Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog


インテリジェントな運用に必要なログ管理ツール(VMware vCenter Log Insight)のご紹介

こんにちは。本日は、”Interop Tokyo 2014 マネージメントコーナー紹介” の中でも名前が挙がりましたクラウド環境を効率的に管理できるようになるVMware vCenter Log Insight (以下Log Insight) という製品をご紹介したいと思います。

Log Insight は、システム監視、トラブルシューティング、根本原因分析などに必要となるログの収集、解析、検索向けに、自動化されたログ管理機能を提供します。

ご存知のようにVMware 製品で構成されている環境では、さまざまな場所にログが存在しております。例えば、弊社製品であるESXi やvCenter Server 、仮想マシンのOS やアプリケーション、そして物理のインフラストラクチャ等、それぞれにログが存在しております。

LI1

分散されているログを集中的に管理、分析するためには、新たな統合運用管理手法が必要となり、それを実現してくれるのが、Log Insight になります。

それでは、実際にLog Insight の画面を見てみましょう。こちらは、Interactive Analytics の画面になり、収集した全ログの中からキーワードやログ内でフィールド化されている項目、時間などの条件を入力し、某検索エンジンと同じように、非常に簡単に検索を実施し、該当するイベントを抽出していくことができるようになります。

LI2

残念ながら、画面の日本語化はされておりませんが、日本語入力、表示および検索はバージョン2.0 より可能になっております。

画面を見ていただくと、Log Insight 上には、すでに30,208,304 ものイベントが蓄積されていることがわかります。

では、試しにこの中から何か検索してみましょう!

過去1 時間に、”hostname” に”controlcenter.corp.local” が含まれているイベントを抽出してみます。”Add Filter” ボタンを押し、条件を追加していきます。また、期間を過去1 時間に設定し、条件に一致するイベントを抽出します。

この条件に一致するイベントが表示されます。イベント数が30,208,304 → 624 と少なくなっていることがわかります。

LI3

“Add Filter” で、さらに条件を追加して、見なければいけないイベントを絞り込んでいきます。

”keyword” に”audit failure” が含まれ、“task” に”login” が含まれているイベントを探します。

LI5

この条件に該当するイベントを簡単に素早く絞り込むことができました。

今回は、特定のホスト名と、Windows ログイン失敗時にイベントログに出力されるものを条件にして、検索をしておりますが、”hostname” を条件に加えなければ、ログインの失敗を繰り返しているようなホスト名を探し出すことができます。

※バージョン2.0 からは、Windows用のエージェントが提供されており、Windows マシンのイベントログの情報もLog Insight で収集できるようになりました。

こちらの画面は、後日イベントを確認しているため、期間をカスタム(特定の日時を指定)に変更しております。

LI5.5

Log Insight を使用すると、分散された非常に多くのイベントの中から、簡単に該当するイベントを見つけた出すことができます。

よく実行するクエリを、お気に入りやDashboard に登録したり、定期的にクエリを実行し、一定期間内に出力された場合には、メール通知やvCenter Operations Manager にイベントとして通知することも可能です。

LI6

Log Insight のもう一つの顔であるDashboards を見てみましょう。このDashboard は、様々なクエリで表示される情報をまとめて表示させることが可能になります。

Dashboard には、ユーザがカスタマイズして構成できるものと、コンテンツパックにより提供されるものがあります。こちらの画面は、vSphere のコンテンツパックで提供されており、インストール後、すぐにご使用いただけるように標準でインストールされております。

LI7

コンテンツパックは、Dashboards 以外にもQueries 、Alerts 、Extracted Fields などが提供され、Log Insight を使って、効率よく製品に特化した監視や分析ができるようになっています。

コンテンツパックは、弊社が提供するもの(vSphere、vCAC やView など)やサードパーティ(Brocade 、Cisco 、EMC 、NetApp など)のものが用意されており、VMware Solution Exchange からダウンロード可能になっております。

ダウンロードしたコンテンツパックは、”Import Content Pack” より簡単に追加することができます。

LI8

今回はLog Insight(バージョン2.0) という製品をご紹介させていただきました。Log Insight は、VMware vCenter Operations Manager(以下vC Ops) と 併せてご使用いただくことで、お客様のIT環境をよりインテリジェントに運用、管理していただくことが可能になります。すでにvC Ops をご使用されている方も、是非Log Insight を一度ご評価してみて下さい。