Home > Blogs > Japan Cloud Infrastructure Blog


VMware vSphere Storage Appliance (VSA) が RAID 5 & 6 をサポートし、容量効率を大幅に向上

ご存知の方も多いと思いますが、中堅・中小企業のお客様向けの新しいストレージ ソリューションである VMware vSphere Storage Appliance (VSA) が vSphere 5.0 から利用可能になっています。先日、VSA がより使いやすくなる変更点が1つ発表されましたので、本日のエントリではそちらを紹介したいと思います。

内部ストレージを利用して共有ストレージを作り出す

まず、VSA をご存じない方も多いと思いますので、VSA を簡単に紹介します。

vSphere HA や vMotion のような vSphere のコア技術を利用するためには共有ストレージの利用が前提になりますが、中堅・中小企業のお客様にとっては、外部ストレージ装置の導入が負担になる場合があります。 その理由としては、装置の設定などストレージの専門知識を新たに習得しなければならないという点や、ストレージ装置購入に伴うコストの増加が挙げられます。

VSA は、専門知識やコストの面からストレージの導入を困難と考えている中堅・中小企業のお客様に適した製品です。VSA を用いると、サーバの内部ストレージを利用して共有ストレージを作り出すことができます。これにより、外部ストレージ装置が無くても、vSphere HA や vMotion などを利用して仮想化のベネフィットを引き出すことができるようになります。

VSA を利用されるお客様は、2 つか 3 つの新しくインストールされた ESXi 5.0 ホストが必要になります。各ホストには、インストーラによって VSA の仮想アプライアンスが自動的にデプロイされます。これらのアプライアンスが各ホストに共有ストレージ (NFS データストア)を提供します。

スクリーンショット(2012-02-14 15.48.57)

RAID 10 に加え、RAID 5 & 6 を新たにサポート

すべての VSA のデータは、 2 つのレベルでデータが保護されています。その 1 つがサーバのローカル RAID で、ディスク障害からの保護を実現しています。

今回改善が行われたのは、このローカル RAID の部分です。ローカルストレージは RAID 10 構成のみがサポートされていたのですが、その要件が緩和されました。現在では、RAID 10 に加えて、RAID 5 と RAID 6 構成がサポートされています

これにより、より多くのストレージ容量を共有ストレージ(NFS データストア)として利用できるようになりました。この改善は、VSA の多くの潜在顧客からの機能リクエストでした。

なお、もう 1 つの保護は、サーバ間でのネットワーク ミラーリングで、ノード障害からの保護を実現します。VSA は、ローカル ストレージを 2 つのボリュームに分割することで、データのレプリケーションと冗長性を管理しています。そして、複製されたボリュームを NFS ボリュームとして、VSA クラスタ上に存在する全ての ESXi ホストからアクセスできるようにします。これらはインストーラにより自動的に行われます。

スクリーンショット(2012-02-15 14.46.00)

VSA の管理は、VSA Manager から行います。VSA Manager は、vCenter Server 5.0 のエクステンションであり vCenter Server マシンにインストールすることができます。VSA Manager が有効化されると、vSphere Client から VSA Manager のタブが見えます。VSA Manager は VSA クラスタをデプロイし、その後監視する際に使われます。

製品にご興味のある方は、ウェブサイトから製品の詳細をお確かめください。今すぐ試用版を 60 日間無料でお試しいただくこともできます。

VMware vSphere Storage Appliance (VSA) が RAID 5 & 6 をサポートし、容量効率を大幅に向上」への5件のフィードバック

  1. Shinji Kato

    これは VMware Japan の公式コメントでしょうか??
    サポートに問合せすると、
    以下の回答となりました。
    現行の1.0ではRAID 5/6 はお使いになれません。
    (お客様がお使いになっているバージョンで、現行の最新のものとなります)
    次期バージョンのリリースでRAID 5/6がサポートされる可能性はありますが、
    現状ではお出しできる情報は、申し訳ございませんが、ございません。

  2. VMware Japan Product Marketing

    ブログの記事の通り、RAID 5/6 はサポートされます。弊社サポートに連絡済みですので、お客様のほうに訂正のご連絡が行くかと思います。
    お手数をかけて申し訳ありませんでした。

  3. Shinji Kato

    すみません。
    サポートからの回答は,
    「VSA 1.0 にて、RAID5/6はサポートされます。」
    ということでした。
    と言うことは、2011年 8月にリリースされた 1.0.0 より RAID5/6 はサポートされており、その時点で RAID10のみサポートは誤りであったと言うことでしょうか??
    ESXi 5.0 + VSA 1.0 は RAID10のみサポート
    ESXi5.0 Update1 + VSA 1.0は RAID10/5/6 をサポート
    等の説明であれば納得できるのですが。

  4. VMware Japan Product Marketing

    VSA 1.0は、当初はRAID10のみサポートでしたが、その後の追加のテスト/検証を経て、RAID 5/6 でも利用可能になりました。機能としては実装済みでしたが、後からサポートがされたという経緯となります。

  5. Shinji Kato

    納得いたしました。
    ありがとうございました。

コメントは停止中です。