Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog


VMware NSX と IBM SoftLayer による大陸間 vMotion デモ

IBM と VMware は、企業のハイブリッド クラウド導入を促進するために、新たな戦略的パートナシップを発表しました。内容についてはプレスリリース(英語)を参照いただければと思いますが、本記事では、この提携が持つ大きなポテンシャルを、ある技術のデモンストレーションを通してわかりやすく紹介したいと思います。

その技術とは、大陸間という長距離での VM のライブマイグレーション です。今回のデモでは、オーストラリアのシドニーで稼働中の VM を、アメリカのダラスまでライブマイグレーションしています。

02.22.16-NSX-Cross-vCenter-Networking-2

このデモでは、3 つのキー コンポーネントが組み合わされて使われています。

  1. Long Distance vMotion:  vSphere 6.0(昨年 3 月リリース)からサポートされている、地理的に離れたサイト間でライブ マイグレーション(vMotion)をするための新機能です。vMotion を行うシステム間で 150 ms までの遅延を許容できます。
  2. NSX Universal Logical Switch:  VMware NSX 6.2(昨年 8 月リリース)からサポートされている、(地理的に離れた)vCenter 間で「1 つの」論理的なスイッチを作るための新機能です。vCenter 間で同じ L2 ドメインを利用できるので、移行前後で同一の IP アドレスを VM が保持できるようになり、vCenter 間でシームレスに VM を移行することが可能になります。
  3. IBM SoftLayer プライベート ネットワーク バックボーン:  すべての SoftLayer データセンターとネットワーク拠点は、IBM SoftLayer のプライベート ネットワークによって接続されています。このプライベート ネットワークはパブリック ネットワークとは切り離されているので、高い品質を持つとともに、サーバ間のデータの移動を無料で行なうことを可能にします。

これらのコンポーネントはそれぞれ、今日時点で全て利用できるものです。これらを組み合わせて、大陸間での長距離 vMotion をお見せしようと言うわけです。

デモのビデオは約 10 分で、下記のリンクから見ることができます。リソースには IBM SoftLayer ベアメタル キャパシティを使っており、地理的に離れた 2 つのサイトに、それぞれホスト 3 台の小さなクラスタが構成されています。クラスタには vSphere、NSX、Virtual SAN が、それぞれ vCenter のインスタンスと共に配備されています(いわゆるハイパーコンバージドです)。データセンターおよび vCenter にまたがる形で NSX Universal Logical Switch が配備され、この論理スイッチが、地理的に離れたデータセンターを同一の IP アドレス スペースで接続する仮想ネットワークを形成します。

まず片方のサイトに、小さな Linux の VM(16GB HDD & 1GB メモリ)が 4 つデプロイされ、上記で配備された Universal Logical Switch に接続されます。そして、その中から 1 つの VM が、SoftLayerのプライベート ネットワークのバックボーンを使ってまず vMotion されます。地理的に離れたデータセンター間での vMotion です。2 分間で VM はこの「旅」を終え、VM はサービスの切断も無く安全に移動されます。同じ論理スイッチ/L2 ドメインに接続されたままなので、IP アドレスを打ち直したり、VM を修正したりする必要はありません。

02.22.16-NSX-Cross-vCenter-Networking-1

まとめると、vSphere、NSX、そして IBM SoftLayer のプライベート ネットワークを組み合わせることで、VM を大陸間でスムースに移行できることがデモで示されました。この技術は、顧客がオンプレミスからクラウドへワークロードを移行したり、クラウドを用いて DR を行なったりすることを今までよりも容易にするでしょう。

このデモは、この戦略的パートナーシップがもたらすであろう多くの価値の中の 1 つのシンプルな例です。今後も、このような VMware の製品・技術を活用したハイブリッド クラウドの進展にご注目いただけると幸いです。

参考リンク:  Cross Continental vMotion with VMware NSX and IBM SoftLayer Cloud