Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog


Virsto の買収を発表

今週、VMware は、カリフォルニア州サニーベールに本拠を置き、仮想環境でのストレージの性能や利用効率を最適化するソフトウェアを提供する Virsto® Software を買収する正式契約に署名したと発表しました。(VMware press releaseVirsto blog post)

仮想環境における性能およびデータサービスを適切に管理することは、多くの顧客環境で重要な課題になりつつあります。その傾向はデスクトップ仮想化のような I/O インテンシブな環境でより顕著です。この課題に対して Virsto は、VM ベースのストレージ管理モデルを構築することで、VM レベルのスナップショットやクローンなどの効率的なデータサービスを提供するとともに、ブロックベースストレージの I/O 性能の改善を実現しています。

これらの Virsto のテクノロジーは、ストレージシステムの性能と利用効率を大きく改善することを可能にしています。Virsto のより詳細な説明については、昨年 Cormac Hogan が書いたブログを参照頂けると幸いです。

VMware は、Virsto 製品に関し 2 つの計画を持っています。1 つは、Virsto のスタンドアロンの仮想アプライアンスの提供を継続して、vSphere 環境におけるストレージ性能と利用効率を改善することです。これは、私たちが、これから Virsto を利用される新しい顧客だけでなく、既存の Virsto の顧客をサポートし続けることを意味しています。2 点目に、私たちは Virsto のアーキテクチャとデータマネジメントサービスを将来の VMware 製品に統合することを計画しています。より詳細な情報をぜひお待ち下さい。

Virsto の買収は、IT の難しい問題に革新的なソリューションを提供することに対する VMware のコミットメントの一例です。私たちは、仮想化の価値をデータセンターの全てのドメインに拡張することを目指していますーコンピューティング、ネットワーク、そしてストレージです。VMware は、顧客がかつてないほどの効率性と俊敏性のレベルを実現することを支援していきます。

データセンターが根本的な変革にある中で、多くのテクノロジー領域において新しい機会とイノベーションが出現しつつあります。ストレージへの新しいアプローチを定義することは Software-Defined Datacenter の基本的な要素であり、VMware はストレージエコシステムとのパートナーシップによりこの変革をドライブしていきます。