Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog


vSphere 5.5の新機能紹介 PowerCLI 5.5

vSphere 5.5 シリーズの新機能についてリレー形式のエントリでご紹介させていただいて来ましたが、今回はコマンドライン大好きな方にお送りします。

本エントリでは、VMware PowerCLI 5.5 の新機能概要についてご紹介させていただきます。なお、このブログエントリは VMware PowrtCLI Blog の“PowerCLI 5.5 What’s New-Overview” を抄訳、実機での確認を追記したものになります。

image
(New!)
1. vSphere タグを管理するためのコマンドレット

・vSphere 環境でのタグの管理
・vSphere オブジェクトへのタグのアサイン
・vSphere オブジェクトからのタグの削除
image
(追加) 2. 分散仮想スイッチ(vDS )用コマンドレット
・vDS マイグレーションを容易にする機能
・プライベートVLAN の管理
・vDS のポリシー管理
・vDS のポート管理
image
(New!) 3. 仮想マシンコンソール用コマンドレット
・vSphere 及び vCloud Director 仮想マシンのコンソールを開く
・複数のコンソールを同時に開く
・仮想マシンコンソールのURLを出力する
image
(New!) 4. vCloud Director 5.5 のサポート
image
(New!) 5. ホストライセンス
・ホストへのライセンス付与

では、具体的にどういう動きをするのかを一部だけになりますが簡単に確認してみましょう。

 

1. vSphere タグを管理するためのコマンドレット

>Get-Tag

タグの一覧を表示します。

>Get-TagAssignment

タグの付与状況の一覧を表示します。

 

3. 仮想マシンコンソール用コマンドレット

>Open-VMConsoleWindow 仮想マシン名

これだけで、ブラウザのウィンドウが立ち上がりコンソールが表示されます。

コンソールを起動せずに、URLだけを出力する場合は次のように実行します。

>Open-VMConsoleWindow 仮想マシン名 -UrlOnly

パワーオフ状態のVMのコンソールだけをまとめて開く場合、次のように実行します。

>Get-VM | Where-Object{($_.PowerState) -eq "PoweredOff" | Open-VMConsole Window

うまく組み合わせると、PowerCLI で運用管理に必要なコンソールをまとめたランチャーのようなものがつくれそうですね。

なお、このブログエントリは、製品出荷前のバイナリ及びマニュアルをベースに記載しています。出来る限り正確な情報をお伝えするよう努めておりますが、実際に製品に搭載される機能や表示とは異なる可能性があります。あらかじめご了承の上、ご利用下さい。

カテゴリー: APIs, vSphere | タグ: , | 投稿日: | 投稿者:

Miho Yamamoto について

VMware でシステムエンジニアとしてエンドユーザ様の抱えるいろいろな課題を解決するお手伝いをしています。プライベートではコミュニティでのボランティアとして、迷える子羊的なエンジニアのみなさまのお手伝いと弊社製品の知名度や理解度アップの草の根活動を日々おこなっています。vExpert 2012-2014 受賞。