Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog


VSAN Cormac Blog ~ vSAN 6.2 キャパシティ ビュー

vSAN Cormac Blog ~ vSAN 6.2 キャパシティ ビュー ~ 

 

vSAN 6.2 の新機能の中でも、特に重複排除や圧縮のような容量効率化の機能に注目している方も多いかと思います。
この機能の他にも、新しく バージョン3になった オン ディスクフォーマット と新しいソフトウェアチェックサム機能があります。
これらの機能はキャパシティのオーバーヘッドをもたらしますが、vSAN 6.2 で導入された新しいストレージビューにより、管理者によるストレージ消費の追跡を容易にしています。

%e7%94%bb%e5%83%8f1

まず最初にキャパシティ オーバービューに焦点をあてた場合、vSAN データストアの全体サイズを見ることができます。 (上記の画面では 59.43 TB あります。)

併せて、重複排除と圧縮のオーバーヘッドも確認することができますが、更にファイルシステムのオーバーヘッドやチェックサムのオーバーヘッドを確認したい場合は、画面下部の使用量の内訳で詳細を表示することができます。

使用済み合計 – vSAN データストア上で、物理的にどれくらいのデータが書き込まれているのか (論理サイズとは対照的)を表しています。

これは、データストア上に存在することができる仮想ディスク、 仮想マシンのホームオブジェクト、スワップオブジェクト、パフォーマンス管理オブジェクトおよびその他の項目の組み合わせです。

 

その他の項目とは、例えば ISOイメージ、未登録の仮想マシン、またはテンプレートなどがあります。 画面下部の使用容量内訳の仮想マシンオブジェクトに表示されている値は、オブジェクトの種類ごとにグループ化されたときに、関連する使用量、重複排除と圧縮前の値かが計算されています。

重複排除と圧縮を行った後に、オブジェクトがどのくらいのスペースを消費しているかを確認するための情報は、この時点ではありません。

しかし、これらのスペース効率の機能によって保存されている領域の量が確認できないということではありません。

 

画面右上のデデュープと圧縮の概要は、スペースの節約とデデュープ (重複排除) 率がどれくらい達成しているのかを確認できるのと同様に、管理者が vSAN 上のスペース効率化の機能を無効にして重複排除と圧縮されたオブジェクトを再膨張させたい場合に有効な情報となる場合があります。

展開されている仮想マシンがより類似のものであれば、容量の節約率は高くなります。ここでは、数百の仮想マシンを展開している例です。いかがでしょうか?

%e7%94%bb%e5%83%8f2

これは、重複排除と圧縮を使用しないで現在のワークロードを展開した場合、11TBほどが必要になることを意味しています。 重複排除と圧縮機能を使用することで、400GB程度まで削減されました。

留意点は、「使用前 (Used Before)」の値は、レプリカ(RAID-1)とパリティ(RAID-5/6)の値も含まれることです。これは、データタイプのグループを反転させることで、すぐに確認することができます。

これで、重複排除と圧縮を無効にして、仮想マシンをもとのサイズに再膨張させた場合に必要とされる容量を確認することができます。

上記のような操作を計画している場合、この画面を参照し、利用可能な十分な容量があることを確認してください。

 

続いて、キャパシティビューの中で表示されているオブジェクトの説明です。

%e7%94%bb%e5%83%8f3

・オブジェクトタイプのグループ

 

パフォーマンス管理オブジェクト

パフォーマンスサービスが有効になっている場合、パフォーマンス・メトリックを格納するために作られたオブジェクトによって消費される容量

 

ファイルシステムのオーバーヘッド

重複排除、圧縮やチェックサムのオーバーヘッドに起因しない、容量のドライブ上のファイルシステム(VirstoFS)に取り込まれた任意のオーバーヘッド 。

重複排除と圧縮が有効になっている場合、ファイルシステムのオーバーヘッドは、 vSANデータストアの論理サイズの増加を反映して10倍に増加されます。

 

デデュープおよび圧縮のオーバーヘッド

重複排除と圧縮の効果を得るため、オーバーヘッドが発生します。これは、重複排除や圧縮のために必要なマッピングテーブル、ハッシュテーブル、そして他のメカニズムに関連付けられたものが含まれます。

チェックサムのオーバーヘッド

すべてのチェックサムを格納するオーバーヘッドです。重複排除と圧縮が有効になっている場合、チェックサムのオーバーヘッドは、 vSANデータストアの論理サイズの増加を反映して10倍に増加されます。

 

vSANデータストア上に仮想マシンやテンプレートを展開している場合は、より多くのオブジェクトが表示されます。

 

仮想ディスク

vSAN上に存在する仮想マシンディスク (VMDK)のオブジェクトによって消費される容量

 

仮想マシン ホーム オブジェクト

vSANデータストア上に存在する、VMホームの名前空間オブジェクト(仮想マシンファイルを含む)によって消費される容量

 

スワップ オブジェクト

vSANデータストア上に存在する仮想マシンのスワップ領域によって消費される容量。

 

Vmem オブジェクト

仮想マシンのスナップショット取得時に作成されるメモリオブジェクトによって消費される容量。これは仮想マシンバ ージョン10以上をつかっているときのみ表示されます。

 

 

その他

仮想マシンテンプレート、登録されていない仮想マシン、仮想マシンに関連付けられていないスタンドアローンのVMDK、手動で作成 されたvSANオブジェクト、手動で作成されたISOを保存しているディレクトリによって消費される容量。

次は、別のビューであるデータタイプを掘り下げてみてみましょう。

%e7%94%bb%e5%83%8f4

データタイプのグループ

プライマリ 仮想マシン データ

VMホームの名前空間、VMスワップとVMDKオブジェクトを含む、仮想マシンによって消費される容量

 

Virtual SAN オーバーヘッド[レプリカ・監視・RAID 5 コンポーネントなど]

レプリカや 監視 (Witness )、Raid 5 / 6 のパリティやその他のデータによって消費される容量。

 

一時的なオーバーヘッド

オブジェクトの移動や再構成によって、一時的に消費される容量。

 

使用済み予約超過仮想マシン

重複排除と圧縮が有効にされていない場合は、画面上のキャパシティの概要部分に表示されます。このフィールドは 「使用済み – 予約超過仮想マシン」と呼ばれます。

 

オブジェクト・スペース・リザベーション (OSR) を使用することを決めたら、このフィールドによりどのくらいのスペースが予約されるのかを確認することができます。この値が高い場合、オブジェクトスペースリザベーションの値を減らし、このスペースの一部を他の用途に再利用する価値があるか、再検討する必要があります

 

重複排除と圧縮を有効にしている場合、オブジェクト領域の予約は0%または100%に設定する必要がありま す。(これら以外の中間値を設定することはできません。)

容量の消費のされ方や重複排除/圧縮がどのように動作しているかを確認するフィールドです。

容量の観点から他の情報も項目として必要である・有用であるというご要望がある場合は、私までお知らせくださいませ。プロダクトマネージャーやエンジニアにフィードバック致します

原文  VSAN 6.2 Part 7 – Capacity Views 

(http://cormachogan.com/2016/02/25/vsan-6-2-part-7-capacity-views/)

VMware Storage and Availability Business Unitの シニアスタッフエンジニアCormac Horganの個人ブログを翻訳したものになります。vSANの詳細に関しては弊社マニュアル 、KBをご確認ください。また本記事はvSAN 6.2ベースに記載しております。予めご了承ください

 

VSAN Cormac Blog ~ vSAN 6.2 キャパシティ ビュー」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: VMware Virtual SAN ( VSAN )関連 Blog 目次 - Japan Cloud Infrastructure Blog - VMware Blogs

コメントは停止中です。