、2台のホストで vSAN を展開することを検討している方にとって非常に興味深い改善です。
VMware は、この構成での 2つの ESXi ホストをネットワークケーブルで直接接続することをサポートし、ESXi ホスト間の物理スイッチが必要ではなくなります。
この拡張機能には、vSAN 監視トラフィックをデータトラフィックから切り離すためのメカニズムが含まれています。つまり、vSAN データトラフィックを直接接続ネットワークに残すことができ、監視トラフィックを別の VMkernel インターフェイス経由で監視ホスト/アプライアンスに送信することができます。繰り返しになりますが、 公開されている情報が豊富に存在し、この新しい構成を展開する方法の詳細がテクニカルマーケティングチームからリリースされます。これにより、2ノードの vSAN 構成を展開するコストが大幅に削減されます。

4. 512eデバイスのサポート
これは多くのお客様が求めていることです。 4K ネイティブデバイスはまだサポートされていませんが、これらの512e (エミュレーション)デバイスのサポートにより、今後はより大容量のデバイスを vSAN で使用できます。

5.  vSAN 用の PowerCLI コマンドレット
多くのお客様が求めているのは、PowerCLI コマンドレットを利用し、さまざまな vSAN タスクをスクリプト化 / 自動化することです。既に公開されたPowerCLIの新バージョン6.5には、vSAN で使用できる新しい PowerCLI コマンドレットもいくつか用意されています。
これらのコマンドレットも以前のバージョンの vSAN と下位互換性があり、以下の VMware Product Interoperability Matrixes  から、PowerCLI 6.5 と、vSAN 6.5, 6.2, 6.0 との互換性を確認できます。
VMware Product Interoperability Matrixes

また、PowerCLI 6.5 は以下より入手できます。
Download VMware PowerCLI 6.5 Release 1
VMware PowerCLI Documentation

vSAN 6.5 の便利な新機能について、皆さまに賛同いただけると確信しています。

原文:What’s new in Virtual SAN 6.5

What’s new in Virtual SAN 6.5

VSAN Cormac Blog 日本語版 Index
http://blogs.vmware.com/jp-cim/2016/03/vsan-index.html

VMware Storage and Availability Business Unitの シニアスタッフエンジニアCormac Horganの個人ブログを翻訳したものになります。vSANの機能に関しては弊社マニュアル 、KBをご確認ください。また本記事は vSAN 6.2 ベースに記載しております。予めご了承ください。

 

One thought on “What’s new in VSAN 6.5?

  1. Pingback: VMware Virtual SAN ( VSAN )関連 Blog 目次 - Japan Cloud Infrastructure Blog - VMware Blogs

Comments are closed.