Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog


VMworld 2014 からの注目セッション 第4回 – DevOps (後編) – 継続的デリバリーと VMware vRealize Code Stream

皆様こんにちは、VMware の町田と申します。 今回は、8月末に米国サンフランシスコで開催されたVMworld 2014にて発表された数あるトピックより、日本でも注目が高まってきている DevOps  に関連するセッションの内容を取り上げながら、VMware のクラウド管理ソリューションを Dev(開発)とOps(運用)の協調という視点からご紹介する記事の [後編]となります。

はじめに

[前編]の記事はこちらになります:

また先日発表された、 DevOps における継続的デリバリー ソリューションである VMware vRealize Code Stream について、[前編]の内容もここでおさらいしておきます。 ~~~ VMworld 2014 EUROPE の開催に合わせて、日本でも2014年10月15日(日本時間)付けでクラウド管理プラットフォームの最新版「VMware vRealize Suite 6」を含む、新たなクラウド管理製品群と機能群を発表しました。この中で、DevOps における継続的デリバリーを実現する「VMware vRealize Code Stream」という製品も発表されています。この製品が、VMworld 2014 US で[Tech Preview]として紹介された Continuous Delivery for DevOps の正式名称となります。 ~~~

リリースパイプライン管理とアーティファクト管理

「VMware vRealize Code Stream」 は、[前編]で紹介した Application Services のアプリケーション展開を管理するという考えをもう一歩進めて、開発チームの継続的統合(CI)環境と連携することで、各環境へのアプリケーション展開を含めたリリースパイプライン全体の自動化の実現(継続的デリバリー)を目指すものです。

vmworld2014-4-devops-7-0

次の図は、「Dev (開発)」、「Test (テスト)」、「UAL – Load (ユーザ受け入れ、負荷テスト)」、「SIT – Staging (システム統合テスト – ステージング)」、「Production (本番)」という5つのステージをもつリリースパイプラインをあらわしており、ステージによって AWS、プライベートクラウドといった別の環境にアプリケーションが展開されることが想定されています。

このような環境で、各ステージ内では「プロビジョニング」「テスト」「デプロイ」「カスタム」「アーティファクト」といった個々のタスクを外部のツール(例えば Jenkins や Artifactory、vCAC、vCO のカスタムワークフローなど)と連携しながら実行してアプリーションをクラウド環境上に展開していきます。各ステージ間には「ゲート」が存在し、例えば「前のステージのテスト実行結果が100%のときだけ次のステージに進む」「前のステージで人手による受け入れテストの実行結果が90%以上の時に、管理者が承認をすることで次のステージに進む」といった自動化が可能になります。

vmworld2014-4-devops-7-5

継続的デリバリを実現するリリースパイプラインの管理ツールとしては、アジャイル開発における Thought Reader である ThoughtWorks 社の Go などがありますが、VMware がこのカテゴリのツール開発に力を入れている背景には、SDDC 環境への移行を推進されているお客様からの声として、IaaS を超えた、クラウド環境におけるアプリケーションのリリース作業全体の管理を実現できる製品に対するご要望が多くなってきたことがあります。

その他のトピック

ここからは、 DevOps に関連するセッションの中から、個人的に気になったものを簡単にご紹介します。

1. VMware vCloud Air

VMware がグローバルで提供するハイブリッドクラウドサービスである vCloud Air (日本でも2014年7月にに、日本での提供が開始される予定であることをアナウンス)ですが、VMworld のセッションスライド内でも 「DevOps」 がうたわれています。

vmworld2014-4-devops-8-3-0

vCloud Air の文脈でも、アプリケーションのリリースにかかる時間について言及されています。

vmworld2014-4-devops-8-3-1

“Infrastructure as Code” を実現するツールとして Chef のプラグインが紹介されていました。

vmworld2014-4-devops-8-3-2

また、DevOps サービスとして「CI – as-a-Service」 を提供予定であるというアナウンスもありました。今後、開発者と運用者の生産性を向上させるためのツールが vCloud Air 上にサービスとして展開されていくという期待ができます。

vmworld2014-4-devops-8-3-3

2. Pivotal CF

開発者の目線で言うと、IaaS++ 、つまりApplication Services が提供する機能を使って頑張るというのは、結構面倒に感じます。開発者が欲しいのは、究極的には API を提供する黒箱と、アプリケーションを監視するためのツール そんなことを、VMworld 2014 のあるセッションのスライドは語っています。

vmworld2014-4-devops-8-1-0

これはまさに PaaS の世界です。 Pivotal CF と vCAC、[Tech Preview] Continuous Delivery for DevOps がインテグレーションする世界についても語られていたのですが、これが中々面白いです。 vCAC のカタログ管理とセルフサービスポータルの機能とインテグレーションすることで、 Pivotal CF のサービスなどの管理性が非常に向上します。 また、Continuous Delivery for DevOpsのようなツールからすると、vCAC も Pivotal CF もアプリケーションのプロビジョニング先、つまりエンドポイントとして見えるようになります。リリースパイプライン管理の対象となるクラウド環境に、Pivotal CF のような PaaS がインテグレーションされるというのは夢が広がります。

vmworld2014-4-devops-8-1-2

vmworld2014-4-devops-8-1-3

なお、冒頭で「開発者の目線でいうと結構面倒」といいましたが、これまでのやり方をできるだけ変えないで、物事を漸進的に進めていくために、多くのエンタープライズにとって IaaS++ のアプローチはとても重要だと考えています。

3. Docker / Fargo(VMfork)

VMworld 2014 のセッションでは、VMware の DevOps ソリューションを Docker と組み合わせた場合に取りうるアプローチについて、3つの方面からまとめていました。

vmworld2014-4-devops-8-2-1

この図の中で、Docker コンテナが実行する箱として「VMfork」と書かれているのが興味深いです。VMfork とは VMworkd 2014 で「Project Fargo」として紹介されていた仮想マシンの超高速クローニング技術のことで、実行中の親仮想マシンから 子仮想マシンを fork させる時に、仮想ディスクのリンククローン+メモリも差分管理することで、ms のオーダーで新しい仮想マシンを用意できるようにするものです。

vmworld2014-4-devops-8-2-3

コンテナ技術は仮想化を使わなくても良いという話も聞きますが、コンテナをホストするリソースが足りなくなれば、物理か仮想かは置いておいても新しいリソースを追加する必要はあります。コンテナをサポートするSDDC 上で、Docker コンテナをサポートする仮想マシンが超高速で展開される、そういった組み合わせも面白いと思います。

vmworld2014-4-devops-8-4

最後に

[前編][後編]の2回にわたって、VMware のクラウド管理ソリューションをDevOps の視点からご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?繰り返しになりますが、本記事が、これまで主にインフラの観点から VMware に触れていただいている方々が、DevOps という観点から VMware のクラウド運用管理製品や周辺技術に対して目を向けていただける一つのきっかけになりましたら、大変うれしく思います。